FC2ブログ
2018
09.30

村の家の被害〔2〕 (blog,649p)

Category: 村の家にて
今月初めに日本列島の関西、中部域へ来襲した台風21号は、ぼくが暮らしてきた京都の家に大きい物質的被害を与え、先日、様子を見に行った三重県の郡部にある(これからぼくたちが引っ越して暮らす予定の)村の家にも多大な被害をもたらしていた。

       台風21、室内・3
屋根裏に開いている窓の、雨などの降り込みを止めるためのプラスチックガラスの枠が、しっかり止まらない構造になっていたために、強風で窓枠が吹き飛ばされて、雨が降り込み、それが家の基本構造材である古い梁へ伝い、室内の、まだ未使用のソファーに沁み込み、床に零れ落ち、キッチンテーブル(カウンター)が水浸しになり、すっかり木材の中まで汚れが染みこんでしまった。

       台風21、室内・4
ぼくが家へ行ったのは、すでに台風が通過してから2週間以上経ってからだったので、もう床もソファーもカウンターテーブルも、すべて、染みこんだ汚れが乾燥した後で、雑巾などで水拭きしようが、台所洗剤などでタワシで擦ろうが、汚れ、染みはほんの少し色が薄くなっただけで、どうにも新品感には程遠くなってしまった。
(写真に写すと、大した変化ではないように見えてしまうが、実際には相当広範囲に変色や、汚れた水分染みこみの実態がある。よく注意してみれば、手前のハッキリした汚れ染みから、ソファーの前、左奥のコーナーまで、すっかり汚れ染みで変色していることが分かる。)

       台風21、室内・1
泥埃やゴミも室内にザラザラと散乱している状態だったが、2日間かけて掃除をしたり、床を根気よく洗い出したり、2種類の洗剤とスポンジで拭き続けたり、我ながらこの家に対しては、これから暮らすにあたっての環境を良くしようと、涙ぐましい努力で手入れをしてきている。(もちろん、本来ならば、こういうことは工事を請け負っている建築会社が全て、可急速やかにやるべきことだが、もうぼくたちの引越しが目の前に迫っているので、他の作業なども含めて、建築会社のスケジュールに合わせている暇がない。)

       台風21、室内・2
このカウンターテーブルは、大欅(ケヤキ)の縦割りの厚い一枚板で作ってもらって、もちろん、まだ一度も用に供したことはない。
それが、もうどうしようもない黒ずんだ汚れのシミになってしまっていた。なんとも残念だ。
ぼくは滞在中にそれらの汚れ、染みを少しでもきれいにしておきたかった。
引っ越しまであと一ヶ月しかないのだ。

そして恐ろしいことに、今、このブログを書いている今日9月30日に、先日の21号以上の最大被害をもたらすかもしれない『非常に大型の台風24号』が、九州、四国地方から、本州へ直撃して、日本列島を北東に進む縦断コースで来襲するだろうと予報が出ているのだ。(もう沖縄県の島々へ大きな被害を与えて通過した。)
現在午前3時20分。これから朝になる時間帯には、京都も、三重も、一日中、台風が暴れるエリアに入る。
21号以上の強風が吹いたりしたら、この京都の家も、三重の村の家も、おそらく更に大きい被害に見舞われてしまうだろう。
その可能性は高いが、どうかそういうことにならないで通過してもらいたいものだ。

 ( 2018・9/30 )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------



スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2018
09.27

村の家の台風被害 (blog,648p)

Category: 村の家にて
19日から昨日25日まで、村の家へ行ってきた。
先日の台風21号の爪痕は、これからのぼくたちの村の家での暮らしにとって、甚大な被害をもたらすものだった。

      台風21号、村の家・2
この後始末や経済負担は、町の家の修復に重なる負担となって、ここ何年間も収入のない暮らしをしてきたぼくの現在の力には余る、、、悩みは大きくなる一方だ。

      台風21号、村の家・1
これからここへ引っ越してきて、ぼくの目指す『マンガのある農園』(マンガギャラリーとカフェを併設)を主催して行くための什器や備品が吹き飛ばされてあちこちに散乱してしまっていた。
      台風21号、村の家・3
中でもショックだったことは、大型のホシザキ業務用冷凍冷蔵庫と、ドリンククーラー(ガラス冷蔵庫)と、ショーウインドウ展示ケース冷蔵庫、の三台が27年振りとかの強風(瞬間最大風速50メートル以上)でぶっ倒されて壊れてしまっていたことだった。

      台風21号、村の家・4
これら3台の冷蔵庫類は、元々中古で購入して使っていたものだが、合わせると中古でも50万円もする。新品ならステンレス冷凍冷蔵庫一台だけでも、この大きさだと40、50万円する。
もうとても買い替える経済力はないと思う。ガックリだ。
しかし、ギャラリー&カフェを開店するにはどうしてもこういう什器が必要なので、どうしようかと思っている。

