2017
05.02

国道走行中に (blog,492p)

一か月程前に村の家の改修改築工事を巡ってかなり深刻な事態が起きて、ぼくは普段にも益して緊張した日々を過ごしてきました。
そのひと月前(3月初め)には、家人の母が家で大腿骨骨折の大けがをして入院、人工骨への大腿骨骨頭置換手術したこともあって、あれもこれもどうにも切羽詰まった状況が現出して、ぼくのいわゆる【細腕】では対処しきれないかもしれない危機に直面してきたという感じです。

そんな中でもぼくはなるべくコンスタントに『マンガのある農園』完成を目指して村の家と町の家を往復し、両方で今すぐやるべきことを曲りなりに実行し続けています。(町の家の生活は家人の踏ん張りで何とか平静が維持されている。感謝!)

村の家と町の家の間は道路走行距離で131キロメートル少々あります。(地図上で直線距離を測るとちょうど100キロ位だが、)
この計画を進め始めた初期の頃には、自分で自動車を運転して往復する経路は急ぐ時には往復高速道路を利用していましたし、普通の時には少しでも経費を節約するためと自分でもゆっくり走る方が途中の道を覚えるし眺めも少しは楽しめると思って高速道路は半分だけ使う行き帰りでした。

ところが計画準備段階が非常に長引いて無職無収入状態のぼくにはどうにも往復と村の家での滞在生活費用が家計を圧迫する状態になってきて、ここ2年間以上、ほとんど高速道路を使わず一般道路を走っています。
それで村の家へ行くときは早く目的地へ行き着きたいと思い、町の家へ向かうときは早く家へ帰りたいと思ってついつい車のスビードを上げてしまっていました。

      オービスかも?・3
先月4月22日の深夜、村の家から一般道を走って帰宅の途中、スピードを出し過ぎていた時に突然ビカッと目の前が真っ明く(まっかるく)なりました。
運転席まで明るい光に照らされて
「ウワッ自動速度取り締まり装置に引っかかったか?!」
と感じてスピードメーターに目をやるとかなりの速度オーバーでした。
帰宅後に3時間もネットでそのエリアとその地点を「オービス検索」していたのですが、ネットで分かる限りではその辺りにオービスなどの設置はなさそうでした。
しかしグーグルアースの写真に気になるカメラが一台写っています。これがオービスでなければ助かるのですが、もしも取り締まりカメラだったとしたらぼくは一発免停になる可能性が高いです。困ったなあ。
(くたびれていてしかも翌日用事があるので急いで帰宅中とはいえ、自分でも思わぬスピードの出し過ぎをしていたことに気が付いてビックリしました。交通標語ではありませんが、本当にスピードは控えめに!と思っています。)

罰金+免許停止+臨時講習、、、そうなる可能性は五分五分位でしょうかね?
いまさら何を思っても【後の祭り】ですが反省中です。

      オービスかも?・1の1
そのグーグルアースの写真に写っていた「気になるカメラ」を自分で直接撮ってきたのがこの上と下の2枚の画像です。(4月30日に確認、撮影)

今回は4月27日から30日まで3泊4日の滞在、往復でした。
改築工事の大きい変化があり、畑の草取りもして、短い日数の割には忙しく行動してきたのですが、ぼくにとって意外だったのは今回の滞在中、珍しく朝起きて夜寝る(普通世間では当たり前の)毎日を過ごすことができたことでした。
これから村の家で暮らすようになって、畑仕事をやってゆくにはどうしても太陽と星との付き合い方を世間一般のライフサイクルに合わせなければなりませんから、今回の【夜は眠って朝起きる日常の経験】はぼくにとっては希望の持てるいいことでした。

      オービスかも?・2の1
さて上記の通り、前回の往復の帰り道で夜中に運転中⇒スピードを出し過ぎていて突然
>>>ビッカーッ<<< と、運転席の内側までマグネシュウムフラッシュ球を10発たかれたような明るさに照らされて「アッ!?オービスに捕らえられたか?!」と感じて、その後ずっと気が重くなってウジウジ過ごしているのですが、これがその場所にある『謎のカメラ』です。

実はこんなカメラ(かなり大きい)が一台だけ設置されているのをぼくは今まで一度も見たことがなかった、というか認識したことがありませんでした。
『いわゆるオービス』とは違う形のようですけれどこんなNシステムとかも見たことがないし、あんな強烈な照明も受けたことがなかったのでやはり何かスピード違反を捕える自動カメラ装置のような気がしています。

今回夕方明るいうちにゆっくりその場所を走行して注意して視たところ、もう一つ気になることはこの撮影地点の路上中央部分に約50メートル位の間隔を空けて2本の短い白色の直線が引かれてありました。(その中のカメラに近い方の1本の白線はちょうどぼくが明るい照明を受けた地点に引いてあるようだった。)
ぼくは直接は知らないのですが何十メートルかの間の路面下に走行中の車両検知用電導装置が埋設されている部分があるそうです。(ループコイル方式)
もしも写真の見慣れないカメラ装置が『最新型ループコイル方式オービスシステム』だったら今後ぼくはおそらく免停確実で、引っ越し荷物も運べなくなってしまうので困るなあ、、、悲しいなあ、、、後悔しちゃうなあ、、、と、今もウジウジ悔やんで落ち込んでいます。

 ( 2017・5/2 )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://manganoen2013.blog.fc2.com/tb.php/529-e6a07194
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top