2017
08.21

東京往復〔その6〕 (blog,529p)

9ヵ月振りの上京のレポを書いてきましたが今日の書き込みで一区切りとするつもりです。

今回の上京に際しては昼間の時間の過ごし方について考えた結果、何十年も前にぼくが暮らしていた場所と環境を訪ね歩いてその現在のありようを自分の記憶と照らし合わせてみようと意識して出発しました。
その結果、ぼくはちょうど物語の中の浦島太郎になったような気分を少し味わってきたのでした。

それが8月7日のことで東京は大変蒸し暑い日でした。
この日の夕方からの催しで旧知の人々に会うためにぼくとしては「お洒落」のつもりで新しいTシャツを着て行ったのに、昼間のあちこちを探訪する徒歩の旅を通じて二度も三度もすっかり大汗をかいてしまい、エアコンが効いたスペースで一休みしてやっとTシャツが乾いたら黒地のシャツ一面に汗の塩分が浮き出ておかしな模様になってしまいました。
それでもやっと夕方になって、人々が集まっている友人の出版祝賀パーティー会場へ到着しました。

 〔今日のブログページの会場写真は加工して全ての人物の鮮明度をボカシてあります〕
三宅さん・1 三宅さん・2
既に参集されていた人々の間にぼくも入れてもらって知人とは挨拶を交わし、本を出した友人には祝福を伝え、やがて開会時間になって乾杯をした後は数人の方々から出版を祝す言葉が寄せられる中、ご当人を含むそれぞれ知人や顔見知りの人たちが主としてマンガに関わる話題を巡ってあちらこちらで楽しく歓談するいつもの光景になりました。

御茶ノ水・8の1 御茶ノ水・7の1

上の写真・左に写っているお二人の内の左側の人がこの日の主役・本の著者の宮岡蓮二さんで、彼はこのペンネームの外に本名でも長くマンガ評論などの原稿を書いてきましたし、編集者、デザイナーとしても仕事をしておられる方です。(ぼくはもう忘れるほど昔からの知人でいつの頃からか彼の部屋に泊めてもらったりする友人になった)
日本の主として戦後の漫画状況に関する考察を論じる評論誌『貸本マンガ史研究』という雑誌の編集も彼の献身的な労に負うところが大きいようです。(その雑誌にはぼくもこれまで時折短いコメントを寄せてきたが、ぼくには論は書けないので今のところあくまで論外のコメントのみになっている)

同じ写真で著者の宮岡さんの隣でぼくのカメラに笑顔を向けてくれているのはマンガ家のつげ忠男氏です。
当夜、ぼくはつげさんにお会いしたのは何十年振りかだったのでご挨拶の言葉も交わさず失礼しましたが、お元気そうだったのは嬉しかったですね。(ぼくが忠男さんに初めてお目にかかったのはまだ18歳のある日のことだった)
お兄さんのつげ義春氏とも長くお会いしていませんが、忠男氏の方は時々新作マンガも発表されることがあっていつも楽しみに読ませてもらっていましたので久し振りで直接お元気な姿を拝見して本当に良かったです。

本・1 本・2
        ↑                    ↑
こちらが今回友人の宮岡蓮二(ペンネーム)氏が出された新本です。(写真・右側は本の内容の一部)
タイトルは『 APARTMENT :木造モルタルアパート 夢のゆくえ: REQUIEM 』(ワイズ出版、¥2750)となっていて、内容は約370ページにわたって大量の建物の写真が載っている「普通紙に印刷された写真集」です。

戦後の昭和20年代から40年前後に建てられた新建材と在来工法の組み合わせの建物、外壁をセメントモルタルで塗り均して簡易の防火建築方式だったいわゆる『木造モルタル』建築物を「プライベートに撮りためてきたデジタル写真データ」を掘り起こして整理した「プロフェッショナルではない人が撮った写真」の集成ということになります。
こうしたモチーフに対するぼくたち市井の人々の生活感情を共有する時代感覚が包まれた一冊になっていると言えそうです。

