FC2ブログ
2018
07.10

下劣な政権と自然災害 (blog,629p)

6月は、11日から村の家へ行って、物置のコンテナを置く場所の土地造成工事と、畑の世話をやってきた。(26日夜中に町の家へ帰宅)
しかし、なんといっても梅雨時なので、雨が多くて畑も土木工事も、作業はなかなか捗らなかった。

そして、町の家へ帰ってきてから12日間が過ぎたが、その間ほとんど雨続きで、しかも、九州、四国、本州の中国地方、近畿、中部地方から関東まで、全国的に豪雨による災害が続出していて、その被害は甚大で、人々の生命と暮らしが惨状を呈している。
身近な地域でも、猛烈な降雨によって、かなりの被害が出ているニュースをネットで見聞きしながら、なんともやるせない気持ちに苛まれる気分になる。

それなのに、日本政府のバカな首相、安倍晋三は連日料亭通いを続け、閣僚や芸能人たちと飲めや歌えの狂乱を繰り広げて、災害の被災者に対する思いやりなどみじんもないようだ。
我が世の春を享楽しているつもりなのか、行政の責任を果たそうともしない。
奴は戦後最悪の、腐敗堕落した政治権力者の、腐れきった姿を世界中に曝している。
これほど低脳愚劣な、恥知らずの安倍晋三など、とっとと権力の座から転げ落ちて、逮捕されるなり死んでしまうなりすればいいと、ぼくは本気で、怒りを以て願っている。

人々がだれもかれも、他人の不幸に関心や同情を寄せることもなく、社会の歪みを正そうという声に耳を貸さず、自分さえよければ世の中で何が起きようが関係ない、という薄情で残虐な時代を望んで受け入れているように感じられて恐ろしい。
本当に、なんというオゾマシイ社会になってしまったのだろう。

今や、日本列島と、そこに暮らすぼくたち庶民大衆の命運は、文字通り「破滅のふち」に追い込まれているのだが、愚かなぼくたち庶民は、迫りくる自分たちの絶対的危機に対して『見ざる、聞かざる、言わざる』の姿勢で、狭い精神の牢獄に、自ら閉じ籠っているのではないか?!

 ( 2018・7/8記、7/10,up )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://manganoen2013.blog.fc2.com/tb.php/675-6f435acf
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top