FC2ブログ
2018
03.06

春・転入手続き完了 (blog,593p)

また春が来ました。
このブログでは最初から度々書いてきたことですが、ぼくは30年以上も田舎暮らしに憧れながら都市部を中心にいろいろな仕事をしてきました。

    畑・2
 (冬に冷たい日が多かったからだろうか。今年の梅は非常に美しく大きい花が咲いている)

そして5年前の60歳代前半になって町でやっていた仕事を辞め、ネットで探した三重県の農村部の古い農家の土地建物を地元の不動産仲介業者さんを通じて旧地主さんから譲り受けて、それからたいへん長い準備期間を経てやっと引越しが間近になり、先月2月の末に家族で村の家へ住民票を移しました。(まだ暮らしてはいない)
         畑・1
    (椿は庭に数本あって、家の玄関前の大木は冬の間もずっと赤い花や白い花
     やピンクの花を咲かせている。これは春になって咲き出す真っ赤な椿)


ここでぼくは伴侶とその母とともに自己定年後の第三の人生を送ります。
毎日畑の労働をしながら『ギャラリー&カフェ』の準備が整い次第、家人と二人で週末の3日間だけ営業をしようと話し合っています。
でも住民の少ない村で大都市からは遠いし、来客はほとんど期待できません。
だから今のところ生活に必要な現金収入を得る確たる当てもない不安定な状況です。

それでもこの5年間の通い農業(見習い中)で十数種類の野菜を無農薬栽培しておいしく食べているので町でギャラリー&燻製カフェをやっていた時よりも確実に充実感と幸せ感はたくさん得ています。(食べきれない野菜や果実は絶えず友人知人親戚に配っている)

    畑・3
(今回滞在中に南の畑の半分だけ耕運機で土起しをしてきた。来週行ってここにジャガイモを植える予定)

ぼくと伴侶が知り合って一緒に暮らし始めたのはぼくが20歳で伴侶が18歳の時でした。
若者だったぼくたちも今では歳をとって、これから先は段々生活の不安も増すばかりでしょうが、多分ぼくたちはなんとか自分たちの人生を全うできるだろうと思っています。

もしも毎日がやりきれない状況になったら今までも何度も危機を乗り越えてきたように周りの人々と相談したり、暮らし方を変更すればいいので(楽観しているわけでもないのですが、悲観していても仕方がない)まだもうしばらく自分たちのやりたいことを追い求めて行きたいと思い願っています。

( 2018・3/6 )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://manganoen2013.blog.fc2.com/tb.php/635-e006f9e6
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top