FC2ブログ
2018
05.16

ヨモギのこと (blog,614p)

Category: 畑を味わう
今回の記事のカテゴリーは「畑を味わう」にしてありますが栽培作物を食べるというわけではありません。『ヨモギ』のことを書こうと思います。
下の写真でご覧の通りヨモギはぼくたちの畑ではスギナと一緒に生えてくる『雑草』です。

ヨモギ・1 ヨモギ・2
雑草といっても【なんとか撲滅しなければ!】などという対象ではありません。
いつも書いている通りぼくは相当大変な思いをさせられる相手の雑草であってもどちらかというと好きなので(スギナは根が深く伸び、引き抜き難いのでかなり困るのですが)ヨモギならば全然困ることなんかありません。むしろウェルカム!なのです。
ぼくは時々、若いヨモギがたくさん育ってきたところを見計らって摘んで街の家へ持ち帰ります。
       ヨモギ・3
                 ↑     ↑
           〔1〕 それを家人が丁寧に洗って

      ヨモギ・4
                 ↑     ↑
〔2〕 茹でて茎を取り除いて水気をはたき、葉っぱだけを擂り鉢で擂って「食材のヨモギ」が出来上がります。        ↓     ↓

         ヨモギ・5
この『天然ヨモギ』をたっぷり入れてお餅を作ると、本当に香り豊かな、そして食べる時に伸びすぎない(つまり割と噛み切りやすい)美味しい本物の『草餅』が出来上がります。
これは絶品です!『餡餅』は和菓子として食べてもおいしいし『ただ丸めただけの草餅』を後日焼いて砂糖醤油や黄粉で味付けして食べるのも最高です。

         ヨモギ・6
  (上の写真、手前が小豆の粒餡入り草餅で向う側、容器の中にあるのがただの草餅)

ヨモギはどんどん成長して時を逸すると茎がすっかり強く太くなり、葉っぱもゴワゴワ感が出て軟らかさが薄れ食べられない状態になって行きます。
それでまだ柔らかい若いヨモギをたくさん採取すると(家人は手間仕事で大変ですが)草餅を作っただけでは消費できません。
残ったヨモギは冷蔵庫で保管して、次は『ヨモギパン』を作ってくれました。
                  ↓    ↓
        ヨモギ・7
このヨモギパンがまたうまいこと!これもお餅と同じように『ヨモギあんパン』と『ただのヨモギパン』の2種類作ってくれて、朝食のトーストにも、おやつにももってこいでした。

お餅もパンも2回づつ作ってくれたのですが、どちらもスーパーやパン屋さんで買うものとは一味違う出来上がりになります。
今年はもうヨモギもすっかり薹(とう)が立ってしまって次に行っても食べられそうな若い葉や茎は無くなっているかもしれませんが、もしまだ新しい芽が出ているところがあったらもう一度ヨモギを摘んできてこのおいしい草餅とヨモギパンを食べたいと思います。
(毎回パンは家人が一人で作ってくれるのですが、お餅作りはぼくが家にいる時は協力して作っています。)

ということで、また村の家へ行ってきます。

( 2018・5/10記、5/16,up )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------



スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2018
05.14

柑橘系を楽しむ (blog,613p)

Category: 畑を味わう
ずっと記述していますが、今年は村の家と町の家の往き来が頻繁で予定が詰まっていて村の家での畑作業にも工事にも常に追いかけられているために、ゆっくり情景の変化を観察する余裕がなくなっています。

例年ならば夏ミカンや八朔ミカンやレモンや金柑などの柑橘類が採取できる頃には、それらを収穫した籠とか段ボールとかの入れ物を並べて写真も撮っているはずなのですが、今年はパソコン内のファイルを見返して探してみても全くそういう写真が一枚もありませんでした。

      柑橘系・1
それで、夏ミカン(樹は2本ある)とレモンの樹(1本だけ)の写真が2月と3月に数枚だけ写してあったのを使います。(写真・上が夏ミカンで、写真・下がレモンの樹です)

      柑橘系・2
今年も『夏ミカン』と『八朔ミカン』と『レモン』を合わせればおそらく500個以上(もしかしたら600個以上)もの大量の柑橘系果樹を収穫しました。(もう5月になった今現在もまだそれぞれの樹には数十個の果実が残っている)

