FC2ブログ
2018
01.26

ぼくの方丈記〔3〕 (blog,585p)

今日は前回ブログに引き続いてぼく自身の「マンガに関するあれこれ」をもう少しだけ書いておきたいと思います。
ぼくは22歳で描いたマンガ(劇画)が出版社(編集者)に認められて漫画(劇画)の月間雑誌に掲載されてデビューしました。
(そのデビュー時の思い出は近日中に刊行する自分の別の出版物で書く予定です)

さて最初の2枚の写真にあるマンガ原稿(画稿)は23歳の時に画いた作品で、プロデビューした後たった2年足らずの間に描いた僅かな本数の作品の内の一つです。

        マンガ原稿など・6
このマンガ(劇画)は当時としては自分では少々斬新なテーマだと自負して描きました。
世間一般に喧伝されていた『劇画』は【本当の劇画ではない!】という思いがぼくにはありました。

小さなプロダクションとの契約に縛られて地方回りをするロックバンドの若者たちが作品の主人公です。そして実は作中にぼく自身が作詞作曲した楽曲が描きこんであります。
でも今のようにYouTubeなどがあるわけでもなく、誰の注目も浴びずに消え去りました。
(おそらく当時、無名の若者たちのロックバンドや地方のホールのライブの光景や自分で作詞作曲した楽曲を描いたマンガなどは他には全くなかったと思います)

ぼくの作画表現力は凡庸だし、短いページ数の中であまり掘り下げてはいませんが、その若者たちが【今日と明日をどう生きるかというのがテーマ】のつもりでした。

        マンガ原稿など・7
そして物語の終りには草原(荒地)の見開きページに自分の詩のような短文モノローグだけを載せてあって、その出版社からは「もっと派手なマンガを画いてほしい」と言われたのにこんなラストにしたのでそれきり仕事が打ち切られました。

ぼくは市井の本屋さんや駅の販売スタンドに並ぶ『コミック誌』に読み切り作品を画いて持ち込んで気に入ってもらえれば買取りで使ってもらうという自由契約で「自分で描きたい作品をアシスタントも使わず全て独りで画き上げて(ここなら自分の作品を掲載してくれそうかなという出版社に)持ち込んでいました。
幸いなことにその時期にぼくが描いた作品は一つ残らず全部掲載してくれる雑誌(編集者)がありました。
漫画を描くといっても出版社を相手にした行商人のような毎日ですから、失業手当ても健康保険も何の保証もない暮らしでしたが自分の作品が雑誌に載っていくらかのお金にもなったので、ぼくは創作の喜び(苦悩も含む)を味わっていました。
--------------------------------------------------------------------------------------

さて、ここから下に載せた写真はまだ一度も本原稿(ペン画を描き込んだ画稿)にしたことがない下書き原稿です。
ぼくは10代の半ばから学校新聞や一般雑誌に四コマ漫画や小さなカットなどを採用されてはいましたが、全国販売される雑誌などにカットを画き始めたのは18歳の時からでした。

それから更に数年後に初めてちゃんと仕上げた27ページのマンガ(劇画)が一般雑誌に掲載されたわけですが、その間、様々なアルバイトで生活費を賄っていました。

        マンガ原稿など・8
その中の一つに当時テレビ映画と劇場用に特撮場面を制作、撮影していた『円谷プロダクション』で1年と少しの間、美術スタッフとして働いた経験がありました。

        マンガ原稿など・9
この下描きしかできていないマンガはその円谷プロダクション時代の自分が接した人々や目にした光景、付き合いの中に感じた情景を前編、後編の2回に分けて60~70ページ位で描こうとしたものですが、半分位で手が止まったままもう40年近い月日が過ぎ去りました。
この作品ももし続きを画き起こせたら描き切ってみたいと思っています。

        マンガ原稿など・10
というような感じでぼくのマンガ経歴について綴ってきましたが、こういう次第でまだ完成しなかった作品についてはほとんどの描きかけ画稿や下画きが今もぼくの手元に残っています。

しかし今になって考えると非常に残念なことですが、現在ぼくの手元には当時発表した全作品(雑誌掲載分)の半分程の10数作品分しか『完成原稿(画稿)』は残っていません。
これについては事情があるのですが、それもまた時と場所を改めて書こうと思っています。

( 2018・1/22記、1/26,up )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://manganoen2013.blog.fc2.com/tb.php/626-52c20bde
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top