FC2ブログ
2017
12.25

Y コンビナート (blog,573p)

前回の記事でちょっと遠くまで『福祉車輌』を探しに行ったことを書きましたが、その往復で走行した国道沿いに以前にも書いたことがある日本有数の沿岸工業地帯『Y コンビナート』があります。
        四日市・5
田舎の【身近に田園風景が広がる古い小さい町】で生まれたぼくは『工業地帯』の姿や機能や在り様がどういうものなのかを実際には知らずに育ちました。

小学6年生になった時、それまでは社会科の授業で習って教科書に載っていた小さな写真でしか知識が無かった遠い町、その『Y工業地帯』のY市から一人の女子生徒が転校してきて、ぼくはすぐにその生徒と打ち解けて友達になりました。

        四日市・4
それは1960年代前半のことです。Y田 三重子さんというその人はしっかりした人でした。
授業中は勉学に勤しみ、休み時間はちゃんと遊び、学力で他人を分け隔てすることもない穏やかな性格の人でした。
目立たず騒がず、しかし決して自己主張がないわけではなく、パターン化して言うことはできませんが敢えて言うとすれば誠実な「研究者タイプ」とでもいう感じの人でした。

同じ小学校のクラスメートでも中学校は学校区が違っていたので、その人は東中学へ行きぼくは西中学へ行き、その後ただ一度だけ高校進学後に別の友達を訪ねて行った(ぼくの行けなかった)進学校で、そこの高校生になっていた彼女とバッタリ顔を合わせて短い言葉を交わして以降その人とは会うこともなく過ぎました。(彼女はその後どういう人生を送っておられるのだろうか)
        四日市・3
彼女がどうしてぼくたちの小学校へ転校して来たのか、その理由は知りませんでした。(当時聞いたのかもしれないが今思い出しても分からないまま)ただ、二,三度『Y コンビナート』とY市のことをその人から何か聞いたことがあったような気がします。

ちょうどその頃から地域住民に【喘息症状】をもたらす『公害』という概念が社会的関心を呼ぶ『事件』になりつつありました。
ぼくたちの田舎の町から200キロも離れたY市は、その『公害の町』の代表として時々ニュースにも名前が出るようになっていたのです。
ぼくは子ども心にも「Y田さんがその町から引っ越して、つまり『脱出』してこれてよかったなあ」と思ったことを覚えています。(でも今になって考えれば、その考え方はあまりにも自分勝手で卑近な思いだったと反省せざるを得ない)とはいえ当時のぼくにはとてもY田さん以外に「膨大に存在する公害環境下の住民」のことまで思いが及ぶのは無理だったのですが、、、

        四日市・2
あれから50年以上経った現在の『Y工業地帯・Y コンビナート』のY市をぼくはたまに通過することがある暮らし方になって、今回もまた小学生時代の自分の身の回りのことをいろいろ思い出しながら運転を続けました。

いつの頃からか、この町を走り抜ける度にぼくはこの町のイメージとY田三重子さんと、今現実にぼくが見ているこの町の風景を背景にしたマンガを描きたいと思うようになりました。

来年の1月中には村の家へ引っ越してそこで久しぶりにマンガを画き始める予定ですが、その最初の3本か5本の作品の一つがこのY市の話になるだろうと思います。

( 2017・12/24記、12/25,up )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://manganoen2013.blog.fc2.com/tb.php/616-d32ec7d9
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top