FC2ブログ
2018
08.17

雑草の王者は? (blog,639p)

Category: 村の家にて
今日の写真ははちょうど一か月前に撮ったもので、背高く伸びた雑草。
村の家へ通うようになってから5年と4ヶ月が過ぎたけれど、未だ引っ越しができず、小さな裏山は言うに及ばず、庭も畑も、真冬以外はいつでも雑草が生い茂っている状態で、草刈りも思うようにできていないのが現状です。(前回ブログ写真の通り。)

畑の野菜は、人間が長い年月にわたって、選択と培養を繰り返して、遺伝子レベルで変造した植物なので、放置しても、完全に野生に戻ることはないそうだが、それでも、ある程度は野生化に近い様相を呈してくるものがある。(ぼくはこの5年間で、そうした野菜を何種類か、実際に畑で観てきた。)

        雑草ヨモギ・1
もう30年以上昔、ぼくたちが若い頃に、全国的に騒がれた雑草の話題に、
「米国原産の『セイタカアワダチソウ』が、日本中の河川敷や原野に蔓延って、在来植物が駆逐され、その黄色いたくさんの花の花粉が、喘息の原因になっている。」というニュースや話題があったのを憶えている。

セイタカアワダチソウは、確かに生命力が強い野生の草で、今では全国的にすっかり野生化して、分布定着したようだが、しかし、他の野生植物をすべて駆逐するようなことはなかったらしい。
     雑草ヨモギ・2
今日の写真は、ぼくらの村の家の空き地に育っている『今年の雑草のチャンピオン』に認定している草だけど、これは何だかお判りですか?
これはね、、、『ヨモギ』です。
普段、空地の雑草の背丈が伸びているのを見ると『オオアレチノギク』なんかが多いのですが、あの、『ヨモギ餅』や『ヨモギパン』に入れておいしいヨモギの茎が、大きく育つと、まるで木のような茎になって、力いっぱい引っ張っても引き抜けない強い根を張り巡らしています。(ぼくの身長が約167センチだから、ここに生えているヨモギは2メートルから2.5メートル位まで伸びてしまっているようだ。)
この調子で、現在、ぼくらの村の家の敷地内は、多くの雑草たちの繁茂し合う「ジャングル」「ブッシュ」「林」と化している。

隣の敷地との境界にある笹薮には、どうやらタヌキの一家が巣を作って暮らしているらしい。
前回の滞在時に、ぼくが石垣積みの工事をしている時、目の前を、親タヌキがノソノソ歩いて行く姿を見たと思ったら、今回の滞在中には、かわいいチビタヌキがこちょこちょと同じコースを走り抜けて行った。

 ( 2018・8/16記、8/17,up )

〔補注〕 しばらく前から、引っ越して『マンガのある農園』を正式に発足してからのために、このブログの書き方(文体)を、「です。ます。」調の文体から、一般の小説やレポート、論文などのような「記録文体」に変えようとしてきましたが、ぼくの文章力では、いわゆる完結文(断定書き)での表記が困難だと分かりましたので、今後は臨機応変する混合文体を以て表記して行くことにしました。(もちろん、すべて口語文体で、)
「です。ます。」もあり「何々である。」や「何とかだった。」などという表記も、センテンスごとに必要に応じて選び、使ってゆこうと思います。
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------



スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2018
08.12

主役は雑草 (blog,638p)

Category: 村の家にて
家族にもいろいろな出来事が次々に起こる中で、何とか早く村の家への引越しを実行したいと、そして村の家での暮らしを始めたいと、胸の中で細やかながら希望の灯を燃やしながら、忙しくてもくたびれても、何度でも村と町を往復して、様々な作業(主として肉体労働)を続けている。
     雑草2018・8月、1
しかし、ぼく一人の労働なので、作業効率も低く、工務店や職人さんなどとの交渉事にも時間が掛かって、往復の回数と時間の割には工事も設備の施工などもなかなか捗っていない。

