FC2ブログ
2018
11.08

引越しのこと〔5〕 (blog,656p)

引っ越し荷物を大量に運び込んで、当初は、荷物の隙間に布団を敷いて寝る感じだったのが、家人の奮闘で、かなり畳や床が広く見えてきた。(まだ最終決定ではないが、いろいろな荷物が、収まるべき場所へ収められてきている。)

       引っ越し家具・1
京都の家では、いわゆる『京間(きょうま)』という寸法の畳(一間が柱の芯々で190センチ位ある)の部屋に暮らしていた。
それが、三重の村の家では、江戸間(柱の芯々で177センチ位?)程度の大きさに縮まったので、たとえば同じ6畳部屋と言っても、京都で暮らしていた部屋よりだいぶ狭くなった。
(ただし寸法の表示に関しては全てぼくの体感、アバウトで、決定的ではない。)

だから、寝る部屋の壁際に、今までいくらでも置けた本棚やタンスも、背丈の低いものや、小振りな物にしておく必要がある。

       引っ越し家具・2
キッチンも、京都の家よりかなり広くスペースをとったつもりだったが、京都と、この地方とのモジュールの違いで、今まで使っていた什器や道具を全部、今まで通りに使うことが出来るかどうか、まだ不安定な状況だ。

           引っ越し家具・3
けれども、とにかく、今まで家人の親や祖父母が大事に使い続けてきた家具の幾つかや、ぼくの実家から運んでおいた道具箱などを、少しでも日常的に目に見える場所に配置して、生活の中で「用の美」を楽しみたいと思う。(「用の美」は、元は民芸の精神だった。英国のアーツアンドクラフツも同じ概念なのだろうが、柳宗悦とウイリアム・モリスでは、かなりその精神が違うようだ。)

まあ、ぼくらはしかし、決して古いものばかりに固執しているわけではない。
だからこうして、百年前の古い農家を改築して、古い太い梁の通う家の中に、新しい柱や、新しい畳や、新しい家具が混然とする生活環境でいいのだ。

         引っ越し家具・4
始めはうまく馴染まないかもしれないが、少しづつ置く位置を変えたり、自分たちの生活に合わせて利用して行くことで、きっと空間も、道具も、やがて暮らしそのものと一体化して行くことだろう。(何よりぼくたち自身が、ものの見方や感じ方、考え方の幅を広げられるに違いないと期待している。)

        引っ越し家具・5
今日最後の写真は、40年位前に、ぼくの実家が取り壊される前に(実家はその時、長兄によって現代の家に建て替えられた。)自分でレンタカーを借りて、僅かに確保して運び、保管してきた思い出の品の一部を載せてみた。

この木箱は、ぼくの実家の屋号であった『久能屋』(久野という書き方もある。)の名称と、父が若い頃に創業した田舎の菓子舗の名称が、箱の裏表に手書きされた、いろいろなお菓子を保管したり運搬するための箱だった。(おそらくもう70年以上前の物だろう。漢字に間違いがあるのも、息子のぼくは、今となっては面白く眺めている。)
これも家の中のどこか目立たないところに、さりげなく置いておきたいと思っている。

 ( 2018・11/6 記、11/8,up )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------



スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2018
11.05

引越しのこと〔4〕 (blog,655p)

ものすごく慌ただしい日々を送ってきた。(今も同様の日々を送っている。)

とにかく引越しの日程だけはクリアーしたが、そして、少しづつ荷物の整理と片付けも続けてきたが、まだまだ、早くても今年いっぱいか、ひょっとすると年を越すスケジュールで、大量の荷物の落ち着くべき場所を用意して、一頻りあるべき物たちを、あるべきところへ落ち着かせることが出来るかどうか、という状況になっている。

昨日の夜になる頃、三重の村の家から、9日振りに京都の家へ戻った。(というか「やって来た」)
もう引っ越したのだから、これからは、京都の家へ行く、とか来る、とか言うことになったわけだ。今まで、村の家へ行く、と言っていたのが、これからは「村の家へ帰る」という表現に変わったのだ。

