2017
10.18

何故だろう?と思うこと (blog,548p)

Category: 村の家にて
ここ村の家には屋敷内にたくさんの木々があります。
先日の台風18号で倒された山桃の大木もありましたし、同じ台風で太い枝が折れてしまった栗の木もあります。
まだちゃんと名前も知らない木が数十本はあって引っ越して落ち着いたらそういう木々の名前や植物としての特性も調べて自分自身のための認識票を書いてそれぞれの木々に着けようかなあとも思っています。

        金木犀・1
そういう大きい木とは別に畑の周囲や庭にもたくさんの木が茂っています。
今日の写真は都市部の住宅や公園などの庭木としても人気が高い金木犀です。
ありふれた生垣の樹木ですが、なんでこの写真を載せたかと言うと、まあ『今週の不思議』とでも言いましょうか、子供の「何でかなあ?」みたいなことがあったからです。

ぼくはそれほど敏感な人間ではない方かもしれませんが一応五感はそれなりに発達してモノの形や味や匂いや色を認識してきたつもりでした。
ところが今回の滞在中、この金木犀が開花していたのに全く香りを感じていなかったことに突然気がついたのです。

トイレやクローゼットの芳香剤やあちこちのお店の空気臭の緩和剤として合成香料になっているほどポピュラーなこの金木犀の香りは普段なら野外でかなり遠くからでも「あ、キンモクセイの香りだ、、」と感じることが多いものです。
それが、目の前にぼくの背丈より高く一叢の枝葉を茂らせこんなにたくさんの花が咲いているのに今回ぼくはその匂いを全く感じ取ることができなかったのです。

       金木犀・2
変だなァ、この花は匂わない種類なんだろうか?
と思いながら近づいて自分の鼻をその花にくっつけて匂いを嗅いでみたのですが、どうしてもあの独特の(言い様によっては強烈な)香りが感知できなかったのです。
これはもしかしたらぼくの鼻がおかしいのだろうか? とすぐに思いましたが他のものの匂いはなんとなく判るような感じでしたので取敢えず忘れて過ごしてしまったのですが、昨日町の家へ帰宅して撮ってきた写真をパソコンデータにファイルしていてまたそのことを思い出しました。

まさか匂いのしないキンモクセイの花が咲くということも無いでしょうから、そうするとやっぱりぼくの鼻に何か変化が起きているのかもしれません。

( 2017・10/16記、18,up )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://manganoen2013.blog.fc2.com/tb.php/589-92211627
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top