FC2ブログ
2019
03.31

イギリスは遠かった (blog,684p)

      イギリスへ行ってきた。

       イギリスへ行ってきた・1
      イギリスはまだ寒かった。

       イギリスへ行ってきた・2
      木も花も、あんまり花や葉っぱを点けてはいなかった。

       イギリスへ行ってきた・3
なんて、、、ウソさ!(金もない、年金も未納だったから入らない。現在、収入のある仕事もしていない、こんなぼくがイギリスへなんか行けるわけがない!) (^^♪

          イギリスへ行ってきた・4
、、、ここは、三重県松阪市『農業公園・ベルファーム』の、イングリッシュガーデン、、、
もちろん、まだ、イングリッシュガーデンの「象徴」の、バラも咲いてなんかいなかった。
そしてここは、名称は農業公園なのに、園内には、農業のかけらも見えなかった。

          イギリスへ行ってきた・5
、、、ンで、松阪といえば、、、松阪牛! といっても、ぼくはとても高価な牛肉なんか買えないし、、、こんなモニュメントを見たら、なんだか松阪牛が気の毒だなあ、というような心情を抱いてしまって、、、わざわざ出かけたけれど、いったいぼくは農業公園へ、なにしに行ってきたんだろう、、、??
そうだ、明日は天気が良かったら、畑でジャガイモを植え付けよう、、、!

 ( 2019・3/31 )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------



スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2019
03.24

急ぎ、京都へ (blog,683p)

今日は3月23日、この一ヶ月間、どちらかというとあまり体調がよくない感じで過ごしてきた。
それでも病院で胸部X線検査からCTスキャン、エコー検査、血液検査、心電図、他、諸々の検査の結果は「直ちに生命、健康に重大な影響を及ぼす疾病、またその兆候は無し」という診断で、一安心ではあるけれど、にもかかわらず、やはり体調は優れない日々だった。
去年から、CTスキャンを短期間に何度かかけさせられていて、ぼくは日頃、胸部X線検査(レントゲン)だけでも放射線の影響が怖いのに、CTスキャナーが放射する放射線分量はその100倍規模だから、本当に怖いのだが、日本の医療は患者をモルモットとしか見ていないところがあって、これは大きい問題だと常々感じている。(とはいえ、それで外から診ても判らない、内臓や脳の中の状態が視えるという具体的な物理手段を拒絶するのも難しい現状だ。)

さて、頭が痛くても心臓が痛くても、少し症状が穏やかになれば、やらなくちゃならないことはたくさんあって、元々非力で怠け者で、行動力に乏しいぼくだが、少しずつ様々な作業も進めてきて、今日はこれから、久し振りに京都へ行こうとしている。(家族のことで用事がある。)

今回は残念だが、たぶん、ライブハウスへ行く楽しみはほとんど実現できそうもない。ギャラリー巡りも無理かもしれない。
まあ、それでも一応、夏ミカンやレモンを持って、会える人にはお届けしようと思う。

それじゃ、ぼつぼつ出発だ。(2019年3月23日、午後2時半)

--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------



Comment:0  Trackback:0
2019
03.19

土筆、ツクシ! (blog,682p)

Category: 畑を味わう
この地方は、今まで住んでいた京都盆地に比べると、たいへん温暖な気候の土地であることを、冬の間、毎日肌身で感じて過ごした。そして、春が訪れるのも早い。

2月の下旬から、畑の空き地にも庭にも、家の前の公道の傍にも、ツクシ(土筆)がどんどん顔を出して、日一日と成長してくる。

          ツクシ・1
ツクシの別名は雑草の「スギナ」であって、畑で作物を栽培する者にとってはまさに【天敵】なのだが、春を告げるツクシの、この愛らしい姿には、決して敵意を湧かすことはできない。

百人一首に「君がため、春の野に出でて若菜摘む、我衣手に雪は降り積む」という、平安時代の天皇の一人(光孝)が詠んだとされる和歌があるけれど、京都御所の辺りで、一千年以上前の環境だったら(別に天皇に限らず)食べられる草を摘んでいる中に、雪が降りだしてきて、さらさらと身体に積もることもあっただろうな、、、と、40数年暮らした経験からも思える。

          ツクシ・2
けれどもこの土地では、例えば今年、ぼくは家にいて、冬中一度も雪が降ったのを見なかった。
          ツクシ・3
先週、家人と二人で庭に伸びてきたツクシ(土筆)を、ボールに一杯摘み採って、それを家人が丁寧に袴を切り、調理して、美味しい佃煮を作ってくれた。(たまにはぼくも調理を手伝うのだが、今回は2週間で2回に亘った、佃煮造りの手伝いもしなかった。)

