2017
10.22

駐車場工事・続き (blog,549p)

今日のブログを書き始める前に、今日は2017年10月22日、衆議院選挙の投票日です。
ぼくは若い頃の数年間「どうせ自分が投票しようがするまいが世の中は動きはしないし政治も変わらないに決まっている」と考えていたので、投票に行きませんでした。
でもその後、その時その時代の自分の生き方と社会の関係を考えて、やっぱり一人の人間として選挙を通じた細やかな意思表示もしようと決めて投票に行くようになりました。
このブログを読んでくださる方々で、もし選挙に無関心な方が居られたらぼくはお願いしたいと思います。 「投票に行きましょう!」 以上です。ヽ(^o^)丿

さて、前々々回の書き込みの続きになりますが、ギャラリーへの来訪者用駐車場がやっと出来上りつつあります。

つい二ヶ月前までの2年以上、荒れ地のままで放置されてあった元畑のこの場所の面積は奥行きが4.5メートルから5メートル弱、左右の長さが約13メートルあります。(19坪位)

    駐車場工事・1
なのでだいたいこのスペースで普通小型自動車と軽自動車を合わせて4台か5台は置けるだろうと思います。(多分めったに満杯になることはないだろうが、)

       駐車場工事・2
今回、建築会社の都合で工事担当業者さんが替ったので前の業者さんがやり残してあった石垣の補修工事などからやってもらうことになり、ちょっと大柄な石垣になりましたが感じの良い補修をしてくれました。(写真・上がビフォー、下がアフター)

        駐車場工事・4
この土地は畑を1メートル位深く掘り起こして土を採取した後に母屋横のコンクリートブロック建築のお風呂場などを解体撤去した瓦礫を埋めてあります。
それでかなりガサガサの空疎な地下部分になっているので砂利や土などを厚く覆い掛けて、その上から重いローラーでしっかり押さえて地盤を強化してもらうことになっていました。

ところが急に、仕上げ材として予定していたコンクリートを流さないでもっと安上りな仕上げ方法について業者さんから提案があり、ぼくの方も建築会社さんに協力するつもりで一度はアスファルトで仕上げることに同意しました。

         駐車場工事・5
でもアスファルトは軟らかい材で、しかも表面の4センチの厚さにしか敷かないと聞いて、それでは間違いなく数年で下地盤が沈んで表面が凸凹になると思い、自分でちょっと砂利を敷いた地面を柱の太さの棒でトントンと叩いてみたところ、1,2分で写真のように穴ぼこ凹みになってしまうことが分かりました。(写真・上と下の凹み)

        駐車場工事・6
それで、これではアスファルト舗装仕上げはとても無理だと考えて相談し直して、やっぱり最初の予定通り生コンを流し込んで固めて仕上げてもらうことにしました。
コンクリートは約8センチから10センチ厚さに敷かれるのでその下地の砂利埋めと圧延をちゃんとやってもらえれば5年や10年は大きい補修工事をしなくて済むだろうと思います。

( 2017・10/22 )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://manganoen2013.blog.fc2.com/tb.php/590-c6b072a7
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top