さて、今日5日は、京都でずっと通っていた病院を受診する。(ぼくは若い頃から、たぶん血の気が多いのだろう。血圧が高いので、血圧降下剤を常用して、高くなり過ぎないようにコントロールしている。)

病院へ行くのは昼間で、夜は昨夜に引き続き、街中のライブハウスへ行けたら行こうと思っている。
それで、今夜か、日付が明日に変わってからになるか分からないけれど、このブログの続きに、写真と書き込みを追加しようと考えている。
もう寝ないと朝になってしまうので、病院へ行くまでの時間が迫って、睡眠時間が無くなってしまう。(血圧測定の結果に悪影響が出るだろうから、少しでも眠ることにしよう。)
風呂に入りたかったが、ひと眠りした後で、時間が採れたらシャワーだけでも浴びることにしよう。

 ( 2018・11/5, am 5:32' )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------



Comment:0  Trackback:0
2018
10.24

引越しのこと〔3〕 (blog,654p)

10月19日、朝から、京都の家の積み残し荷物を、片方のトラックが積みに来て、2台のトラックと、荷台に一杯の荷物を積んだぼくの自動車と、3台で別々に三重県の伊勢湾岸地域の村の家へ向かった。
そして午後5時過ぎには、大半の引っ越し荷物が、村の家への移動を終えた。

      引っ越し、池村・2の1
引っ越し専門業者の2台のトラックは、作業終盤から降り出した雨の中を、三重県津市の営業所経由で、京都のセンターへ帰って行った。

      引っ越し、池村・3
現地に残ったのは、大量の荷物とぼく、である。
引っ越し業者が用意してくれた段ボール箱が50~60箱。 ぼくたちが自分でスーパーなどからもらってきて荷詰めをした段ボールが100箱以上。

      引っ越し、池村・5
段ボール製やプラスチック製の衣装ケースや布製品入れが20ケースぐらい。

      引っ越し、池村・4
キッチンの大きい食器棚や什器、ぼくたちが50年近く、日々の生活の中で使ってきた、愛着のある食器そのものを詰めた段ボールがたくさん。
焼物(陶磁器)は、四国や、東北や、北陸などを旅した折々に、少ない旅費を工面して、細やかに買い集めたものが段々溜まった。

      引っ越し、池村・6
リビングに仮置きした、自分で1990年代初頭に、信州で手作りしたカントリー風の物置棚。(上の写真、右側の青と白に塗ってある棚)
この棚に昔、手作り人形や、手作りのステンドグラスアクセサリーや銀細工などを並べて、信州の自分の小さなギャラリーで、絵や版画などと一緒に展示して売っていた。信州が懐かしい、、、
      引っ越し、池村・7
布団や毛布は、これで何人分かな、4,5人分?(納戸の中には既に4,5人分が、別に保管してある。)真冬でなければ、4,5人の客ならいつ来ても大丈夫だろうと思う。

そして、ぼくの故郷の実家から昔、自分で運んで来て使っている、各種の木箱類も現役だ。
この他に、木製の本棚が6本とスチール製の本棚が3本。家人の親戚や、ぼくの知人からいただいた骨董品の、大きい洋行用トランク2竿と、昔々の鉄製のでっかいタイプライターが一台。 他にもラック類などいろいろ。それらすべてを写真に写してアップしても仕方がないから、もういい加減にしておこう。(全体で、これらの写真の2倍以上の分量を運んだ。)

      引っ越し、池村・8
これまでに、ぼく一人で、村の家と町の家を往復する度に、段ボールに詰めた荷物(そのほとんどは、ぼくの大事な古いマンガ本や、歴史民俗学関係の資料本など)を、多分200箱以上、少なくとも今回運んだ分量よりずっとたくさん運んである。

これでいよいよ、ぼくの人生も終盤だ。
自分にまだ発揮できる力が残っていれば、その力を尽くして、こういうことがやりたくて生きてきた、ということを実現してみたい。
それは簡明に言えば「雑草のような生き様で、一生を貫徹したい」ということだ。
どうなるか、、、自分で自分に、、、乞う、ご期待!!

