2017
04.24

また一週間が、、 (blog,489p)

前回ブログアップの日付17日の後も引き続き忙しく、厳しい一週間でした。
ぼくはその間にまた村の家へ行き、緊急に必要な2,3の打ち合わせと少しばかりの畑作業をして3泊4日の日程をこなしてきました。

『マンガのある農園』(仮称・準備中)の開設を目指して村の家と町の家を往復する暮らしはすでに丸4年になろうとしています。
毎月二度か三度の行き来を続けてぼくたちにできることをしながら、一日も早い【小さい施設の完成とそこでの生活開始】を願っているのですが、その願いがなかなか叶えられません。

しかも最近では家族が思いもよらないアクシデントに見舞われたり、対外的には信頼を裏切られるような事態に立ち至ったりして、さすがにのんびり屋のぼくももう自分のマイナーでナーバスな精神が限界に近づいてにっちもさっちも行かない状況に身を置いて過ごして来ました。

家人は「限界を超えるしかなければそれ相応の覚悟と対処をして問題、事態の本質的解決を得よう!」という姿勢でぼくの背中を押してくれるのですが、現在のぼくはたぶん世間一般の人間より10倍ぐらい粘り強い性格で『荒っぽい交渉事による事態の打開を望まない』人になっているので、何とか立ち止まり道や迷い道から自分の足で歩ける道へ抜け出ようと暗中模索をしているわけです。(昔、10代から20代の頃までのぼくは現在とはかなり異なる性格で、事態の解決をケンカに頼る部分が普通の人たちよりずっと強かった。今はもうその頃の自分には戻りたくない。)

それでも今回の滞在中、まだどうなるか分かりませんが、『マンガのある農園』とそこでの生活環境の整備、完成に向かっておそらく確実に一歩前進したのではなかろうか、と思う遣り取りをしてきましたので、次回行くのに少しまた希望が湧いてきました。

今月12日の午前0時にパソコンのインターネットを切断してから、1週間で別のPCに乗り換えてネットをつなぐことはつないだわけですが、まだ現在、新しいPCに対するぼくの適応能力は非常に低くてほとんど全く【気軽にPCの機能を操作、利用することができない】状態です。
例えばこのPCではどこかのページ(ブラウザ?というのかな?)を開くたびにいちいちパスワードなどのアカウントログインを求められたりすでに作ったはずのアカウントの変更を要求されたりする煩わしさをパスできませんし、前のPCからそのまま使い続けているはずのウインドウズ機能(VISTAからWindows10へ換えた)のいくつかのページの説明が英語表示で日本語表示への変換の仕方が分かりません。(そればかりかメールページにある写真などを見ることもできない。)

昨夜来、なんとか自分のブログやフェイスブックなどへ取り込むための写真の編集などを、逸早く使えるようになった家人から教わってやってみようとしていたのですが、データの重さを軽くする方法で躓いてしまって、今日のブログも写真無しになりました。

 ( 2017・4/24 )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------



スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2017
04.17

この十日間のこと (blog,488p)

Category: 町の家にて
現在4月17日の午前4時です。
先日、村の家へ行き、いくつかの作業をしていろいろな問題を抱えて7日の夜中に町の家へ帰ってきてから、町の家で取り敢えずやらなければならないことがずっと続いていてここまで全然時間に余裕がありませんでした。(今も続いている。)

切迫した出来事が二つ重なって、ぼくの対処能力は追いつけませんでした。
一つは家人がまた(風邪を引いたのか?)ダウンしてしまって、2,3日体調が崩れて動けなくなったこと。
もう一つはぼくたちが使っていたデスクトップのパソコンが(OSがVISTAだったために)11日深夜0時をもってマイクロソフトからの一切のセフティーサポートを受けられなったことでした。
そのまま使用しているとインターネットを経由してパソコン本体の機能を壊したり、そのパソコンを足掛かりにして他のSNSつながりの方々へウイルスなどが送り込まれる状態が起きやすくなるという恐ろしい宣伝が度々メールなどを通じて知らされていたので、どう対処すべきか決断を迫られていたのです。