そのうえ、自然界の生命、雑草や、野鳥や、昆虫や、カタツムリや、タヌキなどの野生生物から、畑の作物を守ることにも結構手間がかかって、しかも今年の夏の酷暑では、ぼくの老化した体力ではもはや炎天下の無理な作業は大袈裟でなく【命に関わる】だろうことを意識して、日昼には、なるべく野外作業をせず、やっても15分か20分作業したら20分か30分休憩して水分を補給する、という慎重な労働休息循環をしている。

そのために、半ば放置してある状態の家の周囲の空き地は、一面、ぼくの背丈より高く伸びた『大荒地野菊』などの雑草に覆われて、まるで映画の中の『夏の思い出シーン』にでも出てくるかのような光景を呈している。(写真・上)

     雑草2018・8月、2
それから、行く度に多少なりとも世話をし続けている畑も、たった2,3週間で雑草が復活してくる状態だ。
今年の夏も日本列島各地で、台風や気圧の谷の影響で集中豪雨、水害が発生しているが、村の家の畑では日照りが多く、水不足で、作物の生育が不順、不調で、早くから多くの茎や葉が枯れてきてしまっている。
残念だが、3本の苗を定植したトマトは絶望。ナスも6,7本定植した内の1,2本が生き残るかどうかで、キューリも半分はすでに枯れてきた。
そんな中で、雑草だけは着実に、大地に根差して生き残っている。

いつも同じことを書いているが、畑で野菜を育てるためには、基本的に邪魔者であり障害である雑草を、ぼくは子どもの頃から飽きずに眺めて、遊び相手にしてきた。

今年も、数種類の豆などが、雑草に蔓延(はびこ)られて収穫できないまま枯れて行く。
にも拘らず、ぼくはやはり、雑草を宿敵のようにして対処することができない。というか、どちらかと言えば『雑草、わが友』と感じてしまうのだ。
マンガや畑とともに、ぼくが大好きなもう一つの世界、音楽の、曲のタイトル風に言うと
" Grass grass grass! That's my true friends! " という感じだろうか。

 ( 2018・8/11記、8/12,up )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------



Comment:0  Trackback:0
2018
08.07

いろいろな準備 (blog,637p)

Category: 町の家にて
ちょっと前のブログに少し、家族内の出来事を記述した。
それは、家人の母が、再び、家の中で転倒して腰の骨が折れてしまって、救急車搬送で入院して、大腿骨裂骨折による関節骨頭置換手術を受けたことで、去年の春にも、反対側の同じ部位を骨折して手術を受けたので、義母の大腿骨(骨頭)は左右両方とも金属、チタン製の人工骨になってしまった。

それで、忙しく村の家と町の家を行き来しているぼくも、京都にいる時は、一日置位に義母の入院中の病院へお見舞いに行っている。(昨日も家人と二人で行ってきた。)
家人は毎日病院へ通って、母が気落ちしないように励ましている。おかげで義母は元気だ。

幸い手術後の経過は順調で、今回も、今入院中の病院から、リハビリ専門の病院への転院が10日(金)と決まった。
それでぼくは、今日か明日からとんぼ返りで、急いで村の家へ行ってこようかと思っている。

というのは、村の家へ引っ越したら、簡単にタクシーも頼めない田舎なので、義母の移動に便宜を図ろうと、中古の車椅子シート自動車を購入して、村の家で保管してあるので、いつもの自分の自動車で行って、そちらの車で帰ってきて、今回の転院の役に立てられればと思う。(もう10年以上前の中古自動車だが、まだ十分に機能することは確認したし、普通の中古車両と同じ程度の安い値段で購入できた。ただし、ネットで販売されていた福祉車両を探し、ぼくが自分で愛知県まで行って、安城市と岡崎市の二ヶ所の中古車販売店で比較して、契約するまでの手間は掛かった。)

        車椅子自動車・1
リモコン操作で助手席後ろのシートがゆっくりと自動車の外へ移動して出てくる方式。

        車椅子自動車・2
普通の後部座席と同じゆったりとしたシートで厚さも十分に作られている。

そして、このシートは、地上まで降ろして、後ろのロックを解除すると、そのまま大きい車椅子になる仕組みになっている。

        車椅子自動車・3
この自動車なら、村の家で、病院へ行くのも、きれいな景色の海などを観に行くのも、今まで町の家で、普通のタクシーを頼んでいた時よりずっとサポートも楽だし、義母自身も安心して安全に乗り降りできるに違いない。

