2017
02.24

村の家での愉しみ (blog,473p)

Category: 村の家にて
村の家には今のところまだコンピューターを置いていません。

元々昔からあまりテレビなどを観てこなかったうえに一切の携帯ツールも不所持のぼくにとって、パソコンが無いのはかなり不便で「あれば便利だとは分かっている」のですが、家が改修出来上がって引っ越して暮らせるようになるまでは設置するまいと決めてここまで3年数か月を過ごしてきました。

パソコンもなく、ステレオやラジカセの音楽も聴かないで過ごすと、夜間はけっこう時間が余るほどの感覚を得られます。そこで村の家に滞在中、ぼくにしてはたくさんの本を読むことになります。
       2017_02 17_持って行く本・1
ぼくは本を読むスピードが非常に遅いのですが、それでも文庫本や新書版なら一晩か二晩位で一冊読めますし、理論書や論文集や厚めの単行本でもおもしろければ数日で読了できます。
今回はこれらの本を持って移動します。

        2017_02 17_持って行く本・2
ここから上の写真2枚(↑)が文章本で、小説あり論文集あり、エッセイあり、軽い読み物ありという具合でいつでもこれと決まった傾向のものに限定しないで【本を読む楽しさ】そのものを求めて雑多読みをしています。(無論、興味が募れば同じ傾向の本を読み漁ることもままある。)
そしてここから下の写真2枚がぼくの大事なコレクションのたいへん古いマンガ本です。
               ↓         ↓
        2017_02 17_持って行く本・3
村の家には既にこれまで3年間以上に亘って少しづつ町の家から本を運んでいますが、大事な本はほとんど今はまだ家族が暮らしている町の家に保管しています。(とくにぼくにとっては何よりも貴重な『古いマンガ本』はすべて町の家に置いてある。)

一ヶ月の半分しか滞在しない村の家へ【一旦失ったら二度と入手できないであろう古いマンガ本の数々】を置き放しにしておく無謀な勇気はありませんので、毎回往復する度にだいたい段ボール箱1個か2個分位(4,50冊~7,80冊程)を持って行って眺めて嬉しがって、帰る時にはまた箱に詰めて持ち帰るという次第です。

       2017_02 17_持って行く本・4
                     ↑        ↑
この写真に写してある9冊のマンガ本の内、下から2列の中央と右側を合わせた4冊の冊子は多分今では日本中探しても何冊も見つけられないだろうマンガ本で、もしかするとぼくが失ってしまうともう誰の目にも触れ得ないものになってしまうかもしれません。

ぼくは自分が所持する他では見たことがないような希少マンガ本(冊子)を、一度もちゃんと整理したことがないので正確な数が判りませんが、今までに少なくとも百冊か二百冊位は集めてきました。(古いマンガ本全体のコレクションは二千冊か三千冊位になるかと思う。)

これからいよいよ村の家の資料室(仕事部屋)でそうした古い楽しい素朴なマンガ本を資料として整理して、なにか自分なりにそうした漫画本の世界を残す努力や「誰にも知られていないマンガがあること」を、ぼく自身のように素朴にマンガの好きな人たちにいろいろな方法と形で伝える努力をして行きたいと夢見ています。

 ( 2017・2/24,up )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2017
02.21

母屋にも合併浄化槽 (blog,472p)

Category: 村の家にて
母屋の前庭の一角に新たに『合併浄化槽』が埋設されました。
地面の下にざっと縦1.6メートル x 横0.9メートル x 深さ1.0メートルほどのFRP素材の浄化水槽が埋められました。

       2017_01 31_合併浄化槽、母屋・1
そして、周囲を一旦土で埋め戻した上に二つのマンホールと一本の清掃用煙突が地上に開口部として残されます。
その時点でマンホール蓋の水平位置(つまりこの後の地上平面高さ)を、ぼくが「今後の庭の花壇作りや玄関へのアプローチ通路と庭の高さ等を勘案しながら」決定しました。