それらの果実の収穫物の半分か60%位は、町の家へ持ち帰って友人知人や行きつけのライブハウスなどへお届けして何とか消費してもらおうとしてきましたが、なんせ多過ぎて毎年100個200個単位で渡しきれず自分たちでも利用しきれない在庫ができて、一ヶ月も経つともう食べられない形態、状態に変化してしまったものを仕方なくまた村の家へ運んで裏山の斜面にバラバラと捨てて処分しています。(勿体無いのですが、今のところ本当に時間的にも行動の上でも余裕が無くてこれ以上有効な利用方法も考えられません)

        柑橘系・3
ですが、持ち帰った柑橘類の中のほんの少しは家人が毎年『マーマレード・ジャム』にしてくれたり『レモンシロップ』を作ってくれたりして、どれも保存食品ですからこれがほぼ一年分のぼくたちの朝食のジャムの一品や、夏の暑い時に炭酸割りや水割りで飲むレモネードの原料になってくれています。(もちろん、余裕がある年にはぼく自身も一応ジャム作りなどには参加しています)
来年はイチゴも栽培する予定なのできっと自家製ジャムの種類も増えることでしょう。

         柑橘系・4
スーパーで売っている柑橘類にはほぼ100%殺虫剤や合成保存料や保湿ワックスの散布またはコーティングがされていますから皮までムシャムシャと食べて楽しむことは出来ませんが、そこは5年間完全無農薬栽培を続けている我が家の柑橘類は「誰にでも安心して食べてもらえる」のが細やかな自慢ですし自分たち自身の喜びにもなっています。

        柑橘系・5
このレモンシロップは各種のお酒でカクテルしても美味しい!!
ぼくはあまりお酒は飲めないし飲まないけれど、少しだけグラスに入れて楽しむのはぼくにとっては何というかこんなことができるのはちょっとした贅沢のように感じられます。

( 2018・5/10記、5/14,up )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------



Comment:0  Trackback:0
2018
05.11

ブラックベリー (blog,612p)

Category: 畑のあれこれ
今回の滞在で、ジャガイモ畑の芽欠きと雑草引きの作業を一日で終わらせることができなくて丸2日分位の労働になりました。
それで石垣積みの作業があまりできなかったわけですが、ジャガイモを植えた畝の南側の(畑の端)には毎年きれいな花が咲く躑躅(ツツジ)の生け垣があります。

その生け垣の内側に3年前に家人が友人からいただいた『ブラックベリー』の分木を持って行って植えたのが一昨年も去年もあちこちにツルを伸ばして実が着きました。

     ブラックベリー・2
            ↑ (雑草がいっぱい生えていた時) ↑

それがまた今年も少し根が張る位置とツルの伸びる場所を移した形で元気に伸びてきてくれたので、ジャガイモの畝の雑草を根引きした後で下草をきれいに引き抜きました。

        ↓ (雑草を引き抜いた後、スッキリして土が見える) ↓
     ブラックベリー・3
上の写真、右手の『三枚葉の蔓草』の叢がブラックベリーです。これでスケールは1メートル x 2メートル位の叢、そしてよく見てもらえるとその葉っぱの塊からズーッと左上の方へ同じ葉っぱの太いツルが何メートルか伸びて行っていることが分かるでしょうか?
それらの全体がこれから花が咲いてブラックベリーの実が生るツルです。

ブラックベリー・ジャムも毎年作るようになりました。毎年その果実はたくさん採取できますがプチプチの噛みこなすことができない小さな種粒がたくさんあるので家人がしっかり濾して果肉(というかほとんどジュース状態)だけにして作るためにジャムソースになって、分量も多くは仕上がらないので我が家では朝のパン食卓の『高級な一品』になります。(味も高級に仕上がります)
ということで今年ももう少ししたら花が咲くでしょう。楽しみにしています。

( 2018・5/9記、5/11,up )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------



Comment:0  Trackback:0
2018
05.08

石垣積み、現状 (blog,611p)

昨日、東京の知人から「娘さん夫婦やお孫さんたちと同居することになって建て替えていた家」が完成して(建築工事中の仮住まいから)自宅へ戻ったとの知らせが届きました。
(このご夫婦はぼくと家人が東京で出会った時から、いつもぼくたちの暮らしを助けてくれた恩人で世代も大先輩にあたる方々なのですが、全く偉ぶることなく友達付き合いをしてくれています)
ぼくたちも早く工事を完了して引っ越して、先ずはこの方々に村の家に訪ねて来ていただいて感謝したいと思っていて、そのことはいつもお伝えしているのですが、如何せん工事がいつまで経っても完了しません。