この写真集を手に取って見ているぼく自身も自分の前半生はずっとこうした建物の住人として過ごしてきたわけで、戦後の復興期から相当に長い期間、1970年代かあるいは’80年代ぐらいまで、田舎から都会へ出て働き、生きてきた人々の大半が少なくとも何年かはこうしたアパートや下宿の住人であったに違いないでしょう。(あるいは今現在もまだ多くの人々が鉄筋コンクリートの新型マンションや住宅展示場に並んでいるような家々とは無縁な木造モルタル集合住宅で人生の時を送っているのではないだろうか)

       新宿バスタ
帰路は新宿駅にある高速バスセンター『バスタ』(まんまのネーミング!)から深夜高速バスに乗りました。(大型台風の影響でたくさんの欠行便が出ている中でぼくが予約してあった便は運良く運行していた)

いつでもぼくの東京往復は慌ただしい日帰りが多いのですが、今回は特に急ぎ旅の必要に迫られていました。
というのは、このパーティーが7日夜の東京で、その5日後の12日には今度は東京から450キロ以上離れた村の家へ二百数十キロも離れたぼくの郷里の町から小学校時代の先生と級友たちが(まだ未完成の『マンガのある農園』の様子がどうなっているか)見に来るということになっていたのです。

そしてその外にも11日から16日まで開催中の町の盛大な『古本市』の催しにも好きな本を探しに行きたいと思っていました。(つまり村の家で先生たちを迎えて歓談し、無事にお帰りになられたことを確認したらぼくはまた130キロ以上離れた町の家へ飛んで帰って古本渉猟に情熱を燃やす!という算段で行動していた)

そしてそのハードスケジュールの全部を実行実現クリアー!!しました。
詳しくは次回のブログでご報告しまーす。 ヽ(^o^)丿

( 2017・8/19記、8/21,up )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------



スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2017
08.19

東京往復〔その5〕 (blog,528p)

前回のブログでも書いた通り久し振りに訪ねた『東京都千代田区神田神保町』を1時間半ぐらい彷徨して、そのあと神保町交差点(駿河台下)から御茶ノ水駅のある坂上へ向かって歩きました。
18歳から25歳までのぼくの東京暮らし7年間で、この坂道を何百回か、もしかすると千回以上往復していたと思いますが、今度歩いたのは15,16年振りか20数年振りのことになるかと思います。

駿河台の坂道の両側には日本大学や明治大学の学舎や明大会館(通称学館)があって何かの催しや必要に際して時々構内や建物へも出入りしていましたが、その頃の場所を歩いてみてもぼくの記憶にあった環境も建物もすっかり変わってしまっていてまるで自分が浦島太郎になってしまったような気分でした。

        御茶ノ水・1
通りがかりに眺めるとどの大学の建物も、もの凄いキラキラの高層マンションか高級ホテルか大企業のオフィスビルのように建て替わっていて驚くばかりでした。(上の写真は明治大学の学館があった辺り、ぼくが出入りしていた頃はあちこち壊れかかって薄汚れた古い重たいコンクリートの建物が幾つかあって、高さもせいぜい3階か4階ほどだったように思うのだが今となっては定かな記憶ではない)

        御茶ノ水・2
こちらの写真は『御茶ノ水駅』です。(↑ ↑)この駅も建て替えられたのでしょうか?
駅の規模はぼくが乗り降りしていた頃と同じようなスケール感なのですが建物は昔とは違っているような感じがします。(もしかすると元の駅舎をベースに改築したり色を塗り替えたりしてあるようにも感じられる)

        御茶ノ水・4
駅の脇を流れる川は『神田川』で(↑ ↑)ぼくが通っていた頃はもっと汚くていつも複数の浚渫船が停泊していたような気がします。
川面の水の色は黒緑色でけっしてきれいとは思えませんでしたが何十年も昔の浚渫船が川底をさらい続けていた時代よりは今の方が少しでも水質が改善しているのでしょうかね。

        御茶ノ水・3
この川と線路の上に架かっている橋は『おちゃのみずばし』で橋の向う正面に立っている建物は東京医科歯科大学と病院です。(この病院には40数年前のある時大変お世話になった、というか本当に助けてもらった。でも病気やけがを治してもらったのではなかった。その時のことは別の媒体で詳しく書く予定)