現在、家人の母が入院中なので、家人が一番体調の悪かった13日と14日はぼくがごく短時間の見舞いに行きました。
その間も毎日、街中の中古パソコン取扱店へ行って安い中古機器がないか探したり、何か今の機械のままで新しいOSへつなぐ方法はないのかなどを尋ねたり、いくつかの電気機器量販店をはしごして、もしも新品パソコンを購入しなければならないとしたら【最も出費が少なくて機能の充実したものはどういう機器があるのか】ということをニワカ勉強で比較検討していました。

その前からこれまで10年近くにわたってパソコンを使い続け(それ以前に使っていたPCは5,6年で壊れた)それらの全体の写真や文書のデータがぼくにとっては膨大な分量溜まってしまっていたものを、8日の夜から慌てて外付けハードディスクへ転送して保管する作業をした上で、それをさらに編集してDVD-Rへ焼き付けて二重に保存する作業を毎日朝までぶっ通しでやってきました。

それらの作業はまだとても完了していませんが已む無く一旦PCの機器を新しいOSを持つものと取り換えることにしました。
どうしたかというと結局、新しいパソコンを購入しました。
それは中古パソコンの10年近く前の古い機種本体をリペアーしたものと新品の廉価製品とでは同等能力で比較してたった10%か20%程度しか支払う金額に差がないことが分かって、もしも故障した場合の補償やメンテナンスのしやすさなどを勘案すると、どうも新品の方が割安なのではないかと思えたからです。

それで昨日の朝から自分で新たな(初めて使う台湾製品のパソコンで、ほとんどマニュアルもついていない)をセットアップして、なんとかインターネットにはつながったのですが、スクリーンディスプレイが映りません。
いろいろ自分でやってみたのですが、どうしても解決できず、購入した電気店やメーカーへ問い合わせたのですが「初期不良かもしれない」とか「機器の交換には1週間はかかるだろう」と言われて困り果てていました。

そこへぼくよりずっと電子機器のことに長じている息子が遊びにきてくれて、なんと30分か1時間の内に原因を突き止めてネット画面の映るところまでリセットしてくれて、やっとこのブログも書き込めることになりました。

しかし、まだ画像を取り込むことができません。(正確には画像の重さを小さく加工して取り込む方法が分からない。)
それで今日からしばらくは写真無しのブログになるかもしれませんが、まあ自分自身の日録と、時々の連絡メモとしてはきっと役に立ってくれると思います。

一応、この10日間のものすごくハードな日々からちょっと離れて明日からまた村の家へ短い日程で行って来ようと思っています。

 ( 2017・4/17 )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------



Comment:0  Trackback:0
2017
04.11

俄か引っ越し屋さん (blog,487p)

Category: 村の家にて
先月下旬から村の家への往き来の間隔を出来るだけ密にしようと心掛けています。
一週間から十日の間に一往復しています。

そして行く時は町の家から少しづつ荷物を運び始めていますが、ぼくの小さな自動車に積めるだけ積んでも一度にあまりたくさんの荷物を運ぶことはできません。
それでも車の荷台を空けたままで走るよりはたとえ少しでも荷物を積んで行けばもしかしたら『チリも積もれば何とやら』で、意外に運べるかもしれないので続けようと思っています。

       2017_04 07_荷物運び・1
ただ、問題は頑張って荷物を運ぶのはいいのですが、村の家はまだ工事が終っていないので運び込んだ荷物を仮置きして、いずれ電気系統の仕上げ工事などが入る時には慌てて一旦積み上げておいた荷物を退かせて工事を完了してもらわなければなりません。
今までも二度三度とそうした荷物の移動をしてきました。
ぼくとしては本当はそういう徒労をしたくないのですが、工事の都合でぼくが動かされる事態が起きていたので已む無く建築会社側の要請を受け入れてきていました。