      石垣積み現在・1
前回4月21日までの村の家滞在中にやっと石垣復元工事に取り掛かって上の写真の段階まで溝に石を詰めて、京都の家での用事を済ますために町へ戻りました。

そして今度の往復は4月28日から5月3日深夜までの日程でした。
出来ればこの滞在中に石垣積み作業を完了して一日も早く(今、大きい石がゴロゴロ置いてある)平面部分にセメント張りをする工事に進みたいと思っていたのですが、行ってみると畑がもうこれ以上放置できない状態だったので丸二日間掛かって畑仕事を先に済ませ、何とか石積みをと思ったら雨が降って一日潰れ、正味一日しか作業はできませんでした。

      石垣積み現在・2
だからとても大きい石をを積み上げるところまでは進められず、下回りに基礎部分として掘ってある幅40センチほどの溝に小石や中石と古いコンクリートブロックを砕いた瓦礫材を詰めて、昔ながらの排水道を拵えただけで日程が尽きてしまってまた大急ぎで京都の家へ帰ってきました。
          石垣積み現在・3
それでも何とか次回行ったら大きい石を積み上げる作業をするための準備だけはこれで整ったのではないかと思えます。

今回の滞在も当初の目算はかなり狂ってしまって、屋敷内の土地全体までは注意が行き届かぬまま日が過ぎてしまったので、行った日にすぐ気が付けば食べられたかもしれない筍が、もう「竹のお兄ちゃんかお姉ちゃん」になってしまって3,4メートルまで伸びていました。(別の場所には6,7メートルまで伸びてしまったのも数本あった)

          石垣積み現在・4
町の家へ帰ってからの予定も少し変更があって、もう2日間ほど村の家滞在を延ばせば延ばせたということが分かりましたが、そうしたら別の用事に差障りが出てしまうことになって、なかなかうまく日程が収まらない状況です。

でもまあどうにかあれこれ何とか遣り過して、今日は昼間にちょっと出かける目的があって、明日の夜も行きたいところがあるので、その両方の用事が済んだらまたすぐに村の家へ行ってDIY工事を続けようと思っています。(今度行ったらこの写真の筍は多分「竹」になってしまっていることでしょう)

( 2018・5/8 )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------



Comment:0  Trackback:0
2018
05.05

ジャガイモの芽欠き (blog,610p)

Category: 畑のあれこれ
最近は京都の家と三重の畑のある家とを忙しく行ったり来たりしています。
どうしても早く引っ越したいので自分でやる工事をやり終えて業者さんから購入したトラックの荷台コンテナを物置として使うために設置したいのです。
それで今回も4月28日から5月3日まで大急ぎで往復してきました。

しかしプロでもないぼくの力量ではなかなか土建作業が捗りません。
それに、畑の作業も放置できない状況が続いています。

       ジャガイモ、芽欠き・1
今はジャガイモの芽がどんどん大きくなってもうこれ以上育ってしまわないうちに「芽欠き」をしないとせっかく株が大きくなっても土中に根球であるジャガイモが結実しなかったり、できても小さいイモが少ししか収穫できないという恐れがあります。

       ジャガイモ、芽欠き・2
雑草のスギナ(ツクシの草)が蔓延ってたいへん厄介ですが、その除草もしながらジャガイモの一個の種イモから4本も5本も地上に出てきた芽茎を剪定して最もよく育ちそうな茎1,2本だけを残して他の茎は引き抜いて行きます。(こうすると茎がたくさん育った場合よりも土中にジャガイモがたくさん着いてくれるのです)

         ジャガイモ、芽欠き・3
                 ↑       ↑
この上下の写真で、上が一つの種イモから5本ほど芽茎が育っている状態で、下の写真が出過ぎた芽茎を3本減らして元気に育ちそうな茎2本だけにした状態です。この時に雑草のスギナも引き抜いて畝をきれいにしてゆきます。
                 ↓       ↓
         ジャガイモ、芽欠き・4
この作業は姿勢が厳しくて腰を浮かせたまま屈み込んで手作業ですべての工程を遂行しますので、1時間か2時間やり続けていると腰が痛くなって、スッと立ち上がることが困難になります。
そして立ち上がっても30秒間位は腰が曲がったままにしながら徐々に上半身を伸ばさないと直立ができなくて、子どもの頃すっかり腰が曲がったお年寄りの姿をよく目にしたものでしたが、あれはこうした様々な労働を長年続けて暮らした人々の姿だったんだなあと分かります。
ぼくももしも運良く元気でこれから何年間かこの土地で『勝手に農業見習い』を続けることができたら、やがて腰が曲がったお爺さんになるのかもしれません。

