2018
07.08

七夕の夜 (blog,628p)

7月7日、七夕の昨夜も雨になった。
夕べは、市内の3ヶ所のライブハウスで別々に、友人知人たちが、七夕の宵のライブを開催していた。

どこへ行こうか少し悩んだが、多分一番来客数が少ないであろう、と思われたお店へ行くことにした。
そこでは、つい最近、新作の小説で『丸山健二文学賞』をとった知人のミュージシャンと、ぼくの娘がライブステージで共演するというので、久し振りに、彼に渡そうと思い、畑で収穫したジャガイモを持って聴きに行ってきた。
それぞれにバンド活動もやっているミュージシャンたちの、弾き語り三人の対バンライブだったが、みんなそれぞれ個性があってよかった。(残念ながらデジカメが電池切れして、ちょっとしか写真が撮れなかった。)

         スローハンド、7月7日・1の2

          スローハンド、7月7日・2
さて、ぼくは今回、町の家へ帰ってきてから12日間が過ぎたが、その間ほとんど雨続きで、しかも全国的に大雨の被害が甚大で、人々の生命と暮らしに惨状を呈している。
身近な地域でも、猛烈な降雨によってかなりの被害が出ている。
ネットで水害のニュースを見聞きして、本当に、日本列島は大変な自然災害が、絶えず発生しているところだと実感している。

こんな土地柄の日本列島で、2011年3月11日の悲惨な大地震、大津波による『福島第一原発・原子炉建屋爆発、放射能拡散漏洩事件』の後始末が、安全な放射能防御処置も、被災者への完全な補償も、政府と原発企業集団(電事連)の責任追及、断罪も、何一つちゃんとできない現状で、ただ金儲けと核兵器製造技術の維持のために、次々に原発を再稼働しようなどとする、日本政府と電力大資本のオゾマシさは、とても人の心を持つ人間たちのやることとは思えない。(強烈な怒りを以て糾弾したい!)

大雨の話題から連想して、少しだけ、日頃思っていることで怒りの発露になったが、もう一度、雨降りが続いている話題に戻って、ぼくは個人的に、たくさんの苗を植えてきたばかりだったので、村の家の畑の様子が気にかかっている。
いい加減に日本列島から雨雲が消えて、水害被災地域の大水が引いて欲しい。

ぼくは今日か明日中に、通行に危険が無くなり次第、また村の家へ行こうと思っている。
村の家にも畑にも、大きな変化や被害が出ていなければいいが、、、と思いながら。

 ( 2018・7/8 )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://manganoen2013.blog.fc2.com/tb.php/674-5ad424fb
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top