FC2ブログ
2018
10.24

引越しのこと〔3〕 (blog,654p)

10月19日、朝から、京都の家の積み残し荷物を、片方のトラックが積みに来て、2台のトラックと、荷台に一杯の荷物を積んだぼくの自動車と、3台で別々に三重県の伊勢湾岸地域の村の家へ向かった。
そして午後5時過ぎには、大半の引っ越し荷物が、村の家への移動を終えた。

      引っ越し、池村・2の1
引っ越し専門業者の2台のトラックは、作業終盤から降り出した雨の中を、三重県津市の営業所経由で、京都のセンターへ帰って行った。

      引っ越し、池村・3
現地に残ったのは、大量の荷物とぼく、である。
引っ越し業者が用意してくれた段ボール箱が50~60箱。 ぼくたちが自分でスーパーなどからもらってきて荷詰めをした段ボールが100箱以上。

      引っ越し、池村・5
段ボール製やプラスチック製の衣装ケースや布製品入れが20ケースぐらい。

      引っ越し、池村・4
キッチンの大きい食器棚や什器、ぼくたちが50年近く、日々の生活の中で使ってきた、愛着のある食器そのものを詰めた段ボールがたくさん。
焼物(陶磁器)は、四国や、東北や、北陸などを旅した折々に、少ない旅費を工面して、細やかに買い集めたものが段々溜まった。

      引っ越し、池村・6
リビングに仮置きした、自分で1990年代初頭に、信州で手作りしたカントリー風の物置棚。(上の写真、右側の青と白に塗ってある棚)
この棚に昔、手作り人形や、手作りのステンドグラスアクセサリーや銀細工などを並べて、信州の自分の小さなギャラリーで、絵や版画などと一緒に展示して売っていた。信州が懐かしい、、、
      引っ越し、池村・7
布団や毛布は、これで何人分かな、4,5人分?(納戸の中には既に4,5人分が、別に保管してある。)真冬でなければ、4,5人の客ならいつ来ても大丈夫だろうと思う。

そして、ぼくの故郷の実家から昔、自分で運んで来て使っている、各種の木箱類も現役だ。
この他に、木製の本棚が6本とスチール製の本棚が3本。家人の親戚や、ぼくの知人からいただいた骨董品の、大きい洋行用トランク2竿と、昔々の鉄製のでっかいタイプライターが一台。 他にもラック類などいろいろ。それらすべてを写真に写してアップしても仕方がないから、もういい加減にしておこう。(全体で、これらの写真の2倍以上の分量を運んだ。)

      引っ越し、池村・8
これまでに、ぼく一人で、村の家と町の家を往復する度に、段ボールに詰めた荷物(そのほとんどは、ぼくの大事な古いマンガ本や、歴史民俗学関係の資料本など)を、多分200箱以上、少なくとも今回運んだ分量よりずっとたくさん運んである。

これでいよいよ、ぼくの人生も終盤だ。
自分にまだ発揮できる力が残っていれば、その力を尽くして、こういうことがやりたくて生きてきた、ということを実現してみたい。
それは簡明に言えば「雑草のような生き様で、一生を貫徹したい」ということだ。
どうなるか、、、自分で自分に、、、乞う、ご期待!!

 ( 2018・10/24 )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://manganoen2013.blog.fc2.com/tb.php/701-b13e3888
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top