下の写真(左側)が、車椅子シートの車両。去年の暮れの契約段階ですでに10年落ちの中古自動車だが、走行距離が10万キロ弱、大きい修理履歴はなく、10年前のデータ内臓のカーナビもついている。(まあ、ちょっと最新の道路情報というわけには行かないけどね。)
それでも、ぼくが普段運転している自分の自動車(写真・右側)の方は、新車登録から15年目で、走行距離も12万3千キロ超えになって、部品消耗による大きい修理も経ているのだから、それより5年分位は新しいのだ。(^^♪

 車椅子自動車・4
(まだ購入後、一ヶ月に一度づつ、数キロか、せいぜい十数キロしか動かしていない車椅子仕様車だが、タイヤだけは早急に新しい物に換えないと、表面にまったく凹凸が無くなっているので、このままで雨の日に走行するのは非常に危険だ。)

人はいろいろな環境、状況の中で毎日暮らしている。
ぼくは自分が、何とか、やりたいことをやれるかもしれない生き方を選べるのは、それを助けてくれる人々がいてくれるおかげだと知っている。
だから自分の存在も、誰かの助けになれるのなら(たいした力は出せないが)やれることはやりたいと思う。
たとえばそれが、今回のような(自分の家族のこと)ではない場合でもと思う。
一つの細やかな社会参加プランがあるのだけれど、引っ越して、自分たちの生活保障の道筋ができ次第、実行してみたいものだ。

 ( 2018・8/7 )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------



Comment:0  Trackback:0
2018
08.05

片道、約131km (blog,636p)

京都の町の家から三重県の村の家までの自動車走行距離は、約131キロメートルある。(地図上で真直ぐ線を引くと丁度100キロ位の距離なのだが、道は蛇行している。)
町を抜け、琵琶湖を横目に過ぎ、川沿いの道をしばらく走り、段々山地に向かい、高くはないが一応有名な鈴鹿山脈を登坂、縦走して、太平洋の伊勢湾岸内陸部を走り、いくつかの川を渡り、一般道を走って凡そ3時間半から4時間弱位で片道を遂行する。(ぼくは余程時間を急ぐ事情がない限り、普通の道を走りたいのと交通費を節約して、高速道路は使わない。)

       往路の建物・1
その間に、有名な観光地などはあまりなさそうだ。
まあ、年間4千万人以上が観光目的で訪れるという、日本最大の観光都市、京都から出掛けるのだから、どこも割合さびれた感じに見えるのはやむを得ない。
たとえば『東海道・関宿』(古い宿場町の風情、通りが少し残っている)などがあっても、国道沿いの駐車場に観光バスが停まっているのを見たこともない。(その近くの、地元で有名なウナギ料理屋には、昼間なら何台もの車が駐車しているし、同じ国道沿いの『道の駅・関宿』には、いつでもたくさんの車が駐車している。)

        東海道・関宿1
              (東海道・関宿=三重県亀山市)

ぼくは走行中、いつもだいたい同じ風景に眼を留めながら、目的地までの残り距離と時間を感覚的に計っている。
その中には、セメントプラントらしい工場や、砕石センターの工場や、農協の大型穀物倉庫や、食用油の製造工場などが点々と存在している。

以前何度か、四日市の工業地帯を通過して、あの町の工場群のことと、小学校時代にその四日市市から転校してきた級友の女子生徒の思い出を書いたが、ぼくは子供の頃から、工場とか、倉庫とか、あるいは古い町並みなどが印象に残る性格らしい。(というか、新しい、ピカピカの、巨大施設や高層ビルには興味が湧かない。)

       往路の建物・2
普段は自分一人が乗って走行中は、夏の暑い日でも車内のエアコン(クーラー)を入れて走ることはない。窓を半分ほど開けて、外の空気で車内温度と自分の体温を冷ましながら走っている。
しかし今回の往路は、7月26日の日昼で、全国あちこちで外気温が40℃を超えるほどの酷暑だった。それでぼくにしては珍しく、町の家を出発して村の家へ到着するまでの行程の、ほぼ半分以上はエアコン・クーラーを点け放しにしていた。