        2017_01 31_合併浄化槽、母屋・2
これで村の家の敷地内に合わせて2機の合併浄化槽が埋設されました。(去年埋設された大きい方の浄化槽はギャラリーとカフェ用の17人槽だった。)
今回の母屋用の浄化槽は家族住宅用ということで家の建坪面積による計算から「5人槽」と決められていました。(建築会社さんが手続きして許可をとってくれたので相手方管轄者が県なのか町や村の水道局なのかよく分からない。)

         2017_01 31_合併浄化槽、母屋・3
未だ母屋での生活が始まっていないし台所もお風呂もトイレも未使用なので稼働はしていませんが、こうして覗きこんでみると何か「いかにもプラント」という感じがしてちょっと感興が湧いてきます。
2017_01 31_合併浄化槽、母屋・4 2017_02 01_合併浄化槽、母屋・5
翌日、このプラントはコンクリートで固められたのですが(上の写真、左右2枚)その時、蓋の地上面もぐんと低く削ってもらいました。(地上面を18センチ下げてみた。う…ん、ちょっと地面を低くし過ぎたかも知れない、、)
もし今後、これでは地上面が低過ぎたということになったら、その時は自分でセメント容積を追加積層して最終的に高さを決め直せばいいと思います。

 ( 2017・2/21,up )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------


Comment:0  Trackback:0
2017
02.18

バレンタインデーあり? (blog,471p)

Category: 町の家にて
今回町の家へ帰っている間にはやりたいことが実行しきれず宿題がたくさん残ってしまいました。
でもまた村の家へ行く時が来ましたので、今夜あたりから暫く行ってきます。(村の家の改修改築工事がやっと仕上げ段階に達してきているので出来るだけ現場を確認しておきたい。)

今回は自動車の車検があったついでに〔最近相当調子が悪くなっていた車の足回り全体〕の補修整備もディーラーに頼みました。
その結果、車軸と車輪を繋ぐベアリングやサスペンション部品の全面的な交換や気化器系統の補修など、同じクラスの新車を買う10分の1ほどの高い修理整備代金がかかりました。
家計には痛い出費になりましたが車検も済んで走ってみると、以前よりも何倍もスムーズに運転できて安心感が増したので精神的にもよかったと思っています。

ぼくの自動車は新車購入から今年で15年目、走行距離は11万600キロメートルになりました。

この間一番怖かった経験は『3年前に高速道路走行中に前車輪がバーストしたこと』と『去年、バイパス道路を走行中に大型トラックを追い越そうとして困難な状況が発生、ボンネット左側部分がトラックの後部荷台右側鉄板に接触して危うく大事故になるギリギリ手前で助かったこと』の二回の危機でした。(その傷はそのままにしてある。毎回乗る度にそれを見て自分で反省して慎重に運転するように心掛けている。)

        2017_02 17_バレンタイン・1
                        ↑    ↑
先日のバレンタインデーに家人の母からモロゾフのチョコをもらいました。(ブルーの缶入りの方。ちょうど遊びにきた従姉妹も一緒に「家族全員」で少しづつ分けて食べた)

それと家人と娘が作ってくれたナッツ入りブラウニー(ぼくの分はおまけだが、)これは村の家へ持って行って熱いブランデー紅茶で食べる予定です。
            ↓    ↓
        2017_02 17_バレンタイン・2
そして今日、家人は新たに『人参ケーキ』(クルミとレーズンもたっぷり入っている。シナモンシュガー味)も作ってくれたので村の家での【孤独なティータイム】が楽しみです。
                ↓        ↓
        2017_02 17_バレンタイン・3
とは言っても、隣りの山の林には数百羽かそれ以上のカラスの塒(ねぐら)はあるし、敷地内にもタヌキやアライグマやモグラや野良ネコが住みついてるようだし、ムカデもマムシも蛙もトンボも蝉も蝶々もゴキブリもネズミもスズメ蜂も、とても書き尽くせないたくさんの生き物たちが次々に山ほど生まれて来るとこだから、あんまり孤独をかこつてる暇もないけどね。

