FC2ブログ
2019
03.11

名実ともに村の一員になった (blog,681p)

先月上旬以降、二週間以上に亘って、あまりの強烈な痛みに苦しんだ頭(脳)と心臓が、病院で検査の結果、致命傷にならなくて済んでよかったと喜んでいる。

体調は芳しくないけれど、日常の暮らしは普通に続けている。
一昨日は(一週間ほど前から、土起しをして、苦土石灰や堆肥を鋤き込んで準備をしてきた畑で)久し振りに苗植え作業(定植)を少しだけやった。

        新畝
                ↑        ↑
家人が冬の初めから、ポットで育てたエンドウ豆や、ホーレン草の苗を適当に植えておいた。

そして、昨日は、家人と二人で松阪市のお祭り(初午大祭)見物に行ってきた。
                ↓        ↓
        初午大祭・1
とりたてて、屋台や山車が出て練り歩くわけでもなく、お寺や神社で特別盛大なイベントが催行されるわけでもない、主催者のお寺の周辺も普通の市街地で、ただこの祭りの3日間は、当該地区の自動車の通行を規制して、かなり広い範囲が歩行者天国状態になるということだった。

        初午大祭・2
元々古くからの『初午の縁日』だったそうで、いくつもの通りのあちこちに、たくさんの出店が張られていて、食べ物や当てもの(くじ引き)のテキヤが、関西方面からもたくさん出て来ているようだった。
町並みが、ぼくの生まれ育った故郷の田舎町を、一回り大きくしたような雰囲気だったので、なんとなく故郷のK市を思い出しながら、ぶらりぶらりと散策して、縁起物の『郷土人形とお菓子』を買って帰ってきた。
        初午大祭・4   初午大祭・3 
そして今日、日曜日は、村の家がある地区の『町内会』に、今年度からぼくたち家族も入れてもらうことにしたので、その町内会の『総会』というのに参加してきた。
これがなかなかの催しで、ちょっとした中小規模の企業の「株主総会」のような議事進行だった。
内容は、昨年度の会計決算報告、新年度の行事予定の説明、地元が一丸で支援、当選させた町会議員の挨拶などで、ぼくは京都では、町内会への対応をすべて家人にやってもらっていたので、何も知らないことばかりで、知ってみるとぼくにとっては結構大変な、しきたりや運営があるらしいと分かった。

     母屋
                ↑        ↑
           〔今を盛りの庭の梅花の梢から覗いた我が家〕

しかもこの集会が、朝8時半から、昼下がりまで、大字(おおあざ)の全体集会と字(あざ)の全体集会の二つが同様に、それぞれの集会所で、場所を移して続けられたのだった。

それから(人口密度の薄い)田舎の村の町内会なので余計に費用が掛かるのか、負担金が大きいのもビックリした。(ぼくらの世帯は、取敢えず入会供出金が5万円!)
それだけではない、これから毎年数万円ずつの年会費も供出するのだそうだ。
現在、まだ全く収入のないぼくたちの家族にとっては「ガガーン!」という位、家計に影響を及ぼされそうな負担である。

早く『マンガのある農園』の『ギャラリーと喫茶部』を開設して、少しでも収入の得られる生活を始めなければ、安心して毎日の暮らしを楽しみながら営んで行くことが難しいぞ、、、

 ( 2019・3/10, 記、3/11,up )
--------------------------------------------------------------------------------------
☆きょうも『マンガのある農園』ブログへお訪ね下さりありがとうございました。 (^-^)/
よろしければ足跡代りに下の〔田舎暮らし〕か〔ライフスタイル〕のロゴマークをポチっと押していただけると嬉しいです。
  ↓  ↓

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
( ロゴマークをクリックして下さると現在のブログランキングをご覧いただけます。)
--------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://manganoen2013.blog.fc2.com/tb.php/731-53cdfbc6
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top