2018
06.28

本格的収穫 (blog,625p)

Category: 畑を味わう
今回の村の家往復、滞在は、6月11日から26日深夜に町の家へ帰宅するまでの15日間でした。
その中の5日間が雨降りで、小降りだったのは2日間、本降りで降雨量が非常に多かったのが3日間(その3日間はいずれも、24時間以上止まずに降り続く雨の日だった。)

だから、畑仕事と土木工事作業を進展させたくて行ったのですが、予定していた半分ほどの仕事しかできなくて帰ってきました。残念です。

       池村6月・1
到着した日は小雨が降ったり止んだりする状態でした。
滞在二日目がまた雨になったので、翌日の13日に、先ずは梅の実を出来るだけ採っておくことにして脚立を立てて採れるだけ収穫しました。
それから続けて、畑が雨水をたっぷり吸ってまだ土がジュルい状態(ぼくの郷里の方言で、土に水分が有り過ぎてベチャベチャの状態をそういう)の中、タマネギ、ニンニクを掘り上げました。そしてジャガイモも一部、掘り上げてみると、もう収穫時期だと分かりました。

それでとにかく収穫できるものは収穫して、翌14日に、宅配便(10kg)の荷造りをしてあれこれ詰められるだけ詰め込んで町の家の家族へ送りました。

       池村6月・2
その日からぼくは、村の家の(現在、臨時生活スペースにしている)ギャラリー棟の小さな厨房で、毎日、収穫野菜を調理して食べていました。
メインは何といってもジャガイモです。今年は三種類のジャガイモを育ててみました。いずれも比較的順調に生育してくれて、久し振りの豊作作物になりました。

       池村6月・7
上の写真で、目玉焼きのベースに写っている、ホーレン草のように見える青菜はコマツナです。
小松菜は、去年植えた株が、今年の春にちょうど菜の花のように花が咲き、種が付いたのを放っておいたところ、野鳥化したハトが毎日その種の実を食べに来ていましたが、辺り一面に飛び散った種が、突然もの凄くたくさん芽を出し始め、あれよあれよという間に苗になり青菜になってきました。
それを少しまとめて採って、良く洗って茹でて、水気を絞って冷蔵庫へ保管しておき、必要な時、必要なだけ取り出して食べるというわけです。

池村6月・5 池村6月・6
このジャガイモの、白い方は『男爵芋』で、黄色い方は『インカのめざめ』という種類です。
男爵芋は10数kg、収穫できました。インカのめざめの方は20数kgの収穫量でした。
一回に10個前後を茹でて、それをスライスしたり賽の目切りにして焼いたり炒めたりと調理アレンジをして食べていました。
アンデスの原産地域の人々は、様々な種類のジャガイモを育てて主食にしているそうですが、今年のように豊作になると「ああ、確かにジャガイモは主食になるだろうなあ」と思います。

           池村6月・8
ぼくは昔はハムが好きでしたが、村の家へ一人で作業をしに行くようになってからは粗挽きポーク・ウインナーソーセージが常備食品になりました。
保管しやすいし、茹でても焼いても食べられて便利だし、スライスして、とろけるチーズや玉ネギと一緒に食パンに載せるだけで美味しいピザパンも焼けるし、たいへん重宝します。
というわけで本日ラストの写真は、ジャガイモと粗挽きウインナーのオムレツです。しばらくの間、我が家では町の家でも村の家でも野菜が払底する事態にはならずに済みそうです。

 ( 2018・6/28 )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://manganoen2013.blog.fc2.com/tb.php/669-a09e8100
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top