 ( 2018・10/24 )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------



Comment:0  Trackback:0
2018
10.18

引越しのこと〔2〕 (blog,653p)

ぼくは経済的な理由もあって、ほとんど高速道路は使わない。(基本的に普段から、自転車で走ったり、足で歩いたりする方が好きだし、その方が目に入る景色が豊かだと思っている。)

村の家を往復するには、一般国道などを走っても、京都の家から三重の村の家の玄関先まで、4時間前後(スムーズに行ければ3時間少々)で到着する。(高速を走ればちょうど2時間) 
これまで、引っ越す度に荷物が増えて、今回は引っ越し業者の2トントラック・ロングボディーと、4トントラックの混成で3台以上のもの凄い荷物になった。(それでもピアノとか冷蔵庫とかは町の家へ置いて行く。)最初の荷物は、すでに5年前に2トントラックのロングボディーにギリギリ満杯に積んで、運んでもらってあった。

一応、今回がぼくの大きい引越しとしてはラストのつもりでいる。
やりたいことは年々増えて、人生は年々残り少なくなるけれど、ここからが、今までで一番楽しい時代にできるといいなと思って頑張っている。

10月引越し・1
昨日の午後3時半から、引っ越し業者さんの大きいトラックが2台やってきて、もの凄いたくさんの荷物を、3人の作業員さんたちがどんどん運び出し、積み込んで、6時半頃に、一旦営業所へ引き上げていった。

10月引越し・2
今日の朝9時頃に、片方のトラックがもう一度やってきて、積み残した荷物を積んで、すでに荷室一杯に荷物を載せてあるぼくの自動車も同行して、3台で村の家へ出発する。
家族はまだ京都にいて、荷物を降ろしたら、ぼくは22日の夜にまた町の家へ戻ってくる。

今後もまだまだ当分、忙しい日々が続く。(たぶん引越しが完了して、荷物をある程度片付けて、村の家でマンガを画けるようになるのは、早くても今年の暮れ位になるだろう。)

 ( 2018・10/18 )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------



Comment:0  Trackback:0
2018
10.17

引越しのこと〔1〕 (blog,652p)

毎日、忙しく引っ越しのための荷造りをしている。
(ぼくは昼と夜がひっくり返った生活形態で長年暮らしているので、なかなかうまく一日の活動時間が使えない。だからこういう、追い込みの時でも、忙しいといっても、せいぜい一日8時間程度しか実質労働ができないのが問題だが、)
まあ、とにかく段ボールへどんどん引っ越し荷物を詰めている。

もう10月17日になった。
明日18日の昼から、最初の引っ越しトラックがやってきて、家具や生活用具などを積み込む。
その次の19日の朝は8時半から2台目の大きいトラックがやってきて、とにかくあらゆる荷物を積めるだけ積んで、そのまま、三重県の村の家へ、2台の引っ越しトラックと、ぼくの自動車の、合計3台の車で引っ越し荷物を一気に運んで行く。

今回は取敢えず、向うで荷物を所定の場所へ降ろしたら、ぼくはなるべく早く、京都の家へ帰って来る。
そして、今月末近くの26日に、家人の母が病院から退院する日に、今度は母を迎えに行って、車椅子シートに母を載せて、家人とぼくの3人で、そのまま三重の村の家へ引っ越して行く。
あと10日で、人生の3分の2を暮らした京都を離れることになった。
これからは、村の暮らしがベースになる。
畑仕事も、魚釣りも、マンガと絵を描くことも、音楽のある暮らしも、あれもこれも、全部実現して楽しく頑張って暮らすぞー!!

 ( 2018・10/17 )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------



Comment:0  Trackback:0
back-to-top