2017
07.26

レモン (blog,519p)

Category: 畑のあれこれ
レモンの木のことを書こうと思います。
おととし無手勝流で大掛かりに剪定を施したレモンの木に、去年は初めて見るほどたくさんの花が咲き、初めて大変な数量の実が生り、収穫して友人知人に届けても自分たちでいろいろ加工したりして使い続けてもとても消費しきれず、まだ30個位が樹に着いたままになっています。

       レモン・1
今年の春以降はたまに一つ二つ捥ぎ取ってレモネードで飲んだりサラダやパスタに使ったりしているだけなのでなかなか減りませんでした。
そうこうしている内に再び樹勢が盛んになってきて、この頃ではすっかり一昨年の選定以前の樹相に回復してしまってむしろそれまでより巨大化してきた感じがあります。

       レモン・2
それでもまだ樹間にはたくさんのレモン果実がぶら下がっています。
ただ、先月中旬頃からはこうしてぶら下がっているレモンがぐんぐん肥大化してきていて、ボトンボトンと落下し始めました。

それと気に掛かるのは今年はレモンの花が咲かないような気がしています。
もしかしたらもっと早くにすべての果実を収穫してしまって枝ぶりを調整・剪定しておかなければいけなかったのかもしれません。

       レモン・3
でもまあ、もし今年の冬には実が着いてくれなくても去年の冬から今年にかけてこんなにたくさんの実をつけてくれたのだから一年お休みしてくれればいいと思うことにしています。(いずれにしても剪定はまたちゃんとやっておかなければならないだろうけれど)

それで、なかなか写真では大きさの比較が難しいし一緒に何かを置いて撮っても実感は湧かないでしょうが、落ちてしまうほど大きくなってしまったレモンと言うのは比較してみるとこんな感じです。
写真にある左側のミカンはこれもあと数個だけ残っている夏ミカンを一つ捥いで並べました。
大きさは普通に売られている夏ミカンと同じ位ありますがちょっと見では何となく少し小ぶりに見えてしまいます。それほどレモンが大きくなっているのです。

       レモン・4
味と感触については、さすがにここまで大きくなってしまうと中身の瑞々しさは減り、だいぶ大味になっています。
つまり「ジューシーさ」が無くなってパサパサした感じになってきています。
だからジューシーだった時には果実の大きさが今の1/2か3/5位しかなくても半分に切った果実をレモン絞り器で絞ればもの凄く新鮮な果汁を得られたのですが、現在は(同じ一本の木の実なのに)この巨大な果実を半分切りにして絞ってもむしろ瑞々しさでは春までの果実に劣る状態になっています。
それでも口にできる間はできるだけ捨ててしまわないように飲食の用に供してしっかり味わい、楽しませてもらおうと決めています。

 ( 2017・7/16記、7/26,up )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://manganoen2013.blog.fc2.com/tb.php/556-d1d95a0a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top