今日の2枚の写真は全ての工事完成後はぼくの『マンガ資料室・兼、書斎・兼、アトリエ』になってくれる予定のスペースです。
現状はこの荷物だらけの細長い部屋がぼくの居住スペースになっています。
幅は2メートル少ししかない部屋ですが、長さが9メートル位あって長い壁の一面に6メートル長さ、2.2メートル高さ位の大きくて頑丈な本棚が造り付けられています。
その本棚一杯に好きな本を雑多に並べて読んだり見たりするのが楽しみです。

       2017_04 07_荷物運び・2
しかしじつは今、工事を巡ってたいへんシビアな問題が生じていて、このままではぼくたちの希望が叶うかどうか全く分からない状況に至っています。
この記事の原稿を書いている現在(9日)の段階では先行きは全く不透明です。
しかしぼくたち家族はまだ希望を捨ててはいませんし、自分たちで相談しながらできる限りの働きかけはし続けています。

思い返せば2013年に今回の『マンガのある農園』建設計画を実行し始めて以来、計画が順調に進んだことはありませんでした。
多分その一番大きい理由は、ぼく自身の【社会を見る目が甘い】ということに尽きるのかなと思えます。
もう少し具体的にいうと生活する上で【自分に対しても他人に対しても厳しさが足りないな】と言えそうです。(ただぼくは物心ついて以来ずっとこんな生き方をしてきたので今回の予期せぬ出来事の発生についてもできれば【荒天の向こうに晴れ間がのぞいてくる】ような感じで収まって行くことを願っている。)

もう2,3日の間にまた車に荷物を積んで村の家へ行きます。
その時が今回突然降って湧いた(ぼくたちにとっては最大の深刻な、しかも理不尽な)問題の行方を見極める最後の決断時点になります。
それがどういう問題なのか、現時点ではまだ公表を差し控えておきます。なんとかこんな事態が無かったことで終りたいと思うからです。
【雨降って地固まる】ということになればいいのですが、、、

 ( 2017・4/11,up )
--------------------------------------------------------------------------------------

【 ここで当方のパソコンの機能と使用状況について追記します。 2017年4月10日 】

⇒ 現在ネットが繋がっている皆様方にお知らせさせていただきます。
当方のパソコンOSがVISTAなので、明日4月11日を持ってマイクロソフト社からのセキュリティーサービスが途絶されてしまいます。

その後はウイルス感染等の危険が増大すると喧伝されており、万が一のリスクを避けるため、新しいソフトの機器に交換する準備中で、明日以降数日間インターネットをお休みする可能性があります。

その間は『マンガのある農園』ブログに新しい記事を更新できなくなりますが、明日11日UP分と後日13日のUP公開分について、原稿は既に書き込んであります。
もしもUPが遅れた場合は、当方で不慣れな電子機器の交換に手間取っているとご理解いただければ幸甚です。
昨日、今日と数時間づつ電気店で最近のパソコンの機種、機能のいろいろについて訊き親切な説明を受けてきました。(しかし受けた説明の半分位しか覚えていられなかった。)

明日もう一度、専門店で尋ねてどういう形で今後の自分のパソコンワークと最近のパソコン機能が適応するかを決め、機器を選ぶ予定です。
仮に一旦インターネットを中断してもプロバイダーのホストコンピューターに保管されている既公開部分は安全に開示されるはずだと思いますが、できるだけ早く新しい記事がUP出来るようにリセット=リアップを急ぎます。(以上)

--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------



Comment:0  Trackback:0
2017
04.09

じゃが芋の芽が出てきた (blog,486p)

Category: 畑のあれこれ
何の変哲もないことですが、でも未だにぼくには土の中から草や木が延びて来ることがやっぱり不思議な気がします。

これがぼくたち人間だったらすごいなあなどと妄想してあれこれ思います。

たとえば人間の足に根っこの毛細管枝が生えてですよ。
土の中から栄養を選び、吸い取って段々身体が肥大化して行く。
そしてやがて地上数メートルから数十メートルの大木のようになって、遥かかなたの山の頂を友達の姿を見るような気持ちになって眺めている。

