2017
07.16

駅ビルで食事 (blog,515p)

Category: 町の家にて
今日は家人の母が退院してから2ヵ月振りに母の弟の家族と会う計画を立てて、町の駅ビルの食堂で一緒に昼食を食べてきました。

出かけるのに電話でタクシーに来てもらったところ、こんなでっかい高級ワゴン車がやってきたのでビックリしました。
ぼくは最初、え?!こんな自動車は料金が高いんじゃないのかな?! と心配になりました。
でも「これは普通タクシーではなくてハイヤーのカテゴリーですが、当社では普通タクシーと同じメーター料金でチャーターできるのです。」 と聞いて安心して、日頃自分で運転している小さい自家用車と違うゆったりしたシートに気分良く乗って行きました。

       駅ビルで食事・1
有名観光地でもあるこの町の駅は乗降客の数がたいへん多くてアジア系の人々もヨーロッパ系の人々も外国の人の姿が非常に多い駅です。
今の季節はこの町の三大祭りの一つである『祇園祭』の期間中で、梅雨空の下、一段と暑さが町中を覆っています。今日も凄く蒸し暑い一日でした。

       駅ビルで食事・2
               ↑ ↑ (家人と母)

       駅ビルで食事・3
タクシーを降りた直ぐ正面がこの駅ビルの食堂街とホテルや劇場へ続く出入り口になっていました。(ぼくはそこへは初めて入った。まるでお上りさんのようだ。)

       駅ビルで食事・4
写真右側の二人が母の弟さん(家人の叔父)ご夫婦、それと娘さん(家人の従妹)、家人の母も5歳年下の叔父も老齢となってすっかり足腰が弱り、今では付き添いがいなければ遠くへは出かけられなくなりましたが、でもこうして誰か付き添いがいればまだ遠出もできるしお互いが元気でいることを確かめ合って楽しく過ごすことができます。

もともと家人の母の兄弟はたくさんいたので家族ぐるみで母たちは若い時分から年に何回も親しく往き来していました。 ぼくは彼らと直接の親族ではありませんがみんなと仲良く長い付き合いをしてきました。(たとえばこの家人の従妹はぼくが初めて会った時にはまだ小学校の2,3年生だったかもっと小さかった位でぼくにとってもほとんど本当の従妹のような感じで接してきた。)

駅ビルで食事・5-1 駅ビルで食事・5-2
お蕎麦メニューがメインの食堂だったので全員が蕎麦を食べ、天ぷらやご飯メニューのセットの人もいました。
ぼくはかき揚げ丼と蕎麦の定食を注文したのですが、かき揚げが並みでない大きさで、残念ながら食べきれませんでした。

       駅ビルで食事・6
その食堂を出た後、同じビルにあるホテルの喫茶ラウンジでお茶やお菓子を飲食したのですが、そこでも写真を撮ったつもりでいたのに実際には撮り忘れていました。

ぼくは滅多ににこういうところで食事をしたりお茶を飲んだりすることがない人間なので一杯千円のコーヒーとかのメニューを見てショックを受けていました。
しかもテーブルに置かれた飲み物の中身の分量が『小さい盃2杯分位』しか入っていないものだったりして余計ショックを受けてきました。(いやしかしぼくは本当にお上りさんだなあと改めて思った。)
そして今、ぼくはこうして一生【お上りさん】の生き方を続けようと改めて自覚しています。

 ( 2017・7/13記、7/16,up )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://manganoen2013.blog.fc2.com/tb.php/559-d6b0642f
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top