2018
02.14

引っ越しに向けて (blog,588p)

Category: 未分類
去年の11月初旬に自分で体調がよくないことに気づいて以来、医療機関の何度かの検査では幸い重篤な病気等は発見されなかったにも拘らず、インフルエンザに罹ったりなかなか元気が出ませんでしたが、家でダラダラしているだけではいつまで経っても村の家への引越しが実現できません。

それで今夜のうちにまた少し自分で運べる分の荷物を小さい自分の自動車に積み込んで、明日の早朝に家を出発して、3日間だけ村の家へ行ってきます。
早く工事の残りをやってもらわなくちゃと気持ちばかりが焦っています。

      高野川・1
昨年の暮れから今年に入って、日本列島はかなり冷え込みが厳しくて、先週の北陸地方の大雪の爪痕もまだご当地では生活に大変大きい影響が残っているそうです。(知人と電話で話しました)

普段の年だと北陸が豪雪に見舞われるとだいたい京都市内でも10センチかもう少し位は雪が降り積もることが多いのですが、今年はまだ一度も町中に雪が積もる光景にはなっていません。(今日も少しだけ雪が舞っていましたが)

 高野川・2
寒いですが空はほぼいいお天気です。
京都市の東北方向(鬼門!)に位置するエリアにぼくが長年暮らしてきた左京区はあります。
その左京区には『加茂川』と言う一級河川と『高野川』と言う一級河川が流れていて、それが『出町の三角州』と呼ばれるところで合流して『鴨川』になります。
その鴨川は町中を南西へと流れ下ってやがて京都府の西から流れてきた大河『桂川』と合流し、さらに近江(滋賀県)の琵琶湖の南出口から流れ下ってきた『瀬田川』(京都府の宇治市へ入って『宇治川』と名前が変わる)とも合流してもう一本の大きな川である『木津川』も合わさって京都の外れ『淀』(江戸時代までは京都、大阪への水上運送の大中継基地の港があった)の地で大阪湾へ向かって流れる水量豊かな大河川『淀川』になります。

今日の写真はその淀川水系の支流(源流)の一つである『高野川』と市民に『北山』と呼ばれている郊外の山並みです。
例年だと北山連山は半分ぐらい雪で白く見えるのですが、今年はあまり雪が見られません。

では、村の家へ安全運転で行ってきます。

( 2018・2/13記、2/14,up )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://manganoen2013.blog.fc2.com/tb.php/630-a9431547
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top