FC2ブログ
2018
01.08

七草粥も食べ終えて (blog,578p)

Category: 町の家にて
11月後半からぼくは体調がちょっとおかしくなっていて、何度か病院通いをしていました。
それで毎年年末には何ヵ所か顔を出すライブハウスや街中の絵画ギャラリー巡りなどは全て諦めました。(結果的にそうなっただけですが)
病院では生まれて初めてCTスキャナー(放射線による人体断層撮影)にかかったり何度目かのエコー検査を受けたり、他にもいろいろ検査があって年末近くまでバタバタしていました。

その合間を縫って三重の畑の家を3往復したり、イラストを画いたり何や寡やしている内に2018年になって郵便受けに年賀状が届けられて、ぼくも早く書かなくちゃ!というのが元日までの行動でした。
         2018年正月・5
年賀状もこの頃は一時より少なくなりましたが、それでもいただく枚数が50枚前後で、後出しですがぼくは百数十枚書いています。(仕事の関連もあって一番多かった数年間は毎年最大300枚前後の年賀状を、宛名とご芳名と2,3行の文言を全て手書きで出していました)

        2018年正月・4
だいたい昔から(ぼくたちが今住んでいる家人の実家に)家人の家族や親戚が集まって最小でも20数人から多い年は30人以上の多人数でにぎやかにお正月を楽しんでいました。
でも今ではぼくたちの家族と家人の弟とその家族が都合がつけば集まるというささやかなお正月になりました。
         2018年お正月、手巻き寿司
いつものお正月は年末の内から家人がしっかり手をかけて相当立派なおせち料理を作ってくれます。
しかし今年は既に我が家伝統の塗りの器(ぼくの実家で使っていた古くて素朴で懐かしい物)なども引っ越し荷物で片付けてしまったし、みんな忙しく過ごしているしということで、おせちは煮染めや芋栗きんとんや柚子入りなますなどの手料理を『お重』(重箱)ではなくて皿盛で並べ、息子の伴侶の実家から送っていただいた8種類ぐらいの日本海の魚とエビの数々を「ドーン!」と主役にした『手巻き寿司』で元日の晩餐会をしました。(名物・鏑ずしもあって結果的には非常に豪華な食事になりました)

         2018年正月・6
20年ほど前までの大人数の正月と比べると半分以下、3分の1位の人数で正月会は全部身内ばかりで合計11人の参加でした。
それでもやっぱりお正月はなぜだか気持ちのどこかが浮きウキするのは幼年時代に田舎で育った昔の記憶などがよみがえるからなのでしょうかね。

そしてあっという間に三箇日が過ぎ、昨日はもう7日、七草粥の日でした。

        2018年正月・2
七草粥はごくごくシンプルに、正月休みの間中「食って飲んで笑った」お腹を精進して落ち着けるのが目的だったようですが、我が家では薄塩の焼き鮭がついていましたのでお寺の精進メニューというほどではありませんでした。

         2018年正月・3
おかゆの中には1週間早く鏡餅をお供えから下ろして、水餅にした後、小切れにしたものを入れて家人が炊いてくれました。
お屠蘇の残りの日本酒も添えられて、これで我が家のお正月休みも終了です。明日(日付では今日)8日からはぼくたちの家族も世間に合わせて動き出します。(というか、息子や娘はもう通常通りに社会に出て働いていて、とくに娘は年末も年始も何日か働き通していたのですが)

       2018年正月・1
さてそれでぼくはというと、じつは未だ年賀状が書き終えてないのです。(あと30枚ほど)
毎年のことですがぼくは自分でこの仕事はこれ位で完了すると予測を立てても一度もピッタリできたことがありません。若い頃、マンガの原稿締め切り日もなかなか守れませんでした。

今年の年賀状は3日から書き出して7日の昼で終わる予定でしたが、今日か明日まで延びてしまいそうです。(今年は投函日が7日を過ぎると年賀はがきに10円切手を貼り足さないと配達されなくなっているので期日内に全て出したかったのですが)こうなったら仕方がありません。なるべく早く書き終えたいと思います。

( 2018・1/8 )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://manganoen2013.blog.fc2.com/tb.php/619-df79d720
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top