        2017_04 07_じゃが芋の芽・1
冬の寒さも真夏の暑さも平気で裸で地上に立っていて、時々空を行く雲を綿菓子のようにちぎって食べたりしている。
身体には無数の虫や鳥や獣が寄り集い雨も風も直接受け止めて身体は頭の天辺から足の先まで洗い流されて行く。

本を読むわけでも遠い土地へ旅をするわけでもないが、世界の根本や命の根源について静かに考えて数十年かあるいは数百年の時を悠々と生きていて、いつか未来の空間の中で立ったままでゆっくりと枯れて行く。
というのも悪くなさそうだなあ、、、

えー、、と、畑にジャガイモを植えたのはまだついこの前、3月の20日過ぎのことです。
それが早くも芽が出てきました。
植物はまさに地面を割って土中から地上に姿を表わして来る。
この上の写真はじゃが芋のキング『男爵イモ』と並んで現在の日本ではもっともポピュラーな種類の『メークイーン』です。

           2017_04 07_じゃが芋の芽・2
そしてこちらの上写真が『キタアカリ』という品種の見た目には男爵イモとよく似た感じのジャガイモです。(ぼくは多分今年初めて作付けした種類なので作柄や味はまだ知らない。)
じつは上の写真の2種類は種芋を3月初旬に購入して建物の中で常温で保管している間に最初から種芋にはちょっと1~2,3センチ位の長さの芽が出かかっていたのが多かったのです。(それでたぶん地上に芽が出てくるのが早かったに違いない。)

それに対して、3月下旬の定植する前の日に農業のお店から買って来た『インカの目覚め』という詩的な名前のじゃが芋の方は、たいへん小振りな種芋でまだ全然芽が出る気配もない感じでした。
するとよくしたものでなかなか地上までは芽が出てこれないのでしょう。

このインカの目覚めは初めて自分で種芋を定植して栽培したじゃが芋の一つでした。(4年前のこと)
この種類は成長したお芋も巨大にならず、小振りで薄くスライスしてサッと熱湯で茹で上げて、レタスやタマネギやセロリなどと合わせて新鮮なドレッシングを作ってかけると色も黄色くてきれいで口当たりがシャキッとしていて美味しいです。
ぼくたちが4年前まで町で働いていたカフェギャラリーではそのサラダにぼくが手作りしていたスモークチーズやスモークベーコン、スモークサーモンなどを付け合わせた『燻製オードブル』が人気メニューでした。

   2017_04 07_じゃが芋の芽・3
この上の写真には4本の畝が写っているのですが、一番右側の畝が『キタアカリ』でほぼ真ん中に写っている2番目の畝が『メークイーン』そして3,4本目(左から2本の畝)が『インカの目覚め』です。

今年もうまく育ってくれると嬉しいのですが、どうなることでしょうかねえ。
途中の世話は畝に一斉に生い茂ってくる雑草を払い抜く作業と畝の土を厚く被せて行く「土寄せ」という作業が成長に合わせて時期遅れにならないように出来るかどうかがコツです。
収穫を楽しみに頑張りましょう。

 ( 2017・4/9 )
--------------------------------------------------------------------------------------

【 ここで当方のパソコンの機能と使用状況について追記します。 2017年4月10日 】

⇒ 現在ネットが繋がっている皆様方にお知らせさせていただきます。
当方のパソコンOSがVISTAなので、明日4月11日を持ってマイクロソフト社からのセキュリティーサービスが途絶されてしまいます。

その後はウイルス感染等の危険が増大すると喧伝されており、万が一のリスクを避けるため、新しいソフトの機器に交換する準備中で、明日以降数日間インターネットをお休みする可能性があります。