そんなことをいろいろ思い出しながら橋の向う側で信号待ちをしていた時、思いもよらぬ偶然の出来事が起きてビックリしてしまいました。

普通に考えてとてもあり得ないことでしたが、ぼくと家人にとっては東京暮らしの時代からの恩人でもある大変親しい知人と信号待ちの交差点でバッタリ遭遇したのです!(見つけたのはぼくの方で「まさか?」と思いながら声をかけた)
いやあ、本当に驚きました。その方は前回9ヵ月前にぼくが上京した時に共通の知人であり彼の親友である詩人・鈴木志郎康さんのお宅を一緒に訪問したT氏で、去年彼が書いた本が出版された時にも当ブログでは読書感想とご紹介を載せていました。

今回ぼくは全く何のご連絡もせず、しかも今T氏は山梨県の甲府で暮らしておられるとお聞きしていたので、まさかこの日のこの時間にぼくが自分の勝手な思い出の経路を辿ってウロついている途上で出会うなど考えることもできないことでした。

           御茶ノ水・6
ぼくが住む町から東京までは約500キロ離れています。そしてT氏が今住んでいる甲府市から東京もたぶん100キロ位は離れていると思います。
街道筋でいっても全然違う経路にあり、上京の動機も全く違うしどう考えてももの凄い僅かな確率の偶然が重なってこんな遭遇に至ったとしか言いようがありません。
T氏は「何万分の一か、いやあ何十万分の一の偶然だね」と言われましたが、ぼくにはこういう偶然を確率計算する知識はありません。しかしひょっとすると何千万分の一以下の偶然だったかもしれません。(その確率が低いほど楽しい経験ということになるなあ)

というわけで改札口を出てきた知らない乗客の方に頼んでカメラのシャッターを押してもらった写真がこれです。(上)
東京から町の家へ戻ってすぐにまた村の家へ往復していたのでまだこの写真をT氏へは送信してありません。それで今夜からまた村の家へ行くので来週帰宅してからゆっくりとT氏にメールを書きたいと思っています。

さて、東京往復レポートを長く続けてきましたが、次回、友人の出版祝賀パーティーの模様を書いて今回の一連の記事を一区切りする予定です。

( 2017・8/19 )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------



Comment:0  Trackback:0
2017
08.17

東京往復〔その4〕 (blog,527p)

「そうだ、神田神保町へ行ってみよう!」と思い立ったのは前回のブログの最後に書いたように昔暮らしていた新宿区と渋谷区の境目に存在した四畳半アパートが既に跡形もなく消えてしまっていた地域をグルグルと歩き回っていた時でした。

ぼくの東京暮らし時代、それはもう40年以上前の忘れてしまったことも多い記憶でしかない世界ですが、ところどころ鮮明に覚えていることやしばしば反芻して思い出すこともあって「あそこへ行ってみたらどうなっているだろうか?」という思いがこれまでも心のどこかに絶えずありました。
        神田神保町・1
ぼくの最初の下宿は練馬区の豊島園の裏手にあった小さな間借り部屋から始まりました。
下宿から徒歩15,16分で『西武池袋線・豊島園駅』に行き、そこから『池袋駅』を経由して『地下鉄丸ノ内線・御茶ノ水駅』で下車、駿河台の坂を下りきって『すずらん通り』をちょっと左へ三筋ほどクランク状に曲がって歩いた先にぼくが初めて会社員として勤めた小さい出版社はありました。
        神保町・2
田舎者のぼくにとって『神田神保町』は憧れの町でしたから毎日その町に通って暮らせることが嬉しくてなりませんでした。
神田界隈は東京に暮らしていた時代のぼくのホームタウンでした。

        神保町・3
      (写真上から3枚、ここまでは全て神田神保町の『すずらん通り』)

大中小のたくさんの出版社と本の取り次ぎ屋さん(全国の書店へ本を配送していた出版世界の重要な中間業者)そして多くの書店、古本屋さんと辻々、路地裏にあった安い大衆食堂などが記憶の底から甦りましたが、しかし、何十年振りかで行って見てそれらの殆どすべてが頭の片隅、心の底に染み付いた残像でしかないことを実感しました。