今日は写真は2枚だけだが、上の写真は、滋賀県内の国道1号線沿いの『JAカントリーエレベーター』で、これは運転席の窓を開けていた時に撮った写真。
そして下の写真は、三重県内の国道23号線バイパスから見える『食用油の製造工場』
この写真を撮った時は、もう窓を開けると熱風が押し寄せてきて、車内を蒸し風呂状態にするので、仕方なく窓を閉めてエアコンで涼しくした車内から窓ガラス越しにシャッターを切っている。(それで風景手前の道の部分に、車の窓ガラスが映り込んでいる。)

 ( 2018・8/5 )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------



Comment:0  Trackback:0
2018
07.30

雑草、スイカ、キューリ (blog,635p)

Category: 畑のあれこれ
大雨が降り続き、西日本の広範囲な地域で甚大な被災、被害者(死亡者数だけでも二百人以上)を出し、中部地方、関東以北にまで至る大洪水の、被害実態(全貌)が、まだはっきりしなかった7月11日から、22日まで、村の家へ行ってきた。

目的はいつものように『物置用コンテナ置き場所作り』と『畑の世話』がメインだった。

今の時期、畑の世話は、一言で言えば『雑草の刈り取り作業』に尽きる。

       畑と雑草・3
今回、下準備として、母屋の(修築以前に在った和室の)古畳の一部を保管している中から、畳の中身である『古くなった麦わら』をカッターナイフで切り出して、プラスチック笊箕で何杯分かを『敷き藁』として廃材利用する。

        畑と雑草・4
先ず初めに雑草を刈ったのは『スイカ畑』だったが、この写真(草刈り前)の段階ではどこにスイカの蔓があるのか、皆目見当もつかない。
                ↓        ↓
      畑と雑草・1
その雑草を少しづつ、手探りで丁寧にスイカの蔓を見つけて残しながら、不要な雑草やツルを刈り取ったり引き抜いたりして行くと、こんな感じになる。(この段階ではすでに、遠くまで伸びすぎた孫蔓を剪定したり、蔓返しをして畝の内側へ向きを変えたりが済ませてある。)
                ↓        ↓
        畑と雑草・5
                ↑        ↑
写真ではちゃんと見定めることが難しいが、スイカの蔓の下には一面、一番上の写真にある『古い畳から切り出したワラ』が敷き詰めてある。
こうすることで、作物や蔓草が直接土に触れて土中のウイルスや菌に感染するのを防げるし、カタツムリや昆虫の食害からもある程度は作物を守ることができる。そして、日照りや多湿の悪影響からもある程度は守れるはずなのだが、あまりの酷暑や、あまりの大雨にはどこまで通用するのか、、、経験の少ないぼくには、確かなことは分からない。

でも、人生、無駄かもしれない努力でも、可能性があることは一応、少しでも希望を持てるように、やっておこうと思っている。
ということで、同じようにこちらはキューリの苗を定植した広畝。
                ↓        ↓
      畑と雑草・2
この写真で、手前の中央左側に大きい葉っぱの蔓が伸びてきているのが見える。それが下の写真でも同じ位置に見えるキューリの葉っぱと蔓だった。(ちょっとアップにトリミングしてある。)             ↓        ↓
        畑と雑草・6
                ↑        ↑
この写真ならば、蔓草の下に敷いてある古畳のワラが、ちゃんと確認できると思う。
麦わらはこうして畑の作物を、土中の菌や害虫や乾燥や多湿から保護してくれるうえ、作物の収穫時期を過ぎる頃には、耕運機で再び土を耕す時に、土中に鋤き込むことで堆肥となって、次の作付けのために大事な土の栄養になってくれる、ありがたい存在だ。

「自然には無駄なものはない」とは、よく言われることだが、こうして畑で労働をしていることそれ自体も、もしかすると人間の生き方として(たいした生産性はないけれど)無駄なことではないのかもしれない。と思うと嬉しくなる。

 ( 2018・7/25記、7/30,up )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------



Comment:0  Trackback:0
back-to-top