2017
09.20

信州を思い出す (blog,539p)

Category: 信州のこと
時々信州のことをこのブログで書いています。

10代の頃から何故だか漠然と信州が好きで、中学で教科書に載っていたカール・ブッセの短い詩「山のあなたの空遠く、幸い住むと人の言う、、、」という短文を知って以来、よく城跡の山の天辺へ行っては一人でその暗記した短詩を口ずさんだりしていました。

「山のあなた」の詩と信州が何の関係があるのかと思われる方が多いだろうと思います。
一般的には何の関係もありません。
ただぼくが勝手にその詩と信州の山を空想の中で結び合わせていただけなのです。
ぼくの故郷の県は長野県の南隣りに位置しています。それで自分の住んでいる町から北の方を眺めても直接見ることはできませんでしたが、幾重にも重なる山塊を越えて北へ進んだ遥かな向うの方に自分にとっての幸せが住む場所があって、それが信州という土地なのだと勝手に思い込んでいました。

その信州の親しい牧場から昨日、今年の『牧場祭り』の案内状が説きました。

    滝沢牧場祭り・2017
1990年代のおよそ10年間を、毎年ゴールデンウイーク頃から夏休みが終了して早い秋が訪れる9月中旬まで、ぼくは上の写真にある『滝沢牧場』という観光牧場に長期滞在する日々を送りました。
その牧場の敷地内に海上コンテナを芯にした手作りの小屋を建てさせてもらって、その中で小さな自分の手作りの人形やアクリル画や版画やいろいろなものを並べて販売するギャラリーショップを営んで過ごしていたのです。

その頃に牧場のオーナーが自分の観光牧場の宣伝と近隣の人々との親睦を兼ねて誰もが楽しめるイベントをやろうと計画したのがこの牧場祭りのはじまりでした。
ぼくも最初から第10回位まではいろいろな形で参加していたのですが、遠く離れて仕事をしていてなかなかお手伝いも参加も出来なくなってもう10数年が経ちました。

それでもぼくはたった4年前までは、いつか信州のどこかへ引っ越して、そこで農業とマンガと絵と音楽のある生活が出来るといいなと夢を見ていました。
しかしいろいろあって、このブログに書いている通り、信州とは反対の方向にある太平洋沿岸近くの平野部へ、近いうちに引っ越して暮らすことになりました。
けれども事ある毎に信州を思い出し、また行きたいなあと思っています。
でも信州は遠いのでなかなか行く機会がなくなって久しい年月が経ってしまいました。

( 2017・9/20 )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://manganoen2013.blog.fc2.com/tb.php/580-dfa9ed00
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top