FC2ブログ
2018
01.14

今年の目標・その1 (blog,580p)

なかなか世間のスピードについて行けないのは若い頃からぼくの習性なのですが、そうは言っても一年中動き出さないわけではないし何もしていないわけではありません。
今年も少しづつですが自分の目標や希望を実現すべくささやかながら活動を始めています。

今年は先ず引っ越しが最優先、最初の課題です。
荷物も人も移動が大変難しいのですが、何せ新たな生活環境となる三重の村の家の工事の残りがまだ完了していません。
それでも引っ越してぼくは今年から新しい仕事を始めます。

今年やっと始める新しい仕事の一つは『マンガ個人冊子』の出版活動です。

      自費出版本など
                ↑        ↑
             (自費出版マンガ作家たちの作品)

ぼくは若い頃にプロの漫画家になったのですが、たった2年足らずでマンガ世界から落ちこぼれてその後は自分で何かしら仕事を創り出して暮らしてきたので、今まで雑誌に発表出来た作品は数える程しかなくて友人知人以外の人々はぼくがマンガを画いていたことを知りません。

それでこれからぼくは自費出版で何冊か、あるいは何十冊か創作意欲と体力と印刷費用が続く限り、自分のマンガ作品や絵や作文を掲載する冊子を作って行くことにします。(基本的に個人誌なので同人マンガ誌とは違います)

        なるなる頁
                ↑        ↑
 (今日の写真はいずれもぼくの作品ではありません。これは「なるなる文庫」さんの作品)

独りで自分のマンガ作品を出版する人たちは昔からたくさんいました。
そのルーツは「貸本出版の歴史」にあるように思います。
現在では『貸本屋さん』は消滅しておよそ半世紀になりますから出版された冊子はイベントや小規模書店で頒布されたりネットで頒布、販売されるのが大半で、ぼくも流通経路はそうした方法を模索しようと思います。(そのシステムは同人誌と重複しています)

        アニュウリズム頁
                ↑        ↑
           (こちらは「アニュウリズム」さんの作品)

実はこの計画はもう40年以上胸にしまっていました。それで参考資料として、小規模なマンガの同人誌や本や冊子をたくさん購入して集めています。(美術館やギャラリーの作品パンフレットやカタログなども同様に収集している)
                ↓        ↓
   (木口木版の版画家・二階武宏さんの版画作品、個展会場で販売のレゾネより)
        木口木版
その中に何人か注目している人たちがいるのですが、ぼくとしては当面、今日の写真に載せた『なるなる文庫』さんや『アニュウリズム』さんのようなやり方が出来たらいいなあと思っています。(なるなる文庫さん、アニュウリズムさんはぼくの好きなインディペンデントマンガ作家)

ぼくが始める個人マンガ誌の名称は10年以上前から決めてあります。(『創刊号』のデザインもしてあります)
掲載作品は多分、自分がかつて発表したマンガや作文と、未発表のいろいろを混載することになるでしょう。その仕事がきっと引っ越して最初の作業になると思っています。
もう直ぐです。

( 2018・1/14 )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://manganoen2013.blog.fc2.com/tb.php/615-45f5d9f2
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top