       神保町・4
かつてぼくが憧れ、喜びを感じながら働いた小さい出版社などがひしめいていたその地域は十数年以上前に都市再開発の波に飲み込まれて巨大なマンションビルと隣立する巨大企業ビルの下敷きになってしまって、昔の風情はもちろん無く、地番地さえも消えてしまったようだとその近くで尋ねて教えられました。(写真・上が『パークタワーマンションビル』で、下が『三井ビル』)
       神保町・5
ぼくが働いていた頃にも新しいビルの建設ラッシュは既に続いていて、小学館や集英社や岩波書店や主婦と生活社といった大手出版社が白山通りや靖国通りや駿河台坂などの大通り沿いに次々に新しいビルを建てていましたが、いくつもの路地や生活道路を合わせて数十軒かあるいは百軒以上の家々をいっぺんに地上げした上に、町の一区画より大きいビルが建つことなど当時のぼくは予想したこともありませんでした。

       神保町・9
それでぼくが働いていた環境はすっかり失われてしまっていたのですが、嬉しいことに再開発の魔手を逃れて「あの頃」の雰囲気をまるでそこだけ夢のように残してくれている区画がありました。
とはいえ、すぐ後方にはあの巨大なビルが覆い被さるように迫っていますからこのエリアもいつまでこの風景を維持してくれるかは分かりませんが、、、

         神保町・7の2
そして、その中の一軒の建物(小さい出版社か取次店?)を見てぼくは驚き、且つホッとしました。
その建物はぼくが働いた会社があった建物と本当によく似た姿で建っていました。(ぼくが居たところはもう少しだけ間口が広かったと思う。そして二階の窓の外に鉄の細い手すりが付けてあった。それから初めの年にはエアコンは無くて旧い扇風機が一台あっただけで真夏には窓を開けてみんなで団扇でパタパタ扇いで涼んでいた)

         神保町・8
それにしてもこの家(左側の建物)は本当にぼくの記憶の中の職場とよく似ていて、二階の窓を開けてカーテンを開けたらそこから昔のぼく自身や、親しかった社長さんや作家さんなど今はもう居ない懐かしい人々も一緒こちらを見て微笑んでいるんじゃないかと想像してしまいました。

( 2017・8/10記、8/17,up )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------



Comment:0  Trackback:0
2017
08.15

東京往復〔その3〕 (blog,526p)

前回ブログでは『京王線初台駅』から甲州街道をちょっと幡ヶ谷方向へ歩いてそこからちょっとだけ北へ入ったところへ、ぼくが40数年前に住んだことがあるアパートがあった場所を訪ねたところ、なんとそのアパートの建物がそのまま現存して嬉しかったことを書きました。

今回はその続きになります。
ぼくはその場所から今度は新宿区十二所(じゅうにそ)の方へ向かって歩いて行きました。
そこから徒歩でほんの10分ばかり離れた新宿寄りに、ぼくが警察近くのアパートに引っ越すまで暮らしていた四畳半一間の家賃の安いアパートがあったのです。

       初台・6
上の写真はその途中にある『不動通り?商店街』で、道路両側のお店の家々はすっかり建て替わっていましたが今でも地元の商店街としてちゃんと機能しているらしいのはやはりぼくのような人間から見ると嬉しい思いになります。
昔の市場機能を持った小規模スーパーが頑張っているようでした。
そういえばコンビニがなかったように思います。(あったかもしれないがぼくが見落としたか?)つまり大スーパーとコンビニしか生き残れない町ではないことが嬉しかったということです。

さて、その家賃の安いアパートはいわゆる木造モルタル二階建ての一階と二階に十数室の小さな部屋が連なったトイレ共同(台所湯沸かしだけは部屋についていた)の「戦後を象徴する」労働者や学生のための粗雑な民間共同住宅でした。

       初台・7
しかしやはりもうどこにもぼくが住んでいた『清風荘』という名前のそのアパートを見つけることはできませんでした。
ただ、ぼくが暮らしたその辺りにはまだ何軒かの似たような建物が残っていることが分かりました。(上の写真のツタが絡まったアパートらしき建物もどことなく似たような雰囲気があった)