その間は『マンガのある農園』ブログに新しい記事を更新できなくなりますが、明日11日UP分と後日13日のUP公開分について、原稿は既に書き込んであります。
もしもUPが遅れた場合は、当方で不慣れな電子機器の交換に手間取っているとご理解いただければ幸甚です。(昨日、今日と数時間づつ電気店で最近のパソコンの機種、機能のいろいろについて訊き親切な説明を受けてきました。(しかし受けた説明の半分位しか覚えていられなかった。)

明日もう一度、専門店で尋ねてどういう形で今後の自分のパソコンワークと最近のパソコン機能が適応するかを決め、機器を選ぶ予定です。
仮に一旦インターネットを中断してもプロバイダーのホストコンピューターに保管されている既公開部分は安全に開示されるはずだと思いますが、できるだけ早く新しい記事がUP出来るようにリセット=リアップを急ぎます。(以上)

--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------



Comment:0  Trackback:0
2017
04.06

またも試練の時か (blog,485p)

Category: 村の家にて
今回は3月末から4月1日に帰宅するまでの僅か4日間弱の村の家滞在でした。
春が来て、長雨が降るようになってきましたが、まだ建物のあちこちが工事途中で防水対処が出来ていない状態です。
ぼくはせっかく作ってもらったウッドデッキなどが水浸しになってしまうのを見て未だ塗装もしてないので木材が腐ってしまうのではないかと心配で仕方がありません。

しかし雨は容赦なく降っていたので自分で度々デッキを小さい雑巾で絞りながら拭いたり、コンパネベニヤ板の切れっ端を敷いて応急防水板にしたり、夜中までイライラアタフタしながら母屋床の蜜蝋ワックス掛けを続けました。

      2017_03 30_ギャラリー周辺・1
工事はなかなかストレートに進んでくれません。
前回にも書きましたが多分あちこちの現場仕事を掛け持ちの職人さんたちが、建築会社の都合で手が余ったり日程が空いた時だけぼくたちの家の工事に回ってくるからではないかと思うようになりました。(これまでの2年3か月間で、ぼくが一週間位滞在中に一度も工事関係者が現場に来なかったことが度々あった。)

そういう工事の一つだろうと思われる『ギャラリー前に駐車スペースを作ってもらう工事』がやっと始まりました。
ギャラリーの建物のすぐ横手の土中に合併浄化槽が埋め込んであるのですが、そのプラント・タンクの南端を境界として突き崩した石垣の代わりにコンクリートブロックの壁を作り、その前面公道から訪問客が自動車を直接出入りして停めて置くスペースで〔軽自動車2台分と普通小型車及び普通自動車2台分〕の計4台位は駐車できるだろうと思います。

ぼくが今回行った時にはこのブロック積み工事はもう終っていました。
ただ、一つ問題がありました。というのは、上の写真でブロック壁が見える右側のブロックエンドの部分が内側から写すとこの下の写真のようになっていて、従来からあった金網の壁と隙間なく建設されていました。
                ↓       ↓
         2017_03 30_ギャラリー周辺・2
この部分はこの間ずっとプロパンガス屋さんがボンベ交換に来た時の出入り通路になっていたのです。
プロパンガス屋さんにしてみると通路が塞がれた格好になりますから路上へ停めた車から簡単にボンベを運んで交換できていたのが遠回りしなければならなくなってしまいます。
それで建築会社の人に電話でそのことを伝えておいたのですが、その後で現場監督さんに同じ話をして視てもらい、こうして出来上がってしまったブロック壁をやり直すのは大変だろうから、ガス屋さんが困らないように後で横の網の方を切って横から出入りできるようにしてやってもらえたらと話しておきました。

ところが現場監督さんは「ガス屋さんは上から出入りすればいいから大丈夫です。」と言うだけでした。
ぼくはガス会社の人と直接もう去年のいつ頃かにその話がしてあったので、これだとぼくが親切ではない人になってしまうなぁと内心気に病んだのですがその場はそれきりになりました。

さて、工事完成予定は何度約束してもらっても実際には全く終らない(期日が守られない)ので、今ではどの部分の工事があっても準備だと言われてもぼくは「ああ、やっと今度はこれか、」という受け止め方になってきました。