      台風21号、村の家・5
いろいろな事情で、村の家への引越しが当初の予定より3年間以上も遅れてきたが、来月中には、家族で引っ越して行くことになるだろう。
やっと実現する村の家での新しい暮らしの、出鼻を挫かれて、苦境に立たされているけれど、何とか工夫したり協力して乗り越えて行くしかない。

これからがまだまだ大変だろうと予感させられる。でももう時を元に戻すことも、自分の残りの人生を託した計画を頓挫させることもできない。
自分がこうして生きている、という生き方を全うしたいから、今、ここでヘタばるわけには行かない。

 ( 2018・9/27 )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------



Comment:0  Trackback:0
2018
09.19

緊張をほぐして音楽三昧 (blog,647p)

9月15日(土)と16日(日)に、京都市内のライブハウスや、BAR、イベント会場や、居酒屋まで、19会場を舞台にネットワークでつながる音楽イベント『OKA SONIC 2018』(オカソニック2018)が開催された。
         オカソニック・1の2

         オカソニック・2の2
総勢111組のシンガーやバンドが出演する楽しいイベントで、実は昨年と今年、ぼくの娘も弾き語りステージで参加させてもらっている。(2日間、別々の会場で、合計4ステージ演奏する。)
ぼくも、去年に引き続き、2日間通し券を購入した。
 オカソニック・3の2  オカソニック・4の2
それでこの2日間は、台風21号で吹き飛ばされた大屋根の緊急修理作業を休んで、街中のBARやライブハウスを数件、ハシゴして『オカソニック』のイベントの、娘の弾き語りライブを見て、たくさんのロックバンドのステージも観てきた。(ちょっと続いていた、屋根に登る緊張を解きほぐすことができた。)
          オカソニック・5の2
盛りだくさんのメニュー(出演者たち)で、ぼくは余りお酒も飲めないので、ソーダ系の飲料や、ジュース類でお腹がタプついてしまったけれど、ライブを観るのは大好きだから、しっかり楽しんできた。
         オカソニック・6の2
、、、と、ここまでが音楽イベント『オカソニック』の話題。

さて、、、と、今回の記事には、続きがある。
音楽イベント『オカソニック』で、いろいろなミュージシャンやバンドを観た後、帰宅した。
すると家人に「割と早かったね、別のライブハウスの『開業25周年記念・飛び入りライブの夜』に行くと言っていたけど、寄ってきたの?」 と言われて「あ、しまった、そうだった!」と、急いでそちらのライブハウス『SLOW HAND』へ自転車で走った。

         スローハンド25周年・1
そして日付が変わる頃に到着したので、もうあまり多くの人たちは残っていなかったけれど、午前3時過ぎまで、顔見知りの人や、親しい旧知のミュージシャンらと、和気藹藹(わきあいあい)で過ごし、オーナーのMr.SANOさんに、おめでとうのメッセージを伝えてくることができて、よかったよかった。という話。(ふ~、町を2往復して運動になった。)

 ( 2018・9/19 )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------



Comment:0  Trackback:0
2018
09.14

DIYで屋根応急修理 (blog,646p)

Category: 町の家にて
毎日、高い大屋根へ上って、先日の台風21号でブッ飛んでしまった屋根瓦の修復作業を、短時間づつやっている。(一日の活動時間が遅い回転なので、外で昼間、作業する時間が少ない。)起床するのが昼過ぎで、寝るのが朝で、昼と夜が反転している暮らしなので、こういう時にはつくづく困る。
それでも、とにかく屋根を何とかしなくちゃ、、、!

          屋根修復DIY・1の2
ホームセンターで買ってきたDIY用の、袋入りの砂利を、土嚢袋に小分けして、屋根の上の、瓦が強風に吹き飛ばされて、落下して割れて無くなってしまった部分に被せる『ブルーシート』が、また風に飛ばされないように、重し(錘)にする。

砂利(砕石)は6袋買ってきた。一緒に、土嚢袋も30枚買ってきて、だいたい同じぐらいの分量、重さに小分けして行った。(あまり重いと屋根の上まで運ぶのが大変だし、後で片付ける時も重いので、砂利袋一杯を、土嚢袋4個づつに分けた。)全部で24袋の「土嚢錘(おもり)」ができた。

      屋根修復DIY・2の2
そして、ゆっくりで、少しづつだが、作業は進めている。

      屋根修復DIY・3の2
屋根に登って、バラケた瓦を銅線の針金で飛ばないように縛って、、、

          屋根修復DIY・4の2
その上にブルーシートを張って、土嚢の錘(重し)を載せておく。

       屋根修復DIY・5の2
これである程度の雨風では、すぐに瓦が吹っ飛ばされたり、天井裏に雨が漏ったりはしなくなるだろう。(たぶん、、、)