前回レポートした警察署近くのアパート(建物が現存していた)にも、この辺りにあった『清風荘』にもぼくには多くの思い出があります。

人が一生を生きるということにとって「住まいが変化する」(生活環境が変わる)ということは一体どんな意味や構造をもつものなのだろうか?
と考えながらグルグルと住宅街を歩き回り、まだ友人たちの集まりまで十分に時間に余裕があったので、ぼくが上京して最初に働いた小さな出版社があった千代田区神田神保町のあのエリアはどうなっているだろうか?と思いが及んで「よし行ってみよう!」という気持ちになりました。

( 2017・8/10記、8/15,up )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------



Comment:0  Trackback:0
2017
08.13

東京往復〔その2〕 (blog,525p)

前回のブログの続きになります。
40数年振りで自分が暮らしていた場所を訪ねてみたことを書いています。

最初に行ったのは『京王線・仙川駅』周辺と、そこから徒歩7,8分で到着したぼくと家人M(現在まで生涯を共に過ごしている人)が一緒に暮らした小さい借家のあった界隈でした。
しかし残念ながらその家は既に無く地域の環境も激変していて全く自分たちがそこで暮らした記憶につながる面影を見ることはできませんでした。

       初台・1
それで次に向かったのは同じ京王線の『初台駅』からほど近い二ヵ所のアパートのあった場所でした。(上の写真は京王線初台駅の前にある甲州街道・国道20号線)

二ヵ所の内の片方はすぐに分かりました。たいへん分かり易い目印があるからです。
その目印が下の写真『警視庁代々木警察署』です。(警察署の建物も移動したり建て替えたりする場合も多いが、代々木警察署はほぼ40数年前のままだったとぼくには思えた)

       初台・2
その甲州街道沿いの警察のビルのすぐ近くに前回レポートした『仙川』の方へ引っ越すまで1年間位だったかぼくたちが二人で暮らしたアパートがありました。
行ってみると、なんとその建物が同じ場所にそのまま建っていたのでなんだかちょっと驚きを感じました。
「あっ!!ある!!あった!!」という何とも言えない気持ちの揺れを瞬間感じて、その揺れがすぐに小さな安心感に変って行くのを味わいました。

        初台・3
ここはアパートという名前が付いていましたが外見は普通の民家でした。確か玄関が二つあって一階と二階で別々になっていて、二階がアパートとして使われていたのだと思います。
(現在はもうアパートとしては使われていないように見えた)

ぼくたちがこのアパートの住人になったのはある事情があって、友達の厚意を受けて契約を引き継いで移り住んだ部屋でした。(借りている名義人は友人の女性音楽評論家の名前のままだった)
ぼくたちは写真の建物二階の右奥に見える窓の部屋で暮らしましたが、その窓からは代々木警察署のパトカーや機動隊装甲車両などが出入りする様子や機動隊員が武闘訓練をしているのが間近に眺められたものでした。

しかし今では間に大きい家が建って視界が塞がっているようだったし、その分警察の空き地も狭くなったように見えました。

        初台・4
警察署と反対側のこちら隣りにも確か家が建っていたように覚えていましたが今は家が無くなって駐車場になっていました。
上の写真に見える二階の一番左側の部屋がぼくたちの住んだ部屋ですが、建物全体の印象がその頃よりきれいになっているのがちょっとだけ違和感を感じています。

これは多分この間に持ち主の人が何度か建物の内外装をリペアー工事して新しい建物のように作り変えてきたのだろうと思います。ぼくはそういう生活の仕方が好きなのでこれは好感が持てていいことだと思いました。

        初台・5
何せ立地条件は東京副都心から歩いて15分かそこらの場所にあるのですから大規模再開発されてしまってドドーンと高層マンションに変ってしまっていてもおかしくない土地に、昔と同じ家を大事に使っている人がいるのは嬉しいことです。
隣の駐車場からは都庁舎のビルが写真で見るよりずっと近くにあるのが見えました。

( 2017・8/10記、8/13,up )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------



Comment:0  Trackback:0
back-to-top