       2017_03 30_ギャラリー周辺・3
まだ母屋の工事が完了していない現状ですがやっと今度はギャラリー棟の喫茶スペース厨房とカウンター下壁に貼り付けるレンガタイルの見本が先日来届けられました。
しかしどうにも希望の物とはだいぶ違う物でした。(その理由はぼくが望むようなものは資材価格が高いからということらしい。)
ぼくの方もむやみ高級な材料や製品を完璧に揃えてほしいなどとは今までも頼んで来なかったし、今後も言うつもりはありません。
それどころか上の写真のブロック積み工事に於いても「ぼくの方としては本当ならば以前町の仕事場で作ってもらったような15センチの厚い方のブロックを積んで頑丈な壁にしてほしかった」のですが、会社から「もう工事の予算では現状、赤字になっている」などと聞かされているので遠慮して黙っていました。(その結果だろうか、厚さの薄いブロックが使われていた。耐久性が心配だ。)

こういう状況なのでぼくは自分では少しも無理な要求はしていないつもりです。
しかしタイルなどのマテリアルは探せる範囲で最大限希望に近付けて欲しいとは思っています。(それは契約した限り、会社として当然やるべき努力の内ではないかと思う。)

それと、写真下半分に写っているのはギャラリー建物の前にせり出している庇屋根部分の床のコンクリート土間に敷く予定の敷石の種類見本です。
この敷石仕上げに関してもぼくは最初から全面にベッタリ敷くと材料の石がたくさん必要で高くつくだろうから通常の半分だけ使ってくれればそれでいいです(つまり会社が支払う材料費は半分で済むはず)と、当初から言ってきました。それも経費節減に協力しようと思う提案だったしちゃんとその旨伝えてきたのです。

でもそうしたぼくたちの側からの建築会社と担当チームへの協力の姿勢は【もしかするとこれまで相手の会社側には理解されてこなかったのかもしれない】と思わざるを得ない困難な事態が突然起きてきました。

今このブログの原稿を書いているのは4月4日の深夜ですが、この記事がUPされる予定の6日には、ぼくはまた村の家に行っていると思います。
そこで今になって発生した困難な状況をどうやって打開するか思案し行動して来ることになるだろうと思います。(まあ関係者各位に誠実に対応してもらえれば問題は縮小あるいは解消するのだが、どうなるのかは相手次第。ぼくの方はもう安易な妥協はしない。)

        2017_02 19_ギャラリー周辺・4
                ↑       ↑
(「もういつでも引っ越して下さい。荷物も家へ運び込んでもらって結構です」と言われても、まだ母屋の屋根の庇は捲られたままだし雨樋も装着されていない。その上、家の中の和室の片方には畳も敷かれていない。これが今年2月一杯で工事完了してぼくたち家族に引き渡すと約束されていた母屋の現在の姿。これでは当然ぼくは気が気ではない。)

このブログの開設当初の目的は、家人の助力に頼んでぼくの長年の素朴で我儘な希望を叶えたいと思ったことにありました。

『自分たちの残りの人生を(村へ引っ越して)半分農業の真似事をしながら自分の好きなマンガに埋もれて労働と創作の日々を楽しむ暮らしを実現したい。』
『そのための準備と小さな施設完成までの状況と光景ををリアルタイムで主として友人知人たちにご報告しながら、これからお知り合いになるかもしれない不特定の方々にも、なにか面白そうなことをやって暮らそうとしている人がいるようだということを知っていただきたい。』という思いでした。

もう少しでその目的は果たせるのではないかと思ってぼくにとっては肉体的にも精神的にも結構ハードな時期もなんとか乗り越えてきましたが、もしかすると嫌でも『マンガのある農園』完成を間近にして、非常に大きな障害と対峙しなければならなくなるかもしれません。

 ( 2017・4/6, up )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------



Comment:0  Trackback:0
back-to-top