FC2ブログ
2018
10.09

村の家の被害〔4〕 (blog,651p)

Category: 村の家にて
先週は、台風24号と25号が連続して通り過ぎて行った。
村の家では、その前の台風21号による被害で、かなり大きいダメージを受けてしまった。

建物内外で受けた被害による、物質的損害と経済的ダメージは、相当深刻だが、もうどうにも原形に復すことが出来ない状況の中で、ぼくの気分は余計に落ち込んでしまっている。
     
    台風と作物・1
台風の後の畑の状態もひどいもので、作物も例年の何分の一かしか収穫できないし、しかも無傷で採取できたものなどほとんどなかった。(たとえばカボチャはどれも蔓から切れて落ちて、2週間以上、雨風の泥に埋まり、土中で虫が入り、中身が虫に食われて腐敗しているものが半分あった。)
何本かある柿の木は、すぐ西隣りの山にコロニーを作っているカラスたちが、台風で自然界の食物が減ったためか、まだ食べ頃になる前からどんどん食べに来てつつくので、ぼくも已む無く、まだ蒼い柿を少しばかり採取して、町の家へ持ち帰ることにした。

    台風と作物・2
温州ミカンは少し落下が見られたが、まあまあ、ほぼ大丈夫だった。(次回村の家へ行ったら、たぶん収穫できそうだ。でも全然甘いミカンができないのはなぜだろうなあ、、、)

栗はおそらく全滅だろうと、前回のブログにも書いた通りだし、これから収穫を予定しているサトイモなども、茎が倒されていたりの被害があるけれど、もう復旧の手が間に合わず、京都の家へ帰ってきて、屋根の素人修繕の続きなどをやった。

同じくDIYで、玄関前の長い庇屋根の脱落してしまったのを、昨日10月8日までかかって応急修復して、やっと玄関前を「頭を下げずに立って出入りできる」形にだけはすることができた。
       台風と作物・3
畑のサツマイモは、畝だけは雑草が蔓延らないようにビニールシート・マルチを張っておいたのだが、畝と畝の間には背丈のある草をはじめ、蔓草もたくさん育ってしまっていたが、これも草引きなどはとてもしている余裕がなかった。
しかもサツマイモ自身の蔓が、台風の後でもどんどん伸びて、このままでは今年もまた『蔓ボケ』の状態になって、甘いサツマイモが育たなくなる恐れが大きい。
それで、畝の間へは入れなかったが、芋畑の周囲から外側へ向かって、広範囲に伸びてしまっている「地面に根を張った蔓」だけは根を引き抜いて『蔓返し』ということをしておいた。

       台風と作物・4
あとは、京都の家へ帰る前に急いで、草刈り機と手鎌を使って、ギャラリー棟や母屋への出入りに邪魔になっている、伸び過ぎた雑草の一部を刈り取って、大慌てで町の家へ帰ってきた。(それが9月25日のことだったから、アッという間に、もう2週間経ってしまった。)
そして昨夜遅くに、また村の家へ行こうとして、引っ越し荷物の一部を車の荷台一杯に積んだのだが、今日、郵便局に用事ができたので、出発を一日延ばすことにした。
というわけで、このブログを書いている。

もう引越しの日程が迫ってきて、何をしようにも、まったく余裕がない。それなのに、相変わらず生活のサイクルが夜型のままで、昼間の労働時間が短くて、作業効率が悪くて困っている。
とにかく、何とか引越しをしなくちゃ。

 ( 2018・10/9 )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://manganoen2013.blog.fc2.com/tb.php/698-5c92d697
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top