FC2ブログ
2018
11.11

京都と三重 (blog,657p)

Category: 町の家にて
11月4日(日)から、今日11月7日(水)まで、ぼくは(10月26日に三重県の村の家へ引っ越して以来)初めて「京都の家へやって来て」過ごしている。(もうこれからは「三重の村の家へ帰る」という表記に変わった。)

京都の家へ来たのは、自分がまだこちらの病院へ通院していることと、電話やインターネットなどの移設や契約解消に伴う、工事に立ち会う必要があったことと、二軒のライブハウスで数曲歌うためなど、いくつかの用事や予定をうまく合わせた日程で動いてきた。
(それらのスケジュールはほぼ無事に消化できた。今夜、もう一軒のライブハウスへ行くかどうか、ちょっと思案中。)

11月4日の夜は、小さいライブハウスで歌っていた時、オーストラリアから旅行できたという若いカップルが入ってきて、ライブの後、同じテーブルを囲んで他の出演者や店のオーナー(彼もミュージシャン)と、みんなで夜中まで楽しくワイワイやって帰ってきた。

そして5日の夜もまた、別の少し大きいライブハウスで、来合わせた別の外国の人たち(アメリカ人2人とオーストラリア人2人、計4人の外国人)と、数人の、ぼくたちライブハウスの音楽仲間で何曲か互いに歌い合って、本当に楽しい時間を過ごした。(ぼくには、なんとか通じる程度の英語力しかないが、それで充分楽しく会話できる。)

そして昨夜(6日夜)は、また4日に行ったライブハウスで、今度はブルースセッションを、ぼくはただのリスナーとして聴きに行ってきた。
もう馴染みになった演奏者たちがいるので、お前もステージに上がれ、と言われるのだが、ぼくはとてもジャミングは出来ないし、ブルースやロックを聴衆として観て、聴いていることも大好きなので、セッションナイトは行ける時にはできるだけ聴きに行きたいと思っている。(みんな、音楽が好きで仕方がない人たちが集まって来るので、ステージも客席も雰囲気が素晴らしい。)

ライブ音楽に溢れた時間、空間、生活は楽しい。
ぼくは、もっとたくさんの人たちが、こういう場所を知って、音楽の現場に参加すればいいのになあと、いつも思う。テレビやラジオやCDから流れてくる音楽も、もちろんいいものだが、何といってもライブのリアル感、臨場感とは楽しさが全然違うものなのだ。
小さなライブハウスでのステージでも、この臨場感があることが、『複製』と『実体』とを豁然として如実に眼に見せてくれている。

それは例えば、芝居などを見ても感じるし、街中のギャラリーで、無名の人たちが開催している絵の個展などを見ても言えることだ。(美術館でなくとも、有名な作品でなくとも、本物の絵を見ると、画集で見る印刷された絵とは全く違う感動があるものだ。)
音楽もそれとよく似ている。と、ぼくはそう思う。
だからこれからも、ぼく自身の健康と体力が維持できる限り、音楽と美術に関しては、長年暮らした、ここ京都と、三重の村の家を往復する暮らしを続けて行きたい。(そのためには、これから村の家で頑張って働いて、細やかながら生活費を稼ぎ出さなければ!)

 ( 2018・11/7 記、11/11,up )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://manganoen2013.blog.fc2.com/tb.php/704-70f359a4
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top