 ( 2017・2/17 記、18, up )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------


Comment:0  Trackback:0
2017
02.13

アドルフ・ヴェルフリ展 (blog,470p)

2月11日土曜日の午後、電車に乗って家人と二人で前から好きだったスイスのアール・ブリュット画家、アドルフ・ヴェルフリ展を観に行ってきました。
前々日の9日から降った雪が当日の朝未明、まだ町の家の裏庭に積っていましたので天侯を気にしていましたが、アスファルト道路には残雪もなくどうやら行けそうだというので出掛けました。
         2017_02 11_ヴェルフリ展・前日
     (我家の裏庭から隣の家を見たところ。右上の方に光っているのは月)

そして駅についてホームで電車を待っていると「隣県の大雪のために到着列車が遅れている」というアナウンスが繰り返されていました。
そこから約70キロ程西の方にある二つ隣の県の瀬戸内海に面した町の美術館まで行ったのです。
いつもはほとんど自分で自動車を運転して移動するばかりで電車に乗ることが無くなって久しいので70キロ位の距離でも列車の乗客になると嬉しく感じてずっと車窓から町の風景の向こうに見える山々を眺めていました。
      2017_02 11_ヴェルフリ展・当日
(美術館は超有名建築家が大きい予算で設計したものだが出来の悪さばかりが目につく不便でひどい建築物で心底ガッカリした。上の写真は館内2階通路から港の方を眺めたもの)

【アール・ブリュット】(美の原質=芸術の神髄)という作品と作家に対する尊称を初めて用いたのはフランスの美術家(画家、造形家)のジャン・デビュッフェという人だと以前美術書で読みました。(デビュッフェの作品も良いけどちょっと退屈な面があるとぼくは思う。)
それは英語圏で【アウトサイダー・アート】(もう一つの芸術)と呼ばれるカテゴリーになっているものと大体同じです。(ただし米国の場合、かなり商業的な指向性が強いとぼくは感じている。)
     2017_02 12_ヴェルフリ展・3
(ヴェルフリの作品は基本的に『新聞紙を全部広げた大きさ』の紙に鉛筆の線と白黒の濃淡か、色鉛筆の彩色で描かれている。それには理由がある。)

ぼくがヴェルフリの作品を始めて見たのはもう30年も前のことになりますが、その時にはほんの数枚でした。
その後1993年になって東京世田谷美術館の『パラレルヴィジョン』という展覧会でもまた数点の作品を見ることができましたが、今回ほど多くの作品が並んだ展覧会を見るのは初めてです。(もちろん日本国内では今回が最初のヴェルフリ作品だけの大展覧会になる。)

     2017_02 12_ヴェルフリ展・4
ヴェルフリは自分のことを【孤児(みなしご)で大作曲家で理想郷の王様で聖人で大工さんで農事労働者で冒険旅行家で宇宙開拓者で数学者で大資産管理者で怒れる日雇い労働者だ】と思っていたようです。(もっといろいろな大空想の人だったらしい)

彼は1864年にスイスのベルンで生まれ、早くに両親を亡くし、差別と偏見の中で貧しく厳しいパンと寝床を得るための労働する少年(孤児)時代を送り、青年時代に2回の少女強姦未遂事件を起こして監獄で2年間の懲役に服し、その後3度目の同犯罪事件を起こして精神科病院へ矯正隔離(拘束)されてからついに生涯病院を出所することなく囚われの一生を送り、亡くなったのは1930年66歳の年でした。(その間に病院の外へ出たのは収容患者たちが遠足で離れた町へ往復した僅かな回数しかなかったという。)