          ツクシ・4
そうとうたくさんのツクシを摘んでも、下拵えをして、時間をかけて食品として仕上げてくれた佃煮は、元の分量、姿の何分の一かになってしまう。

だから余計に美味しさに価値がある。
料理は眼でも食べている(味わっている)ので、こうして自分たちの好きな器に載せて、食卓に並ぶと、そこはかとなく「春を味わう」実感が湧く。

           ツクシ・5
去年の秋に引っ越してきて、忙しくしている中に冬になってしまったので、まだ機会がなかったけれど、この土地で暮らす楽しみの一つは、自動車で10分少々走って、伊勢湾の浜へ投げ釣りに行くことだ。
土筆の佃煮は、全部家人にやってもらったが、来月半ば辺りからは、ぼくが魚を釣ってきて、煮たり焼いたりして食べられたらいいなと思っている。ああ、腕が鳴る、、、(^^♪

 ( 2019・3/19 )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------



Comment:0  Trackback:0
2019
03.11

名実ともに村の一員になった (blog,681p)

先月上旬以降、二週間以上に亘って、あまりの強烈な痛みに苦しんだ頭(脳)と心臓が、病院で検査の結果、致命傷にならなくて済んでよかったと喜んでいる。

体調は芳しくないけれど、日常の暮らしは普通に続けている。
一昨日は(一週間ほど前から、土起しをして、苦土石灰や堆肥を鋤き込んで準備をしてきた畑で)久し振りに苗植え作業(定植)を少しだけやった。

        新畝
                ↑        ↑
家人が冬の初めから、ポットで育てたエンドウ豆や、ホーレン草の苗を適当に植えておいた。

そして、昨日は、家人と二人で松阪市のお祭り(初午大祭)見物に行ってきた。
                ↓        ↓
        初午大祭・1
とりたてて、屋台や山車が出て練り歩くわけでもなく、お寺や神社で特別盛大なイベントが催行されるわけでもない、主催者のお寺の周辺も普通の市街地で、ただこの祭りの3日間は、当該地区の自動車の通行を規制して、かなり広い範囲が歩行者天国状態になるということだった。

        初午大祭・2
元々古くからの『初午の縁日』だったそうで、いくつもの通りのあちこちに、たくさんの出店が張られていて、食べ物や当てもの(くじ引き)のテキヤが、関西方面からもたくさん出て来ているようだった。
町並みが、ぼくの生まれ育った故郷の田舎町を、一回り大きくしたような雰囲気だったので、なんとなく故郷のK市を思い出しながら、ぶらりぶらりと散策して、縁起物の『郷土人形とお菓子』を買って帰ってきた。
        初午大祭・4   初午大祭・3 
そして今日、日曜日は、村の家がある地区の『町内会』に、今年度からぼくたち家族も入れてもらうことにしたので、その町内会の『総会』というのに参加してきた。
これがなかなかの催しで、ちょっとした中小規模の企業の「株主総会」のような議事進行だった。
内容は、昨年度の会計決算報告、新年度の行事予定の説明、地元が一丸で支援、当選させた町会議員の挨拶などで、ぼくは京都では、町内会への対応をすべて家人にやってもらっていたので、何も知らないことばかりで、知ってみるとぼくにとっては結構大変な、しきたりや運営があるらしいと分かった。

     母屋
                ↑        ↑
           〔今を盛りの庭の梅花の梢から覗いた我が家〕

しかもこの集会が、朝8時半から、昼下がりまで、大字(おおあざ)の全体集会と字(あざ)の全体集会の二つが同様に、それぞれの集会所で、場所を移して続けられたのだった。

それから(人口密度の薄い)田舎の村の町内会なので余計に費用が掛かるのか、負担金が大きいのもビックリした。(ぼくらの世帯は、取敢えず入会供出金が5万円!)
それだけではない、これから毎年数万円ずつの年会費も供出するのだそうだ。
現在、まだ全く収入のないぼくたちの家族にとっては「ガガーン!」という位、家計に影響を及ぼされそうな負担である。

早く『マンガのある農園』の『ギャラリーと喫茶部』を開設して、少しでも収入の得られる生活を始めなければ、安心して毎日の暮らしを楽しみながら営んで行くことが難しいぞ、、、

 ( 2019・3/10, 記、3/11,up )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------



Comment:0  Trackback:0
2019
03.07

春だ! (blog,680p)