       ジャガイモ、芽欠き・5
     (上の写真手前の畝の右側半分が芽欠きを終えた株で、左側の葉や茎
      が茂っている方がまだ芽欠きをしていない株です)

最初の予定では一週間ぐらい滞在してその中の一日だけでこの作業を全部終了してあとは全部土建の石垣積み作業をしてくるつもりでした。
しかし今年は例年より少し多く種芋を植えたことと、茎の育ちも雑草の根の張りも早かったことで芽欠きと第一回目の除草作業時間が二倍かかってしまいました。
その上、5月2日が昼から一日降り続いた雨でつぶれてせっかく行ったのに石垣積みのための作業は丸一日程度しかできずにまた大急ぎで町の家へ帰ってきた。というわけでもう気分は焦っていて鬱々としているのだけれど、どうしようもない状態です。

       ジャガイモ、芽欠き・6
     (一番上の写真のようだったジャガイモ畑がこういう感じになった)

それでもこうしてきれいになった畑と、まあちょっとでも石垣積みの基礎を作れた(小石、中石や使い古しのコンクリートブロックを砕いて大石を積み上げるために掘った溝に埋めた)ので、取敢えず往復した意味は少しはあったと自分で納得してまた数日後からその作業の続きをやりに行く予定です。

( 2018・5/5 )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------



Comment:0  Trackback:0
2018
05.01

ジャガイモの芽 (blog,609p)

Category: 畑のあれこれ
今日は3月末から4月初めに『ジャガイモの種イモを植えた』話の続きです。
本日の最初の写真はジャガイモを植えた畝の「定植から二週間後」の風景です。

今は村の家と町の家での滞在が以前とは逆になっていて、町の家へ4,5日帰って必要なことを済ますとすぐに村の家へ行って引っ越して来るためにやっておくべき工事などをしています。

       ジャガイモの芽・1
もう何が何でも引っ越すための作業が最優先です。なので去年からは畑作業は主力労働ではなくて副次的労働になってしまっています。
しかしそんな中でも一週間滞在すると一日か多くて二日程度、それも半日づつ位の時間割でこれだけはやっておきたいという畑仕事もやっています。
そのどうしても栽培したい野菜の一つがこの『ジャガイモ』です。

ジャガイモの芽・3  ジャガイモの芽・2
          ↑                     ↑
定植から約二週間後の畑に、土の盛上がりを発見して、近づいてよく見るとそこここに小さな芽が出始めていました。(今年は引っ越して暮らし始めるので家人の好みの『インカのめざめ』という種類の種イモを多く植えました)
インカのめざめは種芋の価格が他の種イモの2倍位するし生育した個体も小振りなので収穫量としては効率がいい種類ではありません。
ただこれはジャガイモとしてはぼくたちが普段よく食べているメークインや男爵芋に比べて非常に個性的な味わいがあります。

行ったこともないのですが(どことなく)ジャガイモのルーツであるアンデスのジャガイモに近いような気がして、薄くスライスして熱湯でサッと茹でた後、葉物の野菜やトマトなどと合わせて手作りのドレッシングをかけてサラダにすると抜群に美味しいです。

        ジャガイモの芽・4
植物たちは芽が出始めると、そこからは目覚ましく変化、成長をして行きます。

上の写真は芽が出始めてから一週間程経過した頃の畝の模様です。もう季節は桜の花も散って自然界の多くの草花たち(ほとんどが雑草です)が成長を競い合う時期になってきました。

そしてここから下の4枚の写真はさらにそれから一週間後のそれぞれの種類のジャガイモの畝の模様です。
種イモの状態によるのか種類による成長の個体差なのか分かりませんが今年初めて植えてみた『北海コガネ』という北海道産の種類(味と形態はメークインと男爵イモの中間位のものらしい)の発芽がちょっと遅いようです。(発芽率も少し低いかもしれない)

ジャガイモの芽・5  ジャガイモの芽・7

ジャガイモの芽・6  ジャガイモの芽・8
そして面白いことに育つと小振りな品種である『インカのめざめ』が今年は最も早く芽を出していち早く成長し始めています。

次に村の家へ行ったら石垣積みの仕事の合間に時間を都合してジャガイモ畑の雑草取りとジャガイモの「芽欠き作業」をしておかなければなりません。
というわけで今日から暫くまた村の家へ行ってくることにします。

( 2018・4/28記、5/01,up )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------



Comment:0  Trackback:0
back-to-top