        屋根修復DIY・6の2
先日も書いた通り、あちこちの工務店や屋根職人さんの会社などをネットで調べて、問い合わせたのだが、すぐには来てくれるところは一つもなかった。(どこも、早くても10月までは手いっぱいの屋根修理の依頼を受けているそうだ。)
被災した旨を保険会社へも伝えたのだが、その担当者との話し合いも、3週間待ちにされた。 仕方がないので、当座の雨漏り防止だけでも自分で何とかしなくちゃ、というわけでノソノソと作業を続けている。
でも、作業中には、時々小雨が降ってくることもあるし(もちろん作業は中断する。)危険な作業なので大変である。

細心の注意を払いながら、今日、明日中にも、もう一度、屋根で割れている瓦と、ひどくズレている瓦の修正をして、この応急処置を一段落したいと思っている。

 ( 2018・9/14 )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------



Comment:0  Trackback:0
2018
09.10

台風21号で被災した (blog,645p)

Category: 町の家にて
ぼくが住んでいる町の家の、台風21号の被害は大きかった。
大屋根の瓦が50枚ぐらい強風に吹き飛ばされて、その内の半数ほどが、家の前の公道や、隣家のガレージ屋根を突き破って落下した。(20枚以上が屋根の上で散乱していた。かなりの部分がズレている。)
そのうえ、門扉から玄関へ通じる長さ11メートル位の庇屋根は全体が崩落した。

すぐに屋根屋さんや工務店に電話で修理を依頼しようとしたが、台風通過から間もない6日、7日の段階で、どこの業者さんも10月までは行けない、という返事や、既に百軒の修理待ちになっている、というような話ばかりだ。(当日は電話も通じないほど混んでいたし、留守電に要件を入れたら、後で業者の方から連絡をくれるという二つの業者からは電話の返信もないままだ。)
     屋根瓦・1
やむを得ないので、自分で3回も地上7,8メートルの高い屋根へ登って、屋根の破損状況を調べてきた。
そして、これでは雨漏りも当然だと分かった。(二階の天井裏へ雨漏りがしている。)
仕方がないので、今後、修理業者さんがきてくれるまでの応急処置を、自分でやるしかなさそうだが、足場も組まずに、素人の老人のぼくが、一人で屋根工事をするのは非常に危険なことだと分かっている。
しかし、何とかしなくては今後の日常生活に重大な支障が出かねない。(本当に頭が痛いことになった。)
         屋根瓦・3
屋根の応急処置は、自分で瓦の外れた位置に、屋根の上に残っている瓦を戻して並べ直し、それを銅線の針金で巻いて止めて、絶対数が30枚ぐらい不足してしまった部分には、ブルーシートをかけて、その上から土嚢袋を置いて雨風でずり落ちたりビニールシートが吹き飛ばされたりしないようにしておくつもりだ。(もう瓦の下に埋めてある泥土もすっかり流失してしまって、瓦を置いても安定させることができない。)

そのために6日と8日の2回、家から自動車で数キロ以内にある二つのホームセンターへ、補修材料を買いに行ったのだが、どちらの店舗でも、DIYに必要な木材などの資材が払底していて「大阪港の流通が止まっているので、いつになったら資材がお店に届くのか返答できない」と言うことだった。
それから、ほぼ全ての大工道具や建築工事の工具類を、三重の村の家へ持って行ってしまっているので、とくにドリル・ドライバーやノコギリなどの電動工具類がないことには、今回の大掛かりな損傷被害の補修はぼく一人きりの細腕、人力だけでは不可能だと言える状態だ。(例え少しづつ復旧作業を進めるにしても、おそらく一週間やそこらでは出来ないだろう。)

     屋根瓦・2
三重の村の家の方の状況は、台風の後、建築会社さんとちょっとだけ電話で連絡できた範囲では、屋根とか壁とか、建物が大きい損傷を受けた様子はなさそうだが、これまでの台風では飛ばなかった、ギャラリーの庇下の荷物や、ガレージの床の荷物などに被害が出ているような感じだ。
それで出来るだけ早く、村の家へも行きたいのだが、今のこちら(町の家)の状態を放置して行くわけにはいかないので、困っている。

普段は決して登らない大屋根へ上って作業をするのは、大袈裟でなく命がけだし、雨が降り続いていて、なかなか屋根に登ることも容易ではない。

自然災害のニュースを見聞きする度に、同情的な気持ちで家族や知人と話し合ったり想像はしていたが、直接自分が被災者になると、本当に普段の日常生活に戻るのが大変困難であることを、改めて今、思い知っている最中だ。