春が来た。
しばらく前に、ホームセンターで、植木の展示販売品の中から、『河津桜』と『ソメイヨシノ』の、苗木を2本買ってきておいたら、河津桜の方が、三つだけ花を咲かせてくれた。

        春だ・1
せっかくの春だが、ぼくは3週間ほど前から、突然、息をするのも苦しい心臓の痛みと、強烈な頭痛に襲われて、本当に自分の生命の危機かと思って過ごしてきた。

       春だ・2
先週、地元の総合病院を受診したが、もっと専門の医師がいる病院へ行った方がよいと言われて、昨日、同系列の別の病院で、放射線を使うCTスキャンとレントゲン撮影を含む、5つの検査を受けてきた。(放射線被ばくは恐ろしいし、ものすごい出費で辛いけれど仕方がない。)

   春だ・4
その結果、この痛みで直ちに生命が危篤に陥ることはなさそうだと判明した。ただし、今度再び、強烈な痛みに襲われた時には「救急で来てくださいね。」と言われた。

(若い頃にもこういう心臓の痛みに襲われて、狭心症かも知れないと言われて、ずっとニトロ舌下錠を持っている。肝臓の異変症状も昨年末のCT検査の時のままで、快癒してはいないと分かったが、どうしようもない。要観察だ。)

       春だ・3
それでも取敢えず、命は無事でいられそうで、ちょっとだけホッとしている。けれど、心臓の鈍痛は今も、寝ても起きても1日24時間続いている。(こういうわけで、残念だったが、今月は京都へ行くのを断念して過ごしている。)

桜も、梅も、椿も、咲いている。 ウグイスが毎日鳴いている。 八朔ミカンも、レモンも、たわわに生っている。
春が来たのだ。 早く体調を快復させて、京都の家の片付けも続けたいし、畑仕事もDIYも、あきらめないで敢行、完工したい。

 ( 2019・3/7 )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------



Comment:0  Trackback:0
2019
03.03

物置用コンテナ到着 (blog,679p)

去年の2月15日に、専門業者さんからトラック貨物用の大きいアルミコンテナを購入して、物置に利用しようと思っていた。
それで、自分で家の敷地内の保管場所を決めて、そのまま設置できるように整地、準備をしていたのだが、その作業が全然捗らなかったので、1年間ずっと、業者さんのヤードに置かせてもらいっ放しにしていて、申し訳なく思っていた。
そのコンテナを、取敢えず使っていない来客用の駐車場に運んでもらうことにした。

       コンテナ購入・1
               ↑           ↑
もともと冷凍食品や冷蔵食品を運んでいたコンテナで、壁と天井は10センチの厚さがあり、外壁と内側の間には断熱材が詰めてあって、トラックに載せたとき前部になる位置に、大きいエアコンが付いていた。(上の写真の出っ張りがエアコン)

       コンテナ購入・2
最初、購入するにあたって、そのエアコンを外して、壁に穴が開いた状態で運んでもらうようにお願いしてあった。

       コンテナ購入・3
アルミコンテナの重量は約2トン。(船舶用の鉄のコンテナだと、同じスケールで約2倍近い重さになる。)アルミコンテナも、床板や床下のシャーシや、前後の壁支え部分は鉄のアングルで出来ている。

       コンテナ購入・4
ユニック車(クレーン付きのトラック)でコンテナを運んでもらったのは、これで3回目の経験になる。
       コンテナ購入・5
エアコンを取り外して壁にぽっかり空いた穴は、明り取りの窓にすることにしていた。もちろんDIYである。
        コンテナ購入・6
早速ホームセンターへ行って、材木とネジやいろいろ必要品を買ってきて、木工と金属加工をしながら、バッチリ、ピッタシ、の窓枠を作りつけた。

        コンテナ購入・7
               ↑           ↑
エアコンが取り外された後は、パッキンとして使われていたウレタンゴムやシリコンシーリング材などが、ベタベタに圧着していたので、その汚れを丁寧に、かつ完璧に、時間をかけて除去し、クリーニングして、窓枠の周りをピッカピカに磨き拭きして、すっかりきれいに仕上げた。
               ↓           ↓
       コンテナ購入・8
そして、ポリカーボネートの波板資材で、外からネジ止めして、作り付け窓の一応の完成!
               ↓           ↓
        コンテナ購入・9
どういう形で作るかは決めていなかったが、出来れば開け閉てできる構造で作ろうかと思っていた。
しかし、そのための作業は結構大変だということと、将来はしっかりした出入口(ドアか引き戸)を作る予定なので、空気の流通が悪くなることもない、という判断で、開かない窓になった。

 ( 2019・3/3 )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------



Comment:0  Trackback:0
back-to-top