FC2ブログ
2018
09.06

不作の夏 (blog,644p)

Category: 畑のあれこれ
今年は西日本の広い範囲が、集中豪雨の大きい被害を受けたり、何度も台風の上陸による大雨や暴風の被害を受けているが、中部地方の西端に位置する、ぼくが引っ越す予定の三重県、伊勢湾岸地方も台風の雨風の影響が激しい。

       不作・1
今日掲載する写真は、今回の台風21号ではなくて、先月の台風19号と20号による、ぼくらの村の家の被害状況になる。(21号の被害状況は、相当ひどい可能性があるけれども、まだ村の家へ行っていないので何も分からない。)

       不作・2
まだ小さい結実時にカラスに突つかれたために、せっかく大きく育っても、台風の雨が続いた後、中身が腐りだしてしまって食べられないスイカが採れたり、もうあと3週間ぐらい蔓に着いたまま育っていてくれたら、立派なカボチャになるところだったのが、ものすごい雨風で千切れて蔓から落ちてしまった二つのカボチャとか、、、

       不作・3
根元の芋の塊ごと茎が倒れてしまったサトイモも続出した。

キューリは蔓用のネットごと引き千切れて、たぶんもう復活はできないだろう、と思われる。(地這いキューリも、ほとんど結実する蔓が残っていない。)

       不作・4
パプリカやピーマンも、収穫を楽しみにしてきたが、希望の糸が切れかかっている。
思い出せば、去年のピーマンは大きいのがかなりたくさん採れたし、しし唐類などは、採っても採っても数日後にはまた一杯の実がブラ下がっていたのだが、今年は、定植した場所が合っていなかったのか、追肥などの世話が疎かだったことや、天候の影響もあったのか、とにかく雑多な夏野菜が次々収穫できる楽しみが、味わえない夏になってしまって残念だった。

       不作・5
オクラもみんな強風に煽られて根こそぎ横転しているのが多かった。 でもオクラは、どういうわけだか今年は背丈が伸びないので、改めて支柱を立てて、しっかり補助ヒモをかけておいたから、もしかしたら次に行った時にも、まだ生き残っていてくれるかもしれない。

       不作・6
庭木と栗の木なんかも、何本も枝が折れたり、根元から倒れたりしているのを確認した。

       不作・7
台風や、豪雨の影響は避けようがないのだから、どうしようもないが、それでも現地にいれば、臨機応変の対処が少しはやれるはずだ。町の家と村の家を行ったり来たりしている現在は、町の暮らしも中途半端で、村の暮らしも中途半端に活動せざるを得ない、というジレンマを抱えている。

早く村の家へ引っ越して、畑仕事や食べ物つくりや、マンガや絵を画くことを生活の根っこに据えて、新しい暮らしを始めたいと思っている。

 ( 2018・9/6 )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://manganoen2013.blog.fc2.com/tb.php/691-d2d6e6a4
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top