 ( 2018・9/10 )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------



Comment:0  Trackback:0
2018
09.06

不作の夏 (blog,644p)

Category: 畑のあれこれ
今年は西日本の広い範囲が、集中豪雨の大きい被害を受けたり、何度も台風の上陸による大雨や暴風の被害を受けているが、中部地方の西端に位置する、ぼくが引っ越す予定の三重県、伊勢湾岸地方も台風の雨風の影響が激しい。

       不作・1
今日掲載する写真は、今回の台風21号ではなくて、先月の台風19号と20号による、ぼくらの村の家の被害状況になる。(21号の被害状況は、相当ひどい可能性があるけれども、まだ村の家へ行っていないので何も分からない。)

       不作・2
まだ小さい結実時にカラスに突つかれたために、せっかく大きく育っても、台風の雨が続いた後、中身が腐りだしてしまって食べられないスイカが採れたり、もうあと3週間ぐらい蔓に着いたまま育っていてくれたら、立派なカボチャになるところだったのが、ものすごい雨風で千切れて蔓から落ちてしまった二つのカボチャとか、、、

       不作・3
根元の芋の塊ごと茎が倒れてしまったサトイモも続出した。

キューリは蔓用のネットごと引き千切れて、たぶんもう復活はできないだろう、と思われる。(地這いキューリも、ほとんど結実する蔓が残っていない。)

       不作・4
パプリカやピーマンも、収穫を楽しみにしてきたが、希望の糸が切れかかっている。
思い出せば、去年のピーマンは大きいのがかなりたくさん採れたし、しし唐類などは、採っても採っても数日後にはまた一杯の実がブラ下がっていたのだが、今年は、定植した場所が合っていなかったのか、追肥などの世話が疎かだったことや、天候の影響もあったのか、とにかく雑多な夏野菜が次々収穫できる楽しみが、味わえない夏になってしまって残念だった。

       不作・5
オクラもみんな強風に煽られて根こそぎ横転しているのが多かった。 でもオクラは、どういうわけだか今年は背丈が伸びないので、改めて支柱を立てて、しっかり補助ヒモをかけておいたから、もしかしたら次に行った時にも、まだ生き残っていてくれるかもしれない。

       不作・6
庭木と栗の木なんかも、何本も枝が折れたり、根元から倒れたりしているのを確認した。

       不作・7
台風や、豪雨の影響は避けようがないのだから、どうしようもないが、それでも現地にいれば、臨機応変の対処が少しはやれるはずだ。町の家と村の家を行ったり来たりしている現在は、町の暮らしも中途半端で、村の暮らしも中途半端に活動せざるを得ない、というジレンマを抱えている。

早く村の家へ引っ越して、畑仕事や食べ物つくりや、マンガや絵を画くことを生活の根っこに据えて、新しい暮らしを始めたいと思っている。

 ( 2018・9/6 )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------



Comment:0  Trackback:0
2018
09.02

今年は台風が (blog,643p)

Category: 村の家にて
この夏、三重の村の家のある地域は、何度も台風の襲来を受けている。
今回の滞在中8日間の内、なんと5日間は雨が降って、その中の4日間は台風の前後という形になった。
畑作業もやりたいし、何より、石垣積みの作業を完了して、早くコンクリートで『物置コンテナ』を設置するための地固めをしたいのに、雨ばかりでは全く工事は進まない。

       台風20号・1
黒い雲が、どんどん海の方からやってきて、山の方へ走って行く。
真昼なのだが、空は重く暗くなってきた。(8月23日)
ぼくは文字通り【お手上げ】の気分で、本を読んだり、自分で発行する本の原稿を推敲したりして、台風の動向に一日の行動を順応するしかない。

       台風20号・2
しかし、台風の日の空模様の激しい変化や、それに伴う風景の見え方、風の音、木々を揺らす力、建物にぶつかってくる瞬発力などのいずれの現象も、ぼくの脳裏の奥から、いろいろな自然界と自分との経験的関わりを引き出し、思い出させてくれる。

       台風20号・3
夕方になって、黒雲が凄い速さで移動して行く向うに、時々星が、走る黒雲を透かして見えていた。
一日に何度か、家へ電話をかけて、家人から台風に関する気象情報を、ネットで調べて教えてもらっていた。
家人は、この天候では今回は作業する日程は組めないだろうし、もし台風の中を(その後の予定のために)町の家へ帰らなくちゃ、となったら危険だから、今の中に一旦京都へ帰ってきたらどうかと言ったけれど、ぼくは早く台風が過ぎ去って、その後、少しでも作業(特にセメント工事の方を)やりたいと思っていたので、居残ることにしたのだった。

 ( 2018・9/2 )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------



Comment:0  Trackback:0
back-to-top