     2017_02 12_ヴェルフリ展・5
ヴェルフリの作品のほとんど全ては彼自身の大空想の自伝物語と大作曲活動の譜面とそれらを説明したり解説するイラストや絵画の組み合わせによって同じ大きさの紙と鉛筆と色鉛筆による筆記と描画で創作され膨大なノート(本)の形で表現されたものだそうです。(それらの紙と鉛筆は病院から与えられた材料だったために作品はいつも同じ表現様式とスケールとなった。)

彼は病院に拘留されて5年後の1899年頃から絵や物語文字や数字列を描き始めたようですが、病院当局からそれらは意味や価値を認められず1904年になるまで全ての作品が処分されてしまって何も残っていないということです。

しかしその後、いろいろな機会が彼の作品と身の上に訪れて段々と広く存在が知られることになり、1910年代半ば以降は作品の大半が保存されることになって今ではヨーロッパをはじめ世界中でヴェルフリは【現代芸術の創始者の最も重要な人物の一人】となっています。(作品を保存したのはヴェルフリ自身だった。)
と、今回買って来た展覧会カタログ『レゾネ』に解説が書かれていました。

現在保存されている彼の『作品』は新聞全紙大の絵画1,600点とコラージュ1,600点を含む稀有壮大な楽譜と自叙伝など(45冊の厚い糸綴じ本および別の学習ノート16冊)で合計2万5千ページにのぼる創作物が有るそうです。
これ全体をヴェルフリは精神科病院の中の自室(ある時期は暴力を振るって長期間独房に入れられていた)で22年間に亘り描き続けたのだそうです。

  2017_02 12_ヴェルフリ展・1  2017_02 11_ヴェルフリ展・2
今回ぼくは展覧会場へ入って直ぐの壁に展示されていた鉛筆だけで描かれた2枚のモノクロ画に先ず圧倒されました。
そして合計74作品を観了わるのに3時間近くかかり、会場を後にする際にヴェルフリと作品へのオマージュをこめて彼が自分の作品を指差すポーズを真似て写真を撮ってきました。

ぼくもささやかですが創作意欲を持つ人間なので今回の展覧会を見ることができて嬉しかったです。画くぞー!描くぞー!と改めて思っている次第です。

 ( 2017・2/13 )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------


Comment:0  Trackback:0
2017
02.10

柑橘類、豊作です (blog,469p)

Category: 村の家にて
去年の夏以降、忙しくしていて畑仕事ができていませんでしたので、一年前の冬にはたくさん収穫した大根や白菜やレタス、春菊やホーレン草のような野菜が全くありません。

しかし村の家へ通うようになってから4回目の冬を迎えている今年も、屋敷内の『柑橘類』だけはすべて順調に成育を続けてたくさんの実をつけてくれました。(大した世話もしなかったのにありがたいことだなあ)

2017_02 01_かんきつ類・1 2017_02 01_かんきつ類・2
       ↑    ↑
中でも今年の特筆物は上の写真・左側の『レモン』です。(右側の写真↑は『キンカン』)
レモンは最初の年と2年目の冬は5個とか6個程しか実が生らなかったので柑橘類栽培方法の本を読んだりしてみたのですが、あまり有効な手立ては見つけられず、ぼくが勝手な素人判断で古い枝とその年の夏に伸びた枝を適当に剪定したり根周りの下草を刈って少しだけ生ごみ堆肥を埋めてみたりしていました。
そんな程度のことでも効果があったのかどうか、一昨年はあまり形はよくありませんでしたが10数個の実が生ったので去年はどうなるかなと観ていました。

そうしたら何と一気に爆発的に花が咲き、着果して、その数およそ100個位ありそうです。
これにはビックリしています。
もう既に去年の晩秋から1個2個と少しづつ他所へ差し上げたり自分たちで食べたりしてきていますが、こんな大量のレモンはとても内々で消費できるものではありません。

