2017
10.31

温州ミカンやレモンなど (blog,553p)

Category: 畑を味わう
10月14日までの村の家滞在中、温州ミカンがだいぶ色づいてきました。
前回の滞在中にも少し捥いで食べてみたのですが、まだ全く何と言ったらいいか、すっぱいというより苦いような「美味しさが味わえない青いミカン」でした。

ぼくの生まれ故郷の地方はミカンの大産地で、子供の頃からよくおやつなどで食べていましたので、青いミカンのちょっと酸っぱいそれでいて微かに甘くなりかけている独特の美味しさを知っているのですが、村の家の畑の隅にあるこのミカンはかなり大味で、ぼくが子供の頃に食べていた田舎のミカンとは品種が違うのだろうと思います。

     ミカンなど・1
それでも今回の滞在から町の家へ帰ってくるときには10個ばかり捥いで持ち帰りました。

それからこちらの写真(下)はレモンです。 去年、この家のレモンはぼくが知っている中では空前の豊作になって、あちらこちらへ差し上げても送っても採り切れずいつまで経ってもたくさんの実がぶら下がっていました。

     ミカンなど・2
実が着く樹では生り年と不作年が交互に来るようなことを聞いていたし自分でもそう思っていたのですが、だとすると不作の年に当たるはずの今年もレモンはどうやらたくさん実をつけてくれています。
その数は去年ほどではありませんが、友人や知人に少しづつお届けしても十分に余るだけ取れるだろうとは思います。(このレモンを味わえるまでにはまだ暫く日数が必要だが)

     ミカンなど・3
さて町の家に用事が待っている日程だったで村の家から帰る支度をしてから、畑に残った『万願寺トウガラシ(甘口)』や『ナス』や『伏見ナンバン(甘口)』や『オクラ』や『柿』を採りました。トウガラシ類も柿も今年はこれで終わりそうです。
先に収穫して冷蔵庫にしまっておいた同種類の野菜や栗などを合せ持って、夜中になり(日付が15日に変ってから)町の家へ帰り着きました。

採ってきた温州ミカンはやはりまだあまり美味しくなってはいませんでしたが、家人は美味しいといって食べていました。
きっと次回行ったらすっかり色が濃くなってもう少し甘みのあるミカンになっていることだろうと思うので楽しみにして行くことにします。

( 2017・10/24記、31,up )
注・今回のブログの前後数回分については書き溜めた原稿の掲載日時が前後する場合があり、時系列が順序を追っていません。
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://manganoen2013.blog.fc2.com/tb.php/591-10c8f899
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top