今回持ち帰った分だけでも30個位はありますから柑橘類をいろいろ混ぜて明日から知り合いに配って歩こうと思っています。

2017_02 01_かんきつ類・3 2017_02 01_かんきつ類・4
       ↑    ↑
こちらは左に写っているのが『夏ミカン』で、右側の写真は『八朔柑』↑ ↑ です。
庭には柑橘類が何本も植えられています。(ぼくたちが植えたわけではなくて元の地主さん家族が植えて育てておいてくれた果樹のあれこれ)
今までにも何度も載せてきたけれど果樹の中では柑橘類が最も多くて上記のように『キンカン』(1本)『レモン』(1本)『八朔柑』(1本)『夏ミカン』(2本)そして、もう収穫は昨年末に終ってしまったけれど『温州ミカン』が2本あります。

毎年のことですが、ぼくが種を蒔こうが苗を植えようが農作物の収穫についてはとても100%自分の自由にはなりません。
畑や庭地で栽培するのですから野生動物にしてみれば全てが自分たちのための食料だと思っているに違いありません。(実際、村の我家の環境は、人間にとっても野生動物にとってもたいへんに開放的で誰でも出入り自由!)
それでやっと今が収穫時、食べ頃かな、と思う頃になると栗でも柿でもミカンでもさつま芋でもイチジクでもベリー類でも例外なく必ず野生動物の食害にあってしまいます。

  2017_02 01_かんきつ類・5    2017_02 01_かんきつ類・6
          ↑                    ↑
これはムクドリやカラスやカケス?その他ぼくは種別出来ないのですがいろいろな野鳥がいてそれらの鳥たちの誰かが突ついて落とした八朔柑です。7,8個落ちていました。(離れた場所の夏ミカンの方も同様の被害を受けている。)

今までにぼくが度々目撃している野生動物は『アライグマ』と『タヌキ』と『野良ネコ』と『カラス』や『雉鳥(キジ)』や『鳩』や『ムクドリ』『ヒヨドリ』『ヒタキ鳥』等のたくさんの野鳥と『ヘビ』や『カエル』やまだ生きた姿は見ていませんがたくさんの『モグラ』もいるし去年の5月、6月にこのブログに載せたようにトガリネズミによく似た姿の『ジネズミ』の死体もありました。

まあ当分はぼくたちにとってこの土地は自分たちの『天地創造神話』が生まれる『カオスの地』ということになるのでしょう。

       2017_02 07_かんきつ類・7
一つのエリアに植えて育ててあるせいか元々近い種類だからなのか分かりませんが『八朔柑』と『夏ミカン』は収穫後に混ざってしまうとなかなか見分けがつき難いものです。(よーく見れば判ることは分かるが)それで収穫時にはちゃんと種分けして別々の入れ物で保管します。

樹木に実が生っている写真を並べてもなかなかそれぞれの果実の質感や大きさが認識できません。でもこうしてみんな並べて見れば一目瞭然です。(写真・上)
小さいキンカンと色と形が独特のレモン(左端)は誰でもすぐに分かります。
大きい二つの内、左側(写真の真ん中)が八朔で、右側が夏ミカンです。これを見分けるのはかなり難しいです。(でも食べ方も用途も大体ほとんど同じなので絶対厳格に分けておかなくちゃいけないということもなさそう)
というわけで我家では毎年一年間食べ続けるマーマレードジャムを作るのに夏ミカンも八朔も一応別々に調理して作りますが、食べる時は特別意識してはいません。

        2017_02 01_かんきつ類・8
そして今年最初のマーマレードジャムを家人が作ってくれました。(やっぱり手づくりジャムは美味しいなあ!)

 ( 2017・2/10 )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------


Comment:0  Trackback:0
2017
02.07

玄関先が完成 (blog,468p)

Category: 村の家にて
1月30日から昨夜2月6日まで一週間、また村の家へ行ってきました。
今回行った目的は、母屋の改修改築工事進捗に伴う現場確認と合併浄化槽天辺コンクリート打ちの高さの決定をするためでした。

今日の書き込みはその内の一つ『玄関前』の「踏み台部分」が造られて行く過程についてです。
この部分の呼び方を知らないのですが(昔は多分「玄関前のタタキ」とか言ったような気もする)今様の言い方なら「ポーチ」とか言うのでしょうかね。

      2017_01 20_玄関前・1
元々この家の玄関先は上の写真に写っている通り、実際にセメントタタキの構造だったようで玄関引き戸の敷居も今回の改築前にはほぼ地面のままの高さにありました。

それを今回は30センチ弱位、玄関先の床面高さを上げてもらって引き戸内側のタタキ面も高くして玄関内側と外側の水平を合わせてアプローチとしての機能を明確にすることにしました。

      2017_01 30_玄関前・2
出入り口に段差をつけることで外部地面から直接玄関の空間へ出入りしていた虫(ダンゴムシ、ゴキブリ、ムカデ等々)やヘビやカエルなどに一定の制御が利くだろうと思いますし、もし台風などで洪水があってもだいたいこれで玄関から家の中へ雨水や濁流が浸水してくるようなことは防げるのではないかと思います。

      2017_01 31_玄関前・3
今回滞在中の一週間の内に、この踏み台部分は↑写真↑の下地のセメントの上にきれいな大きいタイルが貼られて、丁度ぼくが町の家への帰り仕度をしていた昨日6日の午後に素晴らしい玄関外タタキが完成したのですが、うっかりそのきれいな仕上がりの姿を写真に撮らずに帰って来てしまいました。
次回行ったら最初にこの玄関の完成写真を撮らなくちゃ。

 ( 2017・2/7 )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------


Comment:0  Trackback:0
2017
02.03

ギャラリー前もスッキリ (blog,467p)

Category: 村の家にて
前回のブログでは母屋周りの廃材の山がぼくにとっては新たに小屋などを作るための『建築資材』になるだろうということで廃棄処分をしないで場所を定めて保管することにしたことを載せました。

こちらは元の家主さんご家族が何十年かこの家で暮らしてきた名残の生活用具が、数回に亘って処分された最後の片付けのビフォー・アフターの写真です。

     2016_12 08_廃棄処分・1
        ( 上の写真がビフォー ↑ で、下の写真がアフター ↓ )

背丈1,8メートルの家庭用冷蔵庫が2台、食器棚や居間や客間のソファーや椅子やベッドやマットレスや布団や衣装ケースなど様々な荷物が業者さんに廃棄処分してもらってやっと表通りからの眺めも少しスッキリしました。(今までに既にこの2~3倍位の生活ゴミを処分してもらって来た。今回が最後の処分。)

実は「早くこのゴミを片付けてゴミ屋敷のような印象を払拭してくれないか」とご近所から苦情が出ていたようですので、ぼくたちもホッとしました。

     2017_01 20_廃棄処分・2
この空き地になった部分は元々は20坪位の畑地でした。
しかし現在は母屋横手にあった鉄筋コンクリートとブロック造りの浴室や物置、洗面所、洗濯場だった建物を解体撤去した瓦礫などが埋まっていて、作物栽培は出来ません。

建築会社さんは最後にここをもう一度畑に戻してあげますと言ってくれていたのですが、雨水や合併浄化槽からの排水パイプを埋めたりして畑に復元しても以前の半分位しか使えず、他の耕作地から離れていて耕運機を使い難いし、よく考えた結果、やはりもう畑は諦めてここはギャラリーを訪ねてくれるお客さん用の駐車スペースにしようと決めました。
もう直きにその工事が始まる予定です。
こうしてやっと、段々『マンガのある農園』完成が近付いてきています。

 ( 2017・2/3,up )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------


Comment:0  